幽霊が怖い!幽霊が怖い心理を克服しよう!
幽霊怖い

誰しもが、死を迎えることになり幽霊になる運命にあるが、人は、幽霊について恐怖を抱いてしまう場合もあるであろう。恐怖を抱いてしまうことについては、本能的な内容であり、致し方ないことである。

ただし、霊能力者へ道を歩まれている人は、幽霊が怖いとなれば霊能力者として失格だ。本能的になぜ恐怖を抱いてしまうかについてと、幽霊が怖くない様になれるように心構えを紹介させていただく。

幽霊の存在が恐く感じるのはいくつかの理由がある。人の本能は、生きる本能を持ち合わせているものであり、死に恐怖を感じることによって、生きる思いを抱く生き物だ。死に対する本能もあるが、ここではその本能については割愛させていただこう。誰しもが生きたい思いを持ち合わせているであろう。

死に恐怖を抱かなければ、食事する気力など、前向きな思いにも影響を与えてしまう。


幽霊と言うのは、死を連想する物であり、本能的に恐怖を抱きやすくなる。恐怖を抱いているのは、体であり、体が精神を支配してると言えるであろう。霊能力者たるものは、精神が体を支配しなければならないとも言われているため、この恐怖を抱いている限りは、霊能力者の道も遠く除いてしまうであろう。

幽霊と言う存在が、怖いという情報を予め記憶されている姿などもある。それは、アニメや漫画、ドラマや映画などで、実際に幽霊にも会ったことも無いにも関わらず、怖い、そのような姿で演出をされている場合も多い。

幽霊の存在というのは、死を連想させる力がある。人は死から逃れるために、軽い興奮状態を引き起こし、情報をより多く集めようとする生理反応を起こす。軽い興奮状態は、軽い快感を生み出す場合もある。この軽い快感は、いつでも動けるように行動を促すためだ。また、その状況をよりよく忘れないために、記憶を強く刻み込む効果も隠されている。

つまりテレビ番組にとっては、視聴率を高め、CMに対しても高い効果を期待できる。恐怖を抱かさせる演出を好んで行う。幽霊が怖いと感じるのであれば、マスコミに洗脳あれていると言っても過言では無い。

特に日本は、自然崇拝から現れた神道を信仰してる姿もある。様々な物には魂が宿る考え方もあるであろう。それらの内容を幽霊として目で見える形で表現した場合、それは、人とは全く違う姿として表現される場合もある。

日本の幽霊は、外国よりも、自分たちと違った姿として描かれる場合も多く、外国よりも強く恐怖を抱きやすくなるのだ。外国から見れば、日本の物の幽霊は可愛らしく見えるかもしれないであろうか。

昭和の時代は、幽霊が出る番組において、恐怖をあおる様な演出もよく演出されていたのだ。現在でもその名残はあるが、昔よりもそれ程多くはない。これは、霊能力者の、江原啓之氏が、このような演習は好ましくないと考え、明るくする演出であれば出演する様に応じた次第だ。

オーラの泉と言う番組前は、マイナーなテレビ局において、えぐら開運堂と呼ばれる番組から初めらたのでは無いかと記憶する。現在は、インターネット上でも動画が残されているため、興味のある人は、一度、見てみるのも良いであろう。これらの内容から、霊に対する社会的な評価に変化が現れた。

ただし、幽霊における死の恐怖は、本能的なものであり、多くの人達が、多少なりとも恐怖を抱き怖いと感じる場合もあるであろう。

目に見えない存在であり、無意識に、防衛本能的な恐怖を抱く場合もあるかもしれない。

幽霊という存在を、目に見えず、大きな存在だと考えている場合もある。大きな存在だと考えているため、身を守るための防衛本能が働く。

これが仮に、アリのような小さな幽霊、もしくは、ものすごくかわいらしい幽霊であれば、大きな存在としての思いも、それ程、大きな存在だと考えることもないはずだ。

幽霊の恐怖というのは、自分自身で相対的に作り上げられてる場合もある。

そもそも幽霊は、体が無いため、体を使って殴りかかることもなければ、ほとんどの多くは、幽霊自身の力で、人を殺すこともできない。極端な話、生きている人の方が怖い場合もある。

幽霊の姿を、形ある姿として考えるため、物理的な攻撃を起こすことができると考えてしまう場合もあるであろう。

形というものは存在するが、それはまるで、3D 立体に映された映像なようなものであり、小さな子供よりも、力なき幼き存在でもある。

私自身は、幽霊の存在を人と同じように見ているのではなく、心の存在した姿だとも考えている。

幽霊が怖いという記憶は、何度もそのように思い続けることによって、怖い存在へと自ら作り出してる場合もあるであろう。

逆に何度も、幽霊は面白い存在である、温かい存在であるという思いを抱き、それを毎日、行うことによって、幽霊に対する恐怖にも変化が現れてくる可能性も高まるはずだ。

これは隣の韓国に対する印象と同じような内容かもしれない。何度も、韓国に対する批判的な情報を目にしていれば、実際に韓国に足を運ばなくても、マイナス的なイメージを持ち合わせているであろう。心理学用語で言えば、ステレオタイプと呼ばれる心理現象だ。

極端な話、幽霊と人間を区別するのではなく、目に映る人々全てを幽霊だと思えば、慣れていく中で、幽霊に対する恐怖も徐々に減っていく可能性もある。

もしも幽霊を見ることがあれば、積極的に接触していく勇気を持つのも良いだろう。

私自身も始めは、金縛りにあい幽霊を見る姿に、恐怖を抱いた時期もあった。ただし、慣れていく中で恐怖もなくなり、心を落ち着かせその状況をじっくり観察できるまで出来るようになっている。

霊が人に憑依をして、話しかけてくる場合もある。憑依をされてる人自身は分らない場合もあるが、話し声が、同じ内容として二重音声のように、聞こえてくる場合もあるのだ。恐怖を抱くことはなく、霊と対話をしている気持ちで応じている。

いずれ人は、幽霊になり、人々から恐怖を抱かれる立場に変わる。仮に、自分自身が今亡くなったとして、幽霊になり、信じていた親しい人に話しをした場合、怖がられてしまえば、心に傷がついてしまう場合もあるであろう。

幽霊の立場になって考え、自分自身が幽霊になったつもりで考えれば、多少は、恐怖が小さくなっていくのではないだろうか。また、幽霊を、同じ仲間や、有名人の幽霊などと思い始めることによっても、多少は恐怖を抑えることもできるであろう。

それでも幽霊に対して怖いという気持ちを抱くのであれば、霊能力者としての道は諦めた方が良い。


ルドルフ・シュタイナーと呼ばれる霊能力者によれば、今後の未来は、生きている人と、亡くなった人の交流が盛んになり、あの世から様々な知識を手に入れる事ができると言われている。今から、未来に向けて、トレーニングをする思いで取り組んで行くのも良いであろう。







以下のサイトは、業界でも名高いサイトであり、霊視によって相談に応じてくれるトップクラスの霊能力者の方が所属されている。

実際に所属するためには、業界では最も審査が厳しく、全国から霊能力が高く、霊視ができる霊能力者を探し所属してもらっている場合もある。


そのため信頼性が高く占い好きや、スピリチュアルに関心の高い人は、霊視相談と言えばこの三つのサイトだとイメージしてしまうだろう。そのため、、既にご存知の方も多いかもしれない。


普通の占い師とは比べるまでも無く、霊能力の高さは、明確な違いがある。


一般的な占いよりも相談料が高い傾向にあるが、それだけの価値、それ以上の価値がそこにある場合もあるであろう。

相談料が一般的な占いよりも高い傾向にあるが、高い霊能力を使ってのアドバイスに価値をおいて欲しいためだとも言われている。


霊能力者本人の意志では無く、霊能力者をサポートする高級霊の意志だとも言われている場合もあるのだ。 信用を得るために、力ある姿も示している姿もあるであろう。


実際に相談をされる人は、相談料に対して、それ以上の価値のある内容に満足さる、もしくは、納得される人がほとんどの様だ。

霊視相談とは、悩みを解決するために最適な力であるが、公に認知されている力では無い。そのため、なぜ?そこまで分かるの?と驚かされる人も多い。

悩みを 悩みを抱え、力のある霊能力者に相談されたい場合は、数少ない霊視相談が可能な霊能力者に相談してみるのも良いであろう。


以下の先生方は、所属されている占いサイトの中でも、力の高い先生だ。先生探しに迷われる場合において、参考にして見るのも良い。

実際に、私も以下の先生に相談をした事があり、当たる内容に対して、私自身驚かされ、頭が真っ白になる様な場合もあった。


個人の心の悩みは、知らず知らず生きている周りの人達のみならず、支えてくれる霊にも悪い影響を与えている場合もある。その状態が、更に自分自身に悪い影響を与える場合も少なからずあるであろう。
元気な姿ほど、良い霊からのサポートも受けやすく、良い方向へ導きかれやすい場合もよある。これは、生きている人でも同じく、元気の無い人よりは元気良く明るい人を応援したくなるのと同じだ。


心に悩みを抱え、今の現状に変化を起こし明るい未来を望まれる場合は、霊視相談に対してを頭の片隅に置いておくのが良い。初めての場合は、霊視相談を初体験する事で、霊視や霊能力者に対するイメージにも変化が現れるかもしれない。世の中に対する視野も広がるはずだ。


◯霊視相談サイト ヴェルニーは、占いの総合デパートとして有名であり、様々な占術を持つ占い師が所属されている。

様々な占術のトップクラスの先生方に所属してもらっている様なイメージだ。
霊視においても、トップクラスの先生が所属されている。


お勧めの霊視相談を受け持ってくれる人気の参考になる先生は、杜松 (ネズ) 先生 眞文 (マアヤ) 先生  郁恵 (イクエ) 先生だ。

この三人の先生は、基本的に生年月日を必要としないため、生年月日を尋ねる相談に不信感を抱いている場合は、この三人の先生の内の一人に相談をされるのも良いであろう。


・霊視相談希望のヴェルニーに所属する先生への相談へはこちらのリンク先へ


◯霊視相談サイト ウィルは、霊視における専門性が高く、初めての方でも利用しやすいサイトになっている。

ウィルは、霊視による専門性が強いため、ヴェルニーの様に多く先生が所属されている訳では無い。

そのため、力のある先生も探しやすく、霊視専門のエキスパートが集まる様なイメージだ。


お勧めの霊視相談を受け持ってくれる人気の高い参考になる先生は、月村天音先生(ツキムラアマネ)、櫻井撫子先生(サクライナデシコ)、貞心先生(テイシン)になる。
サイト内でも評価が高く、霊感の高い人であれば、直ぐに霊感の高さが伝わってくるであろう。


・霊視相談希望のウィルに所属する先生への相談へはこちらのリンク先へ


◯霊視相談サイト ピュアリは、テレビにでも出演される場合もある美愛(びあん)先生が所属されている。ピュアリにとっては、ピュアリの顔であり、選ばれたエース級の先生だ。

美愛(びあん)先生は、人気が高く、サイト内で常に鑑定を受けている印象がある。予約など直ぐに相談する事はできないかもしれないが、予約時間に不満は無く、一度、テレビでも紹介されている様な先生に相談をしたい場合はお勧めであろう。


・ピュアリ専属、エース級の美愛(びあん)先生への相談へはこちらのリンク先へ


*上記の先生方は、人気の先生であるため、鑑定中もよくある。特に土、日などの休日は、霊視相談を受けたい相談者の方が多く集まり、その日に相談ができない場合もある。その場合は、スケジュールの確認を行い、平日の時間に相談をされる方法もある。




以下のランキングサイトも参考になる情報が眠っている、一度、確認して見るのもお勧めだ。


霊視ランキング