運命の人が霊視によって分かるその仕組
運命の人

霊能力者の霊視能力の中には、運命の人が分かる場合もあるのだ。よくよく考えればおかしな話である。私達が生きているのは、常に最先端の未来であり、最先端の未来から先と言うのは、未知の世界であり、その未だ訪れてもいない未知の世界について知るはずがないであろうか。

と思われるのが、一般的な人の考えである。よくよく考えればおかしな話を、更によくよく考えてみよ。赤ちゃんが成長する姿と言うのは、赤ちゃんにとってはその先が分からないことである。

ただし、私達大人は、赤ちゃんがどのような状態で成長していくのかある程度把握することもできるであろう。これは過去の経験から知りえた知識であるが、大人になると言う情報が先になければ、赤ちゃんが大人になると言う姿が現れてこない。

これは、先に卵が先か、大人の鶏が先かの問題になるような話であるが、物質的には先に卵がなければ大人の鶏になる事はできないが、大人の鶏における情報が先になければ、孫が帰っても大人へと歩んでいくことができない。

つまり先に物質よりも、それを構成させようとする情報が先になければならないのだ。つまり、霊能力者の霊視能力における運命の人がわかると言う話は、すでに先にある情報を何かしらの手段で手に入れる能力である。

人との出会いと言うのは、地球規模で見れば小さなものであり、人の出会いと言うものがそれほど重要な内容ではないと思われる場合もあるかもしれない。それは、人の目線で考えた内容だ。

ある組織を作るためには、多少の小さな影響でも、その全体の組織に影響を及ぼし、その小さな影響に対しても考慮しなければならない。パソコンなどのプログラムと言うのは、1つの間違いが全体に大きな影響与える場合もある。世の中の仕組みがそれと同等の内容であるとするならば、人の出会いにおける運命というのが大きな意味があるのだ。

霊視能力における、運命の人との出会いと言うのは、2人がただ結ばれる相手が情報としてあるのではなく、社会を構成する欠かせない人物としての意味が含まれている場合もある。

運命の人と出会うことを知るのも、これもまた運命であると考えることもできるであろう。霊視能力によって知れば、霊能力者に対する信憑性の高まり、霊的な世界の存在をより確信される場合もある。そのような中で、生きる目的を見出し、運命の人とどのように歩むのか、価値のある姿としてより自分たちで努力をし行い、充実した人生えと歩んでいくことにもつながるであろう。

私達は、蝶々が花粉をつけ、その花粉が花々を広げていく姿を知っている。ただし蝶は、その姿を知らず、蜜を吸うなどの自分の行いをただ行っているだけである。

運命の人との出会いと言うのも同じく、私達生きている人は、結ばれる運命の意味を知ることができないかもしれないが、自然にとっては欠かせない存在として運命が結ばれると言えるかもしれない。

霊能力者に、霊視によって運命の人を訪ねる場合は、このような意味を持ち合わせていれば、情報に対する価値がより高まっていくであろう。




以下のリンク先サイトには、霊視能力が口コミでも評判の高い 月村天音先生、香桜先生、貞心先生 櫻井撫子先生が所属されている。霊能力者探しに迷われる場合は、以下の先生に相談してみるのも良いであろう。



以下のランキングサイトも参考になる情報が眠っている、一度、確認して見るのもお勧めだ。



霊視ランキング