心霊スポットに対して霊能力者はどの様に考えるのか?
心霊 スポット 
 

心霊スポットと呼ばれる地域がある。霊能力者と言っても、個性があり、心霊スポットに対する考え方は人それぞれであろう。ここでは私なりの説明において、できるだけ納得、同意してもらえるような形として、霊能力者が考える心霊スポットについて紹介させていただこう。

心霊スポットというのは、主に2つの考え方がある。一つは、墓場などある特定の地域における、心霊スポットだ。もう一つは、何かしらの事故や自殺をされた方によって作り出される心霊スポットである。

共通して、心霊スポットだと言われる内容は、幽霊が出るという話であろう。

この幽霊は、悪霊と呼ばれる場合もあれば、現生に執着を行い現生をただよう幽霊だ。

よくよく考えてみてくれたまえ、現世で生きている人は、日々の生活の中で何かしらの欲求が満たされ、心のバランスがある一定保っている状況がある。

現世に漂う悪霊や浮遊霊などの思いは、生きている人よりも強い。

少し話は脱線するが、憑依されやすい人の特徴というのは、引き寄せる磁石のような力が強い霊感の高い人と、霊の考えや思いなどが似ているような波長が合う人である。

悪霊や浮遊霊などは、心の思いが強いため、霊感の高い人や波長が合う人は憑依を受けやすくなるのだ。

特定の地域が心霊スポット化する仕組みについて紹介させていただこう。そもそも、人類が人として進化する以前から、その地域は心霊スポットだったのかどうかについて考えなければならないであろう。

地球が誕生する以前から、その空間には、心霊スポットのような力を持ち合わせていたのかについても考える必要性がある。

よくよく考えれば、その地域が心霊スポットと判断しているのは人間であり、その地域において動物が死滅したり、自然の草木がすぐに枯れてしまうような地域ではないはずだ。

人間の思いが、心霊スポット化している可能性も高いであろう。

現世に限らず、過去において、亡くなられた方の誰かが現世に未練を残し、浮遊霊になってしまった人もいるかもしれない。多少霊感が高い人がその姿を見れば、人は亡くなればそこに行くと考え込んでしまった人もいるであろう。

その場所に多くの霊が集まることで、霊的な意味で、様々な霊の心がその地域に束縛され、心霊スポットとなっている可能性もある。

日本の文化で言えば、人が亡くなれば墓に入る考え方もある。実際の話として、亡くなった人の中には、自分自身に対してどのように対応すればいいのかわからず、墓に足を運ぶ人もいるそうだ。

迷信的な話の中には、人は亡くなれば、ある特定の地域に足を運ぶという考えもあるであろう。例えばある山を神として崇め、人は亡くなればその山に旅立つというような考え方だ。それを信じきっている人の中には、亡くなった後、実際にその山に足を運ぶ人もいるはずだ。

心霊スポットというのは、字が表すように、幽霊の心が集まっている地域である。

自殺された方の亡くなった場所が、心霊スポットとして呼ばれる場合もあるであろう。遊び半分で足を運んだり、車などでその地域の近くを走れば事故に遭うという話もある。

よくある話としては、亡くなった人の魂が、生きてる人の体に乗りうつり、自分自身の思いを理解してもらおうと、同じ状況へと導く話であろう。

自殺したところ、幽霊となっている自分の姿に理解ができず、自殺しきれない思いが、消え去りたい満たしたい思いを満たすために、人の体を使って再び同じ状況を繰り返す場合もある。

多くの霊能力者の方は、このように説明されるのがほとんどであろう。私自身も、このようなことはあるだろうと思うが、それが全てではないと感じて考えているのだ。

このように、亡くなった人の魂というのは強い心を持ち合わせているであろう。亡くなった人の魂が自らの意思を持ってそのような行動を起こさなくても、人々に強い影響を与える場合もあるのではと考える。

例えば、たくさんの濃い赤い絵の具を自殺された人の心だと考えてみよう。そのそばに、現世で生きている人の一般的な心を黄色があれば、黄色い色は、赤い絵の具の影響受け、赤に近い黄色となるはずだ。

魂が引き寄せられられるのではなく、珠に混じれば赤くなるという言葉があるように、一般の人の心に変化が現れていると言えるのではないであろうか。

このような考え方もあるかもしれない。亡くなった人の中には、亡くなった事を認めず、生きている人に気づいて欲しいという思いを持ち合わせてる人もいるであろう。

その地域が幽霊スポットとして知る中で、遊び半分で足を運んだ場合、少なくても遊び半分で足を運んだ人は、幽霊を意識しているため、意識されたい思いと意識してる思いが凹凸が一つになるように結びつき、憑依を受けることで体に負担を与える場合もある。

話は余談だが、霊感の高い人や憑依を受けている人は、心霊スポットに足を運べば気分が悪く、吐き気がして来る場合もある。

人の生理反応の中には、自分自身とは違う悪い物質が入ってくれば、それを吐き出そうとする反応がある。心にも同じことが言え、悪いと判断した場合は、吐き気がしてくる場合もあるのだ。霊能力者なみの意志を持たず霊感の高い人が心霊スポットに足を運べば、顔色がすぐに悪くなってしまう場合もよくある話である。

これらの内容はあくまでも、よく見られる姿としての心霊スポットだ。

沖縄にある有名な心霊スポットにおいては、少し変わった話がある。その心霊スポットに足を運ぼうと、まずはじめに、女性の幽霊が現れ、ここは危険だから帰りなさいと忠告をされる。

その言葉を無視して更に、心霊スポットに近づくと男性が待ち受け、男性から怒りを買うような状況に陥いる話だ。

この心霊スポットにおける話には、ある一部で加えて説明されている場合もある。ここは沖縄の霊能力者の修行場出あって、一般の人が足を運べば、良くないことが起きる事を知らせるための霊であると紹介されてる場合もある。

霊能力者の修行というのは、良くも悪くも様々な霊に憑依をされ、それに耐えれるだけの精神力を養わなければならない。この修行場かもしれない心霊スポットは、強い霊が修行者のために集まってくる場所である。遊び半分で一般の人がこのような場所に足を運べば、良くないことが起きるのも理解できるのではないであろうか。

現世で生きてる人でも、プロが行ってるところに遊び半分で素人が足を運べば、ここは素人が来る場所ではない、危険だから帰りなさいと言う話もあるであろう。




以下のリンク先サイトには、霊視能力が口コミでも評判の高い 月村天音先生、香桜先生、貞心先生 櫻井撫子先生が所属されている。霊能力者探しに迷われる場合は、以下の先生に相談してみるのも良いであろう。



以下のランキングサイトも参考になる情報が眠っている、一度、確認して見るのもお勧めだ。



霊視ランキング