霊視鑑定を受ける前の受け方、心構え  
受け方 
 

初めて霊視鑑定を受ける場合は、驚かれることもあるかもしれない。そのためには、ある程の受け方や心構えについて予め知っておく方がよいであろう。

よくある話としては、初めて霊視鑑定を受けた場合、頭が真っ白くなり、言葉が出なくなってしまう症状である。

どうしてそのような症状が起きてしまうかについて、教えておこう。人は、自分自身よりも力の強い姿に対して、その姿が自分自身にどのような影響を与えるのかを調べるために、行動的な姿を抑えようとする生理反応を引き起こすのだ。

このようなイメージをされたらわかりやすいかもしれない。自分自身は小さなネズミだと思ってくれたまえ。人の先祖は、哺乳類として小さなネズミだったとも言われている。

突如近くに大きな恐竜が現れた場合、恐竜に気づかれないように、できるだけ動かない様な状態を引き起こすであろう。その本能は、現在にも引き継がれ、自分自身の想定外の大きな力が現れれば、本能的に行動を抑え、言葉を出さないように本能が引き起こす場合もあるのだ。

せっかく、霊視鑑定を受ける場合において、言葉が出なければ、後々自分の姿に後悔してしまう姿も現れてしまうであろう。

まず、相談したい内容は紙にまとめて書いておくのがポイントである。たとえ頭が白くなっても、その紙の安心感が冷静さを取り戻しやすくしてくれるはずだ。

一般的に霊能力者の相談というのは、相談に対する悩みにしか答えてくれない。当たり前のような話かもしれないが、話す相談内容の違いによって、自分自身が本当に求めている姿にも差が現れてしまう。

例えば、A さんが好きな場合、A さんが自分自身のことをどう思っているのかという相談内容と、A さんとよりよい関係を築くためには、どのようにすればよいのかについては、同じA さんの事が好きであろうとも、伝える内容には違いがあるはずだ。

霊視相談というのは、一般的な占いよりも料金が高い傾向にある。中には守護霊とコミュニケーションを取ることができる人もいる。

ただ、A さんが自分自身の事をどう思ってるのか、好きか嫌いかの判断ぐらいであれば、霊視能力はなくとも、多少霊感の高い人でも、その有無について知ることができる。つまり、せっかく少しばかり高い料金を支払って霊視相談を受けるため、自分自身にとって良い方向へ導くために、多少なりとも相談をする側が、相談内容についてじっくりと考えるのが大切である。

私の他のページには、霊的な話や霊能力者に関わる話を紹介させていただいている。私の紹介しているページを読めば、ある程度は、霊的、霊能力者に対する知識が増える中で、相談内容に対しても、良い参考資料となるはずだ。

霊的、霊能力者に対する知識というのは、ある程度、驚く姿や不安な状態を抑えてくれる場合もある。人は危険な状況に置かれれば、少しでも身を守るために情報を求める場合も多くなるであろう。新聞は、平和な内容を書くよりも、危険な内容を書いた方がよく売れる場合もある。

初めての、霊視鑑定は、エンターティメントとして楽しむ目的の様な思いを持ち合わせておくのもよいであろう。楽しむ目的としての興奮状態は、抑制力とは逆の積極性が現れやすくなり、本当に話したい内容も言葉として現れやすくなるはずだ。





以下のリンク先サイトには、霊視能力が口コミでも評判の高い 月村天音先生、香桜先生、貞心先生 櫻井撫子先生が所属されている。霊能力者探しに迷われる場合は、以下の先生に相談してみるのも良いであろう。



以下のランキングサイトも参考になる情報が眠っている、一度、確認して見るのもお勧めだ。



霊視ランキング