霊能力者を信じる人と信じない人
信じる、信じない

霊能力者を信じる人と信じない人

の討論が、インターネットの動画にあり、その動画見てると、ふと思うことがある。このような動画は、昭和の時代によくあり、信じる人というのは、どこか頭のおかしい人だと思われていた時代があった。

私自身も霊的な力が目覚めない幼少時代は、この様な番組を見ると、おかしな人だなと思った次第であり、この様な大人にはなりたくないと思ったこともあった。現在は、そのおかしな大人になってしまっている姿もある。

番組の趣旨は、霊能力者を信じるか信じないかはどうでもよく、このおかしな大人を見て楽しむ番組だったのかもしれない。

霊的な経験がない人や、実際に霊能力者並みの占い師、霊能力者に今まで会ったことのない人にとって、当時、私が抱いていた思いを抱いている人もいるであろう。

この討論番組における霊能力者を信じる人の傾向は、実際に霊的な現象にあった人や、どこか文系的な考えを持ち合わせてる人に見られるように思われる。

霊能力者を信じない人は、理系的な考えを持ち合わせている傾向にある。理系というのは、誰が同じ実験を行っても同じ答えが現れる姿を追求する学問だ。

よって、人は、多くの人が確認できる様な理系的な考えに偏りやすい傾向もあるはずだ。

ただし、私自身はこのような人に、あえて質問したいことがある。ただ、体の仕組みは物理的な現象によって起こされているが、その仕組みは一体誰が考えたのか。そして、人の体や自然にある形、整っているは、誰が考えたのかだ。

理系的な考えを持ち合わせている人は、理系的な考えを持ち合わしているにも関わらず、まるで魔法のような言葉を使う。それは自然が作り出したものだという言葉だ。

自然であろうとも、少なくても、それを作り出した物には、目に見えない心がある。その目に見えない心は、この物理的な世界に干渉し、影響を与え、この物質世界で目に見える形として表現をしているであろう。

霊能力者の存在もそれに近く、現に、現実世界には、様々な心が作り出した創造物があり、人間は決して機械ではなく、死んでしまうと、全く無くなるものではない。


仮に、人が機械であるとするならば、人間の死というのは効率的ではない。ロボットの様に永遠に近い命を与え、自らの力で進化させていく方が効率的である。

人が大人になり、子供を産み、その子供がまた一から、様々なもの学習していかなければならない。世の中の発展だけを考えれば、よくよく考えれば、それは無駄であり、人間が永遠に多くの知識を身につけていく方が、良いと考えることもできる。

あえて人の体が機械であるとするならば、それは精神に影響を与え、精神を鍛えるための機械だと考えるはずだ。

人が死ぬのは、その機械が必要で亡くなった証であり、精神を鍛えれたかどうかは分からないが、少なくても、生まれ始めの時と比べれば、何かしらの変化があるであろう。


私自身は、霊能力者を信じる人も信じない人も、いて当然だと考える。この世は、男と女がいるように、生まれるや死などの2つのエネルギーによって成り立っているからだ。東洋思想で言われる陰陽の考え方である。

つまり霊能力者を信じる人のエネルギーが、必然的に、霊能力者を信じない人のエネルギーを生み出している可能性もあるであろう。

もしかすれば、霊能力者を信じない人は、生まれる前、あえて霊能力者を信じない生き方を選んだのかもしれない。

仮に神というものが存在するならば、全ての人間に対して、霊能力者を信じるようにプログラムするのもできたはずだ。

仮に全ての人間に対して、霊能力者を信じるようにプログラムをすれば、その霊能力者は、自分自身を神だと勘違いをし、霊能力者として使い物にならない可能性も高まってしまう。


霊能力者を信じない人と言うのは、この自然界にいる存在として、抑制力のため必然的に存在している可能性についても考えられる。

ただし、私自身は、霊能力者を信じなくても、霊的な世界の存在について、実はあるのではないか?と頭の片隅にでも入れて欲しいと願う。

霊能力者を信じない人は、自分自身の死後、何が起きたのか分からずに、心がこの世に執着をし、浮遊霊となる場合もあれば、霊感の高い人に憑依を行い、生きてる実感を求めようとする心もあるからだ。

理系的な考えを持ち合わせてる人は、ぜひ、Dr.レオンのマジックの動画について見てほしい。私自身彼は、霊能力者だと思っている。

物質が瞬間に違う物に変わる変化もある。

ある一説では、実は物質というのは、人がそう思い込んでいる姿が、その様に作り出していると言われている場合もあるのだ。

壁が硬いと思うのは、そう思い込んでいるから硬いと言う考え方である。

そう思わなければ、物質には違う変化が現れる場合もある。その考えを取り入れたのが、映画マトリックスの内容だ。

霊能力者を信じるも信じないも、あなた次第でもあるが、霊能力者も人であるため、自分の存在を否定されると、自分自身の存在感を失い心が苦しくなる人も当然いる。

どのような人物であろうとも、やがて人は死を迎えることになる。その人生に一度は、実際に霊能力者の力に出会う中で、霊的な世界の存在について触れていただければとも思う。

今現在では、霊能力者の存在を信じない人の方が多いかもしれないが、もちろんあの世では、霊能力者の存在を信じない人は少数派であり、自分の考えが間違っていたことに気づかれる場合も多い。

私自身亡くなった人の魂を感じてみると、苦笑いしている魂も意外に多いのだ。その人にとってはそれがカルマとなり、来生には何かしら霊的な関わりを持つことになるのかもしれない。


霊視能力、霊視鑑定における霊視にも様々であり、視える内容に対してご自分で解釈されている方もいられる。直感力も高いため、判断に鈍る事は無いと思われるが。その様な中で、私がお勧めするのは、霊視のみならず、守護霊対話ができる先生方だ。

守護霊対話能力は、更に力が必要とされ、能力者も少ない傾向として高い。そのため、対面では探しきれない場合もあるであろう。守護霊対話をも望まれる場合は、力のある霊能力者が集まりやすい、電話占いサイトの利用もお勧めである。

電話占いおいても、割合としては少ないが、直ぐに探しやすいメリットもあるためだ。

力のある人ほど、力を全うしなければならず、全国規模で既に相談者が多く集まる電話占いサイトに所属されている場合もよくある話しである。又、運営会社が、力のある人をスカウトされている場合もあり、地域によっては、対面によって出会えない可能性も高まっているかもしれない。守護霊対話をも望まれる場合は、一度、ご参考に頭の片隅に入れていただくのもポイントである。

現在、悩みを抱えている場合は、一度、霊視相談を受けてみてみるのもお勧めである。霊視相談とは、未来を見通す力や、守護霊対話などのコミュニケーションによって、知らない情報などを高級霊などの守護霊や先祖霊などからアドバイスを受け取る相談方法である。

恋愛の悩みはもちろんの事、仕事の悩みや、人生の悩みに対して、力を発揮させてくるであろう。

現在、旬で話題の口コミでも評判の高い霊視相談は、以下のサイトがお勧めである。鑑定中の表記も多く、力のある先生方が所属されているのも分かるであろう。

霊視が出来るほどのの力であれば、霊視可能な先生全てがお勧めであるが、私個人としては、守護霊対話能力のある先生を参考にさせていただいている。

ただし、得意分野にも違いがあるため、相談内容に合う先生を探されるのも大切である。霊視が出来るからと言って、必ず浄霊が出来るとは限らない。霊に対して、優しく悟らせる力を必要とするためだ。

現在においての、一押しの先生は、オードリーメーカー先生、咲輝先生、空庵先生だ。

出会いを求められる場合は、自身のオーラーに影響を与えてくれる波動修正などもお勧めである。リリス先生もご参考までに。

以下のサイトには、先生方のプロフィールが記載されている。プロフィールからは、先生の能力の傾向を把握できるであろう。

相談者の中には、霊感占い師、霊能力者=万能な能力者と思い込んでいる人もいる。万能であれば、相談に応じる事無く、東大生並の知識を手に入れているはずだ。

先生方は、人生経験の中で、相談に応じるための経験と知識を学ばされ、相談に応じる範囲しか対応が出来ない。

念を押すが、必ず、相談したい内容と、先生の能力+先生の言葉を照り合わせる事、心が引き寄せられた場合は、自身の守護霊が導かれている場合も隠されている。

これらの内容は、お互い、良い環境で相談が応じ会えやすい、ワンポイントアドバイスでもある。

上記の先生方が所属されている、話題で人気の絆へは、このリンク文字から


最新の霊視相談情報サイト、最新の詳しく紹介されている

スピリチュアル、霊視情報を知りたい方は、以下のランキングサイトへアクセスへ



霊視ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote