霊能力者が亡くなるとあの世での役割とは?
亡くなる 
 

霊能力者の方が亡くなった場合、霊的な意味で功績を残された姿として、霊界において何かしら高い位置に身を置かれるのではないかと思われる場合もあるかもしれない。

一般的にあの世の世界というのは、自由精神が保証されているため、強制的に、役割というものを押し付けられることはないと言われている。

仮に、自由精神が保証されていなければ、現世で漂う、悪霊や浮遊霊などを強制的にあの世へ連れて帰ることもできるであろう。

話は余談になるが、除霊や浄霊とは、強制的にあの世へ連れて帰るというよりも、霊に話をかけて心に影響を与えることで、そのような行為を行えるようになるのだ。警察官が無理に連行するような姿ではない。

霊能力者の方が亡くなられた場合、自由意志によって自分の立場を決めることができるが、高級霊との波長が合いやすいため、あの世における霊媒者としての役割を頼まれる場合もある。

あの世における霊媒者について説明をすると、現生の人へメッセージを直接、高級霊は霊媒者を使ってメッセージを届けることができない。

それは、あまりにも、高級霊がいる世界と、現生での世界における波長が全く違う姿だからだ。

亡くなった人が、初めて訪れるような霊界にいる霊から、霊媒者を捜し、その霊媒者に憑依行ってからさらに現生にいる霊媒者に憑依を行う。

高級霊が憑依をすると聞くと、人間を人形と見たし、その人形の中に入ると思われてしまうが、現生の霊媒者のオーラ、または波長操り、現世の人にメッセージを伝えるのだ。操り人形のようなイメージと言えばわかりやすいかもしれない。

霊能力者としての使命を打ち明けている人のそばに寄り添い、卵を温めるかのように、霊的な力を高める役割などもあるであろう。

よくある話としては、霊能力者ではなくとも、何かしらの才能を持ち合わせている先祖の中には、霊能力者として現世で生きていた人もいる話などもある。

ボクシングでも有名な具志堅用高氏には、祖母か叔母かは忘れたが、霊能力者の番組において、そのような人がいたということを紹介されていた。

霊能力者ではないが、現世において子供授かることができなかった人には、あの世において、水子になった子供、幼い時期になった子供の面倒を見る役割がある場合もある。

ただし、これは、子供が大好きであり、子供が欲しいと願っていた場合における仕事内容だ。

あの世における知識をあまり持ち合わせていない人の中には、亡くなった後の旅立つ世界について、様々な新しい出来事に出会う場合もあるであろう。

亡くなった人の中には、前世の記憶や、あの世に対する知識が蘇る場合もあるが、全ての人が蘇るのではない。現世に対して少しでも執着がある場合は、現世での出来事に対して意識が高まりやすくなる場合もある。

このような場合は、新しい世界に対してなじむことができなくなってしまう可能性も高まるであろう。亡くなった人の中には、現世から訪れる人をサポートする役割を持ち合わせてる人もいるのだ。

これらの多くは、身近な人が役割を持っている場合がほとんどである。全く知らない他人であれば、不安が高まる場合もあるであろう。

余談であるが、初めて訪れる世界というのは、現世とはあまり変わらない世界だといわれている。現世にある情報を元に作られている世界だ。現世との違いは、重力がないため、少しばかり、軽い感じがするといわれている。

日本には、法事という文化がある。一見生きている人が、自分の心を満たすだけの行為だと思われてしまう場合もあるが、亡くなった人が、徐々にあの世に慣れてもらうことと、現世での執着を、忘れてもらう姿もある。

何故一度も死んだことない、どうして私がここまで知っているのか、あの世にいた前世の記憶があるのかと思われるかもしれない。

今亡き昔の霊能力者の方が、あの世の人と交流する中で、その情報をまとめた本があるのだ。

ただしここで勘違いされては困る。あの世の世界の方が素晴らしい、生きている世界よりも素晴らしいではないかという考えだ。

あの世の世界は、生きてる人が何を見て何を考えてるのかを知ることができる。ただし、知らない方が得ることができる経験なども現世にはあるであろう。

もちろん、体を持ち合わせていないため、男女が肌で触れ合うような経験などできない場合もある。あの世では、現世においての、情報の世界になるが一瞬で様々な場所に足を運ぶことが出来ると言われている。

ただし現世においては、時間をかけて足を運ぶことで、何かしらの達成感を強く感じられる場合もあるはずだ。つまりあの世では、達成感というのが欠けている可能性が高いのだ。

これもまた、ただし、何かしらの役割があると言う事は、現世とは違う達成感もあるかもしれない。

もしかすればあの世から見れば、現世において、この世の世界というのは天国に見える場合もあるかもしれないであろう。人が生まれて来たい欲求の中で、私たちは生きたいという思いを抱く姿も考えられる。

霊能力者が亡くなられた話とは、少し脱線してしまったが、霊能力者のみならず様々な人達は、何かしらの役割が待っているのに違いない。



以下のリンク先サイトには、霊視能力が口コミでも評判の高い 月村天音先生、香桜先生、貞心先生 櫻井撫子先生が所属されている。霊能力者探しに迷われる場合は、以下の先生に相談してみるのも良いであろう。



以下のランキングサイトも参考になる情報が眠っている、一度、確認して見るのもお勧めだ。



霊視ランキング