霊能力者が警察に捜査協力を行わないのは嘘?
267keisatu

霊能力者が警察に捜査協力しないのは、このブログでも過去に紹介させていただいた。その主な理由は、霊能力者の力というのは、必ず100%の力を出し切れない内容でもあり、霊的な力というのは、0%の人もいなければ、100%の人もいない。

霊能力者である江原啓之氏によれば、どのような力のある霊能力者であろうとも、8割ほどの力しか発揮できないと紹介されている。

犯罪などの問題は、目に見える人たちの価値観であり、あの世から見れば、心に悩みを抱え苦しんでいる人の方が、霊能力者が助けなければならない内容だと考えられる場合もあるであろう。

そのため、霊能力者の多くは、積極的に警察に捜査協力はしない。そもそも霊能力者には、神経質な人も多い。力あるなしに限らず周りから批判される姿に、耐えられない場合もある。


中には、実際に霊能力者に会おうともせず、自分の主張が正しいと勘違いされる中で、霊能力者を叩く人もいるであろう。

ただし、それらの内容があくまでも、霊能力者から見た考えである。

警察から見た場合は、警察官個人の心情として、何かしらの手柄を手に入れたい人ももちろんいるのだ。

そのような人の中には、ひそかに霊能力者に足を運ばれる人もいる。

霊能力者の力というのは、科学的に証明はされていないものであるが、テレビ番組でも公に紹介されている場合もあり、公に信じることはできないが、心の奥中で信憑性があると思われる人もいるのだ。

警察官の立場からすればわかるのではないであろうか。

その情報が間違っていても構わない。少なくても可能性として、真実であるのであれば、一度は足を運び、その力について調べてみたいと思われる心情である。

実際に足を運ばれた場合、その力を確信している人もいるのだ。

警察の捜査協力には、証拠となる様な確信性を、公に見つけなければならない。たとえ犯人が分かっていても、証拠となるような物が見つからない場合もある。

そのため必ず、犯人が捕まるわけではない。

過去の霊能力者が、ひそかに警察官が、相談に足を運ばれる場合もあると話をされていた。

霊能力者の霊的な内容というのは、宗教でも霊的な内容が携われているため、公な機関が、霊的な力に関与しにくい姿があるのも致し方がない。

この話題に興味ある人は、マイノリティリポートと言われる映画をご覧になられたらよいであろう。

その映画の話しには、3人の霊能力者が、予め犯罪が起きることを予知する。犯罪が起きそうになる瞬間に、警察官が現場に入り、その瞬間に犯罪者を逮捕するという話だ。

ネタバレになってしまうが、主人公は警察官であり、その警察官が人を殺す予知が現れる。その警察官は逃げる、この霊能力者を扱ったシステムに不備がないかと調べるために紛争する。

不備に関わる隠された情報があり、それがマイノリティリポートだ。

仮に霊能力者の力が公に認められた場合、マイノリティリポートの様に、人々はこの様なシステムを求めることになるであろう。

これらの内容には問題がある。まだ犯罪も起こしていない人を捕まえるのは、法的に問題があるのではないかという問題だ。これらの考えも、映画の中で紹介されている。


霊能力者というのは神でな無い。そのため、100%必ず、様々なことを言い当てられるものでもない。このブログでは何度も紹介しているが、霊能力者に力を授ける高級霊の意志が大きく関わっているものであり、自動販売機のように、何でもかんでも好きな情報を手に入れるものでもない。

仮に、自分の意思によって様々な情報手に入れることができるとするならば、超未来における科学の知識や、ギャンブルなどの情報も手にすることもできる。そのような中では、人々の相談に応じる必要性もなく、自分の欲のために力を発揮することもできるはずだ。

霊能力者の力と言うのは、自分のためにあるのではなく、その力を求める他者のためにあるものでもある。


この様な話しをある程度、知っていれば、犯罪に抑制力が働くかもしれない。天は見ていると言う言葉があるが、天は間違いなく見ているものであり、亡くなった後、自分の行いに対して罪を感じる事になるであろう。




霊視能力、霊視鑑定における霊視にも様々であり、視える内容に対してご自分で解釈されている方もいられる。直感力も高いため、判断に鈍る事は無いと思われるが。その様な中で、私がお勧めするのは、霊視のみならず、守護霊対話ができる先生方だ。

守護霊対話能力は、更に力が必要とされ、能力者も少ない傾向として高い。そのため、対面では探しきれない場合もあるであろう。守護霊対話をも望まれる場合は、力のある霊能力者が集まりやすい、電話占いサイトの利用もお勧めである。

電話占いおいても、割合としては少ないが、直ぐに探しやすいメリットもあるためだ。

力のある人ほど、力を全うしなければならず、全国規模で既に相談者が多く集まる電話占いサイトに所属されている場合もよくある話しである。又、運営会社が、力のある人をスカウトされている場合もあり、地域によっては、対面によって出会えない可能性も高まっているかもしれない。守護霊対話をも望まれる場合は、一度、ご参考に頭の片隅に入れていただくのもポイントである。

現在、悩みを抱えている場合は、一度、霊視相談を受けてみてみるのもお勧めである。霊視相談とは、未来を見通す力や、守護霊対話などのコミュニケーションによって、知らない情報などを高級霊などの守護霊や先祖霊などからアドバイスを受け取る相談方法である。

恋愛の悩みはもちろんの事、仕事の悩みや、人生の悩みに対して、力を発揮させてくるであろう。

現在、旬で話題の口コミでも評判の高い霊視相談は、以下のサイトがお勧めである。鑑定中の表記も多く、力のある先生方が所属されているのも分かるであろう。

霊視が出来るほどのの力であれば、霊視可能な先生全てがお勧めであるが、私個人としては、守護霊対話能力のある先生を参考にさせていただいている。

ただし、得意分野にも違いがあるため、相談内容に合う先生を探されるのも大切である。霊視が出来るからと言って、必ず浄霊が出来るとは限らない。霊に対して、優しく悟らせる力を必要とするためだ。

現在においての、一押しの先生は、オードリーメーカー先生、咲輝先生、空庵先生だ。

出会いを求められる場合は、自身のオーラーに影響を与えてくれる波動修正などもお勧めである。リリス先生もご参考までに。

以下のサイトには、先生方のプロフィールが記載されている。プロフィールからは、先生の能力の傾向を把握できるであろう。

相談者の中には、霊感占い師、霊能力者=万能な能力者と思い込んでいる人もいる。万能であれば、相談に応じる事無く、東大生並の知識を手に入れているはずだ。

先生方は、人生経験の中で、相談に応じるための経験と知識を学ばされ、相談に応じる範囲しか対応が出来ない。

念を押すが、必ず、相談したい内容と、先生の能力+先生の言葉を照り合わせる事、心が引き寄せられた場合は、自身の守護霊が導かれている場合も隠されている。

これらの内容は、お互い、良い環境で相談が応じ会えやすい、ワンポイントアドバイスでもある。

上記の先生方が所属されている、話題で人気の絆へは、このリンク文字から


最新の霊視相談情報サイト、最新の詳しく紹介されている

スピリチュアル、霊視情報を知りたい方は、以下のランキングサイトへアクセスへ



霊視ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote