霊能力者は、仏教と神道の精神を持ち合わせて
仏教徒神道

霊能力者は、仏教と神道の精神を持ち合わせて 

霊感を高めたい人や、霊能力者として道を歩まれる人は、仏教の精神と神道の精神の両方を持ち合わせるのもお勧めである。

霊能力者と言うのは、言葉一つとして現すことができるが、霊能力者も人であるため、生きてる間に何かしらの影響を受け、その影響に従っての霊能力者になる場合もあるであろう。

例えば、仏教における密教の考え方に影響を受けている人は、どちらかと言えば考えが固くなりやすく、論理的な説明を好む傾向も高い。

逆に、神道は、自然に魂が宿ると考えられている場合もあるため、心を重点的に大切にする一面もある。

そのため、神道の影響を受けている霊能力者の中には、相談者への回答が、稚拙になりやすく、説明力が足りなくなってしまう場合も現れやすくなる。

相談者自身にも、求める答えがどちらかに偏っている場合もあるが、様々な相談者がいる中では、両方に対応できるように、仏教と神道の考え方を、参考程度に頭に叩き込んでおくのも大切だ。


話は少し脱線するが、当初日本に入ってきた仏教は、あの世における仕組みなど哲学的な意味が強く、一部の知識人でしか理解ができなかったと言われている。

多くの庶民に伝えるために、まずは関心を持ってもらうために行った方法が、念仏を唱えれば天国に行けるというような考え方だ。

私自身は、仏教というのは、父親のような存在であり、神道というのは、母親のような存在だと思っている。

過去においては、仏教と神道が一緒された時代もあれば、お互い反発し合う時代もあった。まるで夫婦が、仲良くする場合もあれば喧嘩をする様な姿でもある。

仏教における密教は、どちらかといえば、自分自身の心を神の心に近づける意識が高い。そのため、一般の人の心とかけ離れた思いになりやすく、相談者に対する共感する思いが損ねてしまう可能性も高まる。

相談者からすれば敷居が高く、少し近づき難い思いを抱く人もいるであろう。

神道というのは、自然に神が宿ると考えられる場合もあるため、相談者も自然の中に生きている人として、接しやすく、親しみを持ってもらいやすい。

ただし、心というものは、喜怒哀楽という、単純な仕組みによって成り立っているものであり、答えれる内容が、感情的であり、まるで子供が発言する様な内容になってしまいかねない。

例えば、結ばれる、結ばれない、別れた方がいい、我慢をした方が良いなどだけの、説明力が無く、相談者からすれば、心から納得できない様な内容にもなってしまいかねないであろう。

私自身は、神道と仏教よりも先に陰陽の考え方について身に付けた物である。

陰陽は、陰と陽のバランスを大切にするものであり、まるで陰陽の様な仏教と神道のバランスを大切にするものだと考える。

霊能力者の江原啓之氏は、仏教の密教である霊能力者の女性を師として探され、自分自身は、神道の資格を持つ中で、神社において相談に応じていたそうだ。

人の心を感じる、思いやりなどの大切にする神道の精神と、仏教の様に論理的な説明力で説明する説明力も持ち合わせているであろう。

霊能力者の、木村藤子氏は、神道をとっている。木村藤子氏は、青森県出身であり、イタコの血を引いている可能性も高い。

青森県は、自然崇拝を行っていた縄文系の文化が、強く残され、現在でもその影響があるとも言われている。また、神道は、縄文時代の自然崇拝から繋がってるとも言われているのだ。

どちらかと言えば、論理的な解決策などを導いてくれるのではなく、心における、良い悪いなどの二者択一的な答えである傾向も高い。

仏教や神道に関わらず、男性は論理的な説明を好む傾向が高く、女性は、感情的な喜怒哀楽、二者択一的な考えを持ちやすい傾向にある。それらの内容もこの2人には、影響されてるのかもしれない。

何を信仰するかはともかくとして、霊能力者になる人、霊感を高めたい人は、様々な宗教的な書物に目を通すのも良いであろう。

私自身は初めに、陰陽に対する知識を身につけた。その後、ヒンズー教の神を知る中で、ヒンズー教の神には、物事を創造する神と、ものごと破壊する神と、そのバランスを維持する神がいることを知った次第である。

まるでその話は、陰陽と全く同じであり、私自身の中で新しい発見に出会った時もあった。ヒンズー教の本などは、本屋で簡単に見つけることは出来ないが、ウィキペディアなどで知れば、容易にその情報に触れることができる。

陰陽について知らない方は、その情報にも触れていただくのも良いであろう。


霊視能力、霊視鑑定における霊視にも様々であり、視える内容に対してご自分で解釈されている方もいられる。直感力も高いため、判断に鈍る事は無いと思われるが。その様な中で、私がお勧めするのは、霊視のみならず、守護霊対話ができる先生方だ。

守護霊対話能力は、更に力が必要とされ、能力者も少ない傾向として高い。そのため、対面では探しきれない場合もあるであろう。守護霊対話をも望まれる場合は、力のある霊能力者が集まりやすい、電話占いサイトの利用もお勧めである。

電話占いおいても、割合としては少ないが、直ぐに探しやすいメリットもあるためだ。

力のある人ほど、力を全うしなければならず、全国規模で既に相談者が多く集まる電話占いサイトに所属されている場合もよくある話しである。又、運営会社が、力のある人をスカウトされている場合もあり、地域によっては、対面によって出会えない可能性も高まっているかもしれない。守護霊対話をも望まれる場合は、一度、ご参考に頭の片隅に入れていただくのもポイントである。

現在、悩みを抱えている場合は、一度、霊視相談を受けてみてみるのもお勧めである。霊視相談とは、未来を見通す力や、守護霊対話などのコミュニケーションによって、知らない情報などを高級霊などの守護霊や先祖霊などからアドバイスを受け取る相談方法である。

恋愛の悩みはもちろんの事、仕事の悩みや、人生の悩みに対して、力を発揮させてくるであろう。

現在、旬で話題の口コミでも評判の高い霊視相談は、以下のサイトがお勧めである。鑑定中の表記も多く、力のある先生方が所属されているのも分かるであろう。

霊視が出来るほどのの力であれば、霊視可能な先生全てがお勧めであるが、私個人としては、守護霊対話能力のある先生を参考にさせていただいている。

ただし、得意分野にも違いがあるため、相談内容に合う先生を探されるのも大切である。霊視が出来るからと言って、必ず浄霊が出来るとは限らない。霊に対して、優しく悟らせる力を必要とするためだ。

現在においての、一押しの先生は、オードリーメーカー先生、咲輝先生、空庵先生だ。

出会いを求められる場合は、自身のオーラーに影響を与えてくれる波動修正などもお勧めである。リリス先生もご参考までに。

以下のサイトには、先生方のプロフィールが記載されている。プロフィールからは、先生の能力の傾向を把握できるであろう。

相談者の中には、霊感占い師、霊能力者=万能な能力者と思い込んでいる人もいる。万能であれば、相談に応じる事無く、東大生並の知識を手に入れているはずだ。

先生方は、人生経験の中で、相談に応じるための経験と知識を学ばされ、相談に応じる範囲しか対応が出来ない。

念を押すが、必ず、相談したい内容と、先生の能力+先生の言葉を照り合わせる事、心が引き寄せられた場合は、自身の守護霊が導かれている場合も隠されている。

これらの内容は、お互い、良い環境で相談が応じ会えやすい、ワンポイントアドバイスでもある。

上記の先生方が所属されている、話題で人気の絆へは、このリンク文字から


最新の霊視相談情報サイト、最新の詳しく紹介されている

スピリチュアル、霊視情報を知りたい方は、以下のランキングサイトへアクセスへ



霊視ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote