霊感で感じる仏教と神道の違いとは
仏教と神道 

 

霊感で感じる仏教と神道の違いとは 私個人が、宗教についてどうのこうの言えるような立場ではないが、私個人が感じる仏教と神道の存在について触れさせていただきたいと思う。

仏教が日本に初めて渡来した時期というのは、仏教は哲学的な要素を強く持ち合わせていたのである。また仏教というのはヒンズー教の影響も受けており、ヨガの考え方も持ち合わせている。

ヨガというのは、体を自らコントロールすることによって、世の中をコントロールするように神と同等の思いに立つという考え方があるが、仏教における密教においても、神の考えている思考に近づく考え方を持ち合わせている。

あの世の世界において、神々がこのよう作り出した論理的な仕組みを主に伝える目的があったのだ。学問を修めている人も少なく多くの庶民に仏教を広げるのは、当時、至難であり、まずはじめに仏教に関心を持ってもらうために、念仏を唱えれば極楽浄土へ行くことができるという話をあるお坊さんが広げたのである。

もともと神道の発生は、縄文時代における自然崇拝が元になっていると言われている。その神道においては自然に神々が宿ると考え、海彦山彦など、人が身近に接する自然に神々がいるという考え方を持ち合わせているのだ。

余談であるが、仏教を初めて広げたブッタがいた時代は、仏像というものはなかった。ギリシャ神話の銅像などの文化がインドに入ったことによって、ブッダが亡くなったと仏像と言う姿が現れたのだ。

ブッタが教えを広げたのは、自分自身を崇拝されることはなく、あの世における仕組みや、どのようにすれば人は苦しまず、生きていけるのかという考え方なのである。ブッタがあの世から見た場合、仏教について良い意味でも悪い意味でも様々なことを考えさせられたに違いないと思われる。

仏様を拝む人は多くいるが、ブッタが何を伝えているのか、知らない人が多いのが事実ではないであろうか。

人が悩み事を抱えた場合、生活で身近で些細な悩み事は母親に相談するのが望ましいと言われている。母親は子供と接する時間帯も長く、子供についてよりよく知っているためだ。

大きな悩みのおける決断は、父親に相談するのが望ましいと言われている。父親は社会で働くことも多くあり、社会全体について知り尽くしている可能性が高いからだ。新聞などに目を通すのは、女性よりも男性の方が多いであろう。

つまり、仏教と神道は、日本で言えば仏教というのは父親のような存在であり、神道というのは母親のような存在である。

仏教というのはどこか硬いイメージがあるのではないであろうか。神道というのはどこか柔らかい雰囲気が漂ってるように感じられる場合もあるであろう。

仏教と神道というのは対立してるのではなく、調和をすることによって、日本を支えている。

このように考えれば、日本という名まさに神々の国であり、男と女が交わることで子供が生まれるように、日本という国は創造性のある国だとも言えるかもしれない。

日本の製品が質が高いのは、神々の思いが人間を通して作り出すされている可能性も高いであろう。




以下のリンク先サイトには、霊視能力が口コミでも評判の高い 月村天音先生、香桜先生、貞心先生 櫻井撫子先生が所属されている。霊能力者探しに迷われる場合は、以下の先生に相談してみるのも良いであろう。



以下のランキングサイトも参考になる情報が眠っている、一度、確認して見るのもお勧めだ。



霊視ランキング