気配を感じる!霊感の高い人の世界観について 気配 

 

霊感の高い人は、幽霊などの気配について感じられる場合もある。生きている人というのは、人とは自分と同じ姿をしているため、見ている姿というのは、世界を同じように見ていると思われる場合もあるであろう。そのため、霊感の高い人が、何かしらの気配を感じた場合、それは気のせいだと言って判断をしてしまう人もいる。

人は、同じ姿をしているからといって、見ている世界というのは同じではない。実は、女性と男性が見ている世界も多少の違いがあるのだ。女性は、目の細胞が男性よりも働きが良く、女性は、男性よりも世界を鮮明に見ていると言われている。

これは様々な解釈がなされているが、女性は、赤ちゃんを生み、赤ちゃんを側で育てる機会を多く持ちあせている。赤ちゃんの行動をよく観察できるように、男性よりも、鮮明に見る力を授かっている理由などもある。

もちろん、左利きと右利きでも見える世界には違いがある。右利きは物事を理解する傾向が高くなり、左利きは物事を感じようとする傾向が高くなる。

余談であるが、理解をする傾向が高い人と、感情とする傾向が高い人では、物事の認識に違いが現れやすくなり、話がかみ合わない場合なども起きやすくなる。

幽霊などの存在は、物理的にそこにいるように思われるであろう。物理的に見ることができないため、そこに存在していないと思われてしまう場合もある。

そもそも物の認識は、光が物に当たり、帰ってきた波長を頭で処理をすることで、そこに物があると認識するのだ。返ってきた波長がないということは、そこには何も存在していないと判断することもできるであろう。

霊感の高くない人が、ただの気のせいだと思うのは、波長が入ってきていないため、そこに、幽霊は存在しないと判断してしまうからだ。

霊感が高い人も、この現世においては、同じ生理反応を引き起こしているはずである。

幽霊がいる世界は、この現世ではない。この現世と重なり合っている世界である。科学的に証明されていないため、そのような世界があるはずはないと思われるかもしれない。

私たちが生きているのは、物理的な世界と精神的な世界が重なり合うことで、物理的なものについて意識を持って動かすことができるのである。

物理的な世界だけでできてるとするならば、草木や花、動物たちの形などができるはずもなく、子孫を残して繁栄させていく力などもないはずだ。

グラフィックソフトを使ったことがある人ならイメージができるかもしれないが、いくつかの層、レイヤーを使って表現することができるであろう。

パソコンで例えるならば、私達がいる世界というのは、ハードウェアの世界であり、幽霊がいる世界はソフトウェアの世界だとイメージすれば分かりやすいかもしれない。

霊能力者である江原啓之氏は、このようなことを言っている。幽霊を見てる時は、現実にいる人と同じようにみているのではなく、そのため、実体感はなく、まるで、立体映像を見ているかのように幽霊を見ていると言っているのだ。

霊感が高く、幽霊などの気配を感じる人は、現実を感じてるのではなく、心のソフトウェアである情報の世界を感じていると言えるであろう。

ソフトウェアの話は、また違う時期に話をさせていただきたいと思う。

霊感が高く、幽霊などの気配を感じる人は、人が何を感じているのかについても感じやすい特徴もあるであろう。

幽霊の気配というのは、幽霊の持つ心である。心には喜怒哀楽の感情があり、その感情についても感じやすい場合もあるはずだ。幽霊が生きている人を見て、何かを感じた場合、その感じた内容を霊感の高い人が感じる場合もあるかもしれない。

体の作りは、物理的な生理反応によって、体は処理されている。もしかすれば、幽霊の気配を感じるのも、物理的な処理がなされているかもしれない。これが科学的に解明されれば、何かしらのゴーグルをつけることによって、一般の人でも幽霊を見ることができる時代が訪れるかもしれないであろう。

私自身は、幽霊というのは、ある理由によって科学的に証明されることはないと違うページで紹介したが、科学的にこのような機械を発明することができたとするならば、もしかすると、幽霊が科学的に証明される日も訪れるかもしれない。



以下のリンク先サイトには、霊視能力が口コミでも評判の高い 杜松 (ネズ) 先生、眞文 (マアヤ) 先生、郁恵 (イクエ) 先生が所属されている。霊能力者探しに迷われる場合は、以下の先生に相談してみるのも良いであろう。



以下のランキングサイトも参考になる情報が眠っている、一度、確認して見るのもお勧めだ。


霊視ランキング