人探しは、霊能力者が霊能力を使いたがらない理由について

人探し

全ての霊能力者ではないが、霊能力者の多くは、人の死にまつわる事(いつ人が死ぬかなど)、博打や賭け事、人探しや物探し、精神病を患っている患者に対して相談に応じていないのが一般的だ。ここでは人探しについて、霊能力を使わない理由について紹介させていただく。

前提として、ここでの人探しは、家出などの人探しについて触れさせていただく。遭難などの人探しについては、霊能力者に相談すれば、相談に応じる人も多くいる。

家出に対してはいくつかの考えがある。家出における人探しに対する情報というは、必ずピンポイントで情報をつかめるわけではない。

ターゲットが移動していれば、情報をつかみにくくなってしまう場合もあるのだ。未来を見通す力というのは、現在に置いての情報量よりも多くの情報量からつかみ出さなければならない。1日だけの情報量よりも、数ヶ月の情報の方が情報量が多くなるであろう。

霊能力者の霊能力における未来を見通す力は、山から遠くを眺めているものでり、大きなエネルギーで生まれる出来事ほど、よりよく把握しやすくなる。

未来に対する情報というのは、結婚や出会いなどの、心理的に大きなエネルギーが生み出される場合がほとんどであろう。霊能力者が伝える未来というのは、ピンポイントで日付を当てるのではなく、季節などによって、大体の時期を伝えるのが一般的であろう。

人探しにおいては、具体的な場所を特定しなければ、人を見つけることができない場合がほどんどだ。霊能力者が見るイメージというのは、どこにでもあるような景色である場合もあり、見える景色に対して特定の場所を把握しづらい場合もある。


例えば、赤色の喫茶店の前のマンションに住んでいる映像が見えても、どこの赤色の喫茶店なのか具体的に知る事は困難だ。

家出の中には、現代住んでいる場所が嫌であり、自宅から出たい思いの中で、家出をする人もいるであろう。その様な人の中には、探して欲しくない、見つけられたくないという思いを抱いている場合もある。

そのような思いが、霊能力者の霊能力に、悪い影響与える場合もあれば、家出をしている人の守護霊が探さないように催促する場合もあるのだ。また、家出をしている人にとっては、それが人生経験となり、人に助けられる出来事などがあれば、家出したことを後悔し、自らの意思で自宅に戻る場合もあるはずだ。

人の出会いと言うのは、磁石のように、ある法則によって引き合う場合もある。それは、心のあり方によって働く場合もあり、家出をした人の自宅にいる人々の心の有り様が引き起こした可能性も高い。つまり、自宅にいる人々の心が変わらない限り、引き戻すことができない可能性もあるのだ。

霊能力者が、人探しを行わない理由と言うのは、様々な理由があると思うが、その主な理由は、やはり、インターネットで調べる様な確実性があり、ピンポイントで確かな情報をつかめない内容であろう。

ただし霊能力者の中には、相談者の守護霊から、現在住んでいる番地を確実に教えてくれる可能性も捨てきれない。私自身は、テレビ番組においても、番地までの情報を把握している姿は見たこともない。

現実に考えれば、相談者の守護霊などは、さまざまな情報を把握できる場合もあり、現実に考えれば不可能ではないと考えることもできるであろう。

もしも人探しをしている場合は、どの場所に今いるのですかと言う情報ではなく、番地までを聞き出す相談内容を持ってみるのも良いはずだ。

仮に聞き出すことができなければ、なぜできないかについても、尋ねてみるのも良いであろう。霊能力者が出来る内容についても把握することができるようになる。また、聞き出す事が出来ない理由は、相談者側に問題があり、その問題に気づかされる場合もある。

ここでの霊能力者は、守護霊対話ができる霊能力者だ。霊能力者の霊能力にも様々であり、必ず人探しに最適な能力を持ち合わせているとも限らない。何かの理由によって、居場所を教えてくれない霊能力者であろうとも、生きてるかどうかの確認、病気にかかってるかどうかの確認などが出来る場合もあり、そのことについては最低限、尋ねておくのも大切だ。


以下のリンク先サイトには、霊視能力が口コミでも評判の高い 月村天音先生、香桜先生、貞心先生 櫻井撫子先生が所属されている。霊能力者探しに迷われる場合は、以下の先生に相談してみるのも良いであろう。



以下のランキングサイトも参考になる情報が眠っている、一度、確認して見るのもお勧めだ。


霊視ランキング