人には、なぜ?笑う心理が存在する!笑う姿には意味がある?  
笑う心理 
 

人はなぜ笑うかについて、考えてみたことはないであろうか。嬉しいから笑うという意味ではなく、私なりに、理屈っぽいと言われるような、笑う心理について考えてみたいと思う。

もちろん、人へ抱いてる感情を伝える手段として、嬉しさの心を伝えるために、笑う表現を作り出している場合もあるであろう。

心に嬉しさがある中で、顔に表情がなければ、相手に抱いている思いは伝わらず、コミュニケーションを図りづらくなる。

昔の戦国武将、上杉景勝は、人の前で笑うことはなく、家臣から、何を考えてる人のかわからない様にも思われていたそうだ。

笑う心理や嬉しい心理というのは、その情報をより多く集めようとする生理反応もある。その情報より取り入れようとする思いは、脳にとって価値があると判断を行い、脳の記憶に留めようとしている姿でもある。

つまり、嬉しい内容や笑う内容というのは、今までに記憶に無い内容である可能性もあり、新鮮な姿としての新しい姿などもあるであろう。

すでに記憶にあるような内容というのは、当たり前の内容でもあり、新たな情報を取り入れる必要性もない。そこには、嬉しさや笑顔などはもちろん現れない。

嬉しいから笑う心理には、心に変化があり、脳にとって、成長する満足感が隠されている可能性もある。

嬉しさから笑うと状況を考えてみよう。テストの点数で100点を取れば、嬉しさのあまり笑顔が現れる場合もあるであろう。お笑い番組なども、自分にとって意外内容の姿に対して笑う姿などもある。

病気が治ったときなども、嬉しさから笑う姿が現れるかもしれない。これは脳の成長とは関わりが無いように思われるが、心に変化が現れるのと、病気から回復する過程を学ぶことによって、脳にとって何かしら知識を手に入れてる姿にもなるはずだ。

嬉しさのあまり笑顔になる人の多くは、目に輝きがある場合もある。これは目の瞳孔が広がり、多くの情報を取り入れたい思いが、目に入る光量を多くして、目に輝きが生まれる。

大人よりも子供の方が、うれしさが多く、笑顔になる場合も多いと感じる場合もあるのではないだろうか。大人よりも子供の方が、経験が少なく、新たな経験をする姿が多く有り、脳の成長を高める機会も多く、それが、子供の嬉しさや笑顔に繋がっていると考えることもできるであろう。

嬉しさのあまり笑顔になる心理の中には、生理的に免疫力が高まり、健康な体を作り出してくれる場合もある。がん細胞を攻撃する、ナチュラルキラー細胞と呼ばれる免疫細胞は、嬉しい心が現れれば現れるほど活性化される場合もある。

がんの治療と呼べるかどうかわからないが、がんにかからない取り組みとして、心の底から嬉しくなるように奨励する情報なども数多く存在する。

嬉しい思いにおける笑う心理の意味の中には、世の中を楽しむ目的があり、極端な話、世の中を楽しんでる人ほど存在する権限が与えられてると考える事もできるであろう。

仏教の中には、人が亡くなった後、生きてきた時の様々な映像が見せられると言われている。後悔や悔いなどの心に動揺が現れれば、それがカルマと生じて、来世の生まれてくる目的として判断される場合もあると言われている。

心に動揺が全くなければ、全てのカルマは清算されたと判断され、魂は、次の精神の成長としての高級霊の道へ歩まれるとされているのだ。

この話が事実かどうか分からないが、嬉しさが少なく、笑顔が少ない人ほど、自分自身の存在を確立していない証であり、何かしらのカルマを背負う事にもなるであろう。

嬉しく、笑顔なってる人を見ると、どこか、羨ましく感じる人もいるのではないだろうか。笑顔になることで快感が生じ、快感を得てることで妬みを感じてる人もいるかもしれない。

ただし光輝くようにも見える場合もあり、嬉しく笑顔になっている人は、免疫力からも分るように生かされている存在として、強く存在している姿に眩しく見えてる人もいるであろう。

結論からすれば、嬉しさからの笑顔は、生まれてきた喜びや、自分が存在している存在感に対する喜びなどが隠されている。


人間関係を上手く構築するためには、人々に嬉しさや笑顔になれる様な取り組み、心構えも大切であろう。




以下のリンク先サイトには、霊視能力が口コミでも評判の高い 月村天音先生、香桜先生、貞心先生 櫻井撫子先生が所属されている。霊能力者探しに迷われる場合は、以下の先生に相談してみるのも良いであろう。



以下のランキングサイトも参考になる情報が眠っている、一度、確認して見るのもお勧めだ。



霊視ランキング