霊能力者へ(霊能力相談/霊視相談)

霊能力者への相談に役立つ豆知識

スピリチュアル

金縛りの症状と幽体離脱について 金縛り 幽体離脱 

 

 金縛りについての解釈は、様々な形で紹介されている場合もある。科学的な観点から言えば、体は休んでいる状態であり、意識だけが目覚めているという内容として紹介されている場合もある。実際私はそのような経験をしたことがなく、私の経験ではその話では納得ができないため、金縛りについてと幽体離脱について触れさせていただきたい。

私が初めて金縛りにあったのは、20代前半、アパートへ引越しをした後の初日の夜である。布団に入っている時に、人の気配を感じたのだ。小さなアパートだったため、布団に潜っている中で隣に人が座っているような感覚であった。

当初私は泥棒が入ったと感じたのである。あまりにも恐怖感に襲われ、勇気を振り絞って、こら!と叫んだ。すると私はその状態から起きて、心臓の鼓動が早まっている状態のままその場所に座り込んだ。私自身に何が起きたのか、理解はできなかった。

ある日の夜に起きた金縛りは、玄関先に人が集まり、多くの人達で、アパートが囲まれている姿にであった。中央には少し太り気味のおばさんのような人がいて、その隣は、私の亡くなった母のお姉さん、おばさんがいるように感じたのである。

本来体は、あお向きの状態で寝ているはずであるが、どういうわけか、玄関先を見ているような方向で見ているのだ。もちろん、体は動かすことはできない。

そしてそのおばさんのような人が入ってきて、足を握られた。その瞬間、私はこの感覚は亡くなった母であると悟ったのである。その瞬間、多くの周りにいた人達が、アパートの中に入ろうとしてきた。私の部屋はそれほど大きくなく、物理的に言っても入りきれない。

私は多くの人が入ってくる姿に恐怖を抱き、勇気を振り絞って、消えろ!と叫んだのである。するとその状況から起きることができた。心臓がバクバクと鼓動を打っている。

後々、違う相談において霊能力者の方に相談をした時、あなたお母さんの夢見たでしょう。後に多くの人達がいたでしょう。

あなたの先祖であって、あなたは先祖の事でや顔が分からないから、お母さんを連れてきたという内容であったのだ。もちろんそのような話は一切、霊能力者の方には話はしていない。

伝える内容というのは、私には何人かの兄弟がいるが早く跡継ぎを決めることと、霊能力者になりなさいという話を伝える目的だったそうだ。

私自身は多少の霊感は高いと思うが、霊能力者と呼ばれるほどの力はなく、そもそも当時は、オカルト的な胡散臭い姿に興味はなく、まだ20代前半であったため、自分自身が目指したい職業などもも持ち合わせていた。

このような金縛りもある。金縛りにあってるときは、首から下の感覚が全くないのだ。ただし、首からの上の感覚がある。ただし声を出すことができないが、勇気を振り絞り無理に力強く言葉を発すると、声を出すことができるのだ。

ただしその声は、自分自身の声として異様な声として現れる。年がばれてしまうかもしれないが、カセットテープをぐちゃぐちゃにしたときの音のような声なのだ。録音された声ををスローで聞くような声である。

金縛りで恐怖を抱くことも当初はあったが、もっとも、自分が恐怖を抱くのは、自分自身のその声だ。まるで自分自身ではない、恐ろしい他人の声に聞こえるからである。

何度も金縛りにあうなかで、金縛りそのものに慣れてきた。金縛りの解き方についても発見をした。首の下から意識がなく全く何もないような状態であるが、首を左右に振ることはできるのだ。首を左右に振れば、金縛りが解けることを知ったのである。

金縛りにあった人はぜひ、この方法によって解いでもらえばよいであろう。

少し変わった金縛りにあったことともある。首から下は意識はないのだが、誰かに両手が引っ張られてるような金縛りなのだ。両手を握られている場所だけは感覚としてあるのだが、それ以外の手や腕には、まったくといって感覚がない。

まるで握られている両腕の部分だけが、上空に引っ張られてるような感覚である。いつでも金縛りを解くことができるため、私はその状態を観察しようと思い始めた。

相手が引っ張っているため、それに負けずに、逆に引っ張り戻そうと頑張ったのである。ただし相手の力が強く、簡単に引っ張ることはできない。

そこで私は考えた、私の能力かどうかわからないが、私は人の手を握ると、その人の様々な情報が頭に入ってくるときがある。一度人の手を握れば、ほとんどの多くはその人の手の温もりを忘れることはない。

そこで私は力を抜き、力を入れている相手の力を感じるなか、相手の個人情報にアクセスをしようと試みた。すると、無を感じたのである。何もないのを感じたのではなく、真っ暗な暗闇に何もないような無だ。それは、初めて味わう感覚である。その瞬間、まるで自動的に自分の首が横に振られ、その金縛りの状態から抜けてしまったのだ。

今までは、意識して首を横に振ることで、金縛りから目覚める事ができたが、まるで、相手側がその状況は良くないと判断を行い、自動的に手を切った様な姿である。

今でも、あれが何だったのか、よく分からない金縛りであった。

このページのタイトルは、金縛りと幽体離脱である。

本来このページで紹介したい内容は、ここからが本題だ。

私は金縛りにあっている時の状況にふと疑問に思ったことがある。金縛りにあった時の見ている風景というのは、起きてる時と全く同じ風景なのだ。

何が違うかといえば、そこに幽霊となるような人がいるかいないのかの違いだ。

このような疑問を抱えている中、ある番組に出合っあった。臨死体験の番組である。臨死体験されている人の多くは、見ている周りの風景が現実と一緒である。

中には、瞬間に違う場所に移動する臨死体験等の内容もある。でもそれは現実的な世界ではない。ではどのような世界なのかを考えてみた場合、情報だけで成り立っている世界ではないかと私は考えたのである。

情報だけの世界とは、少しわかりにくい説明かもしれない。Google のストリートビューをご存知だろうか。様々な場所をカメラで写し、それを元にして作り上げたような世界だ。

もしも仮にその様な情報だけの世界があるとするならば、情報を作り出すカメラとして働いているのは一体何か、人間にはカメラと似たような機能がある。それは目だ。

現実的に生きている人の目が、カメラのような働きによって人の目を通して作り上げられた世界があるのではないかと私は考える。

そして私が金縛りに見る世界というのは、現実の世界ではなく、情報だけの世界を見ていると判断することもできるであろう。

そのため金縛りにあった時の見ている風景から、金縛りが解けて見える風景というのは、情報の世界から現実世界へと意識が移り変わり、同じ姿をしているが、違った内容である可能性も高い。

幽体離脱によって、空を飛ぶという話もあれば、人が何かをしている姿を見ているという話もある。つまり幽体離脱における見ている世界というのは、情報だけの世界を体験している可能性もあるであろう。

この話しが事実であるならば、人が生まれてくる目的の中には、あの世の世界の一部である情報の世界を作り上げるために、現実世界へ知らず知らず派遣されている可能性も捨てきれない。



以下のリンク先サイトには、霊視能力が口コミでも評判の高い 杜松 (ネズ) 先生、眞文 (マアヤ) 先生、郁恵 (イクエ) 先生が所属されている。霊能力者探しに迷われる場合は、以下の先生に相談してみるのも良いであろう。



以下のランキングサイトも参考になる情報が眠っている、一度、確認して見るのもお勧めだ。


霊視ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

幽霊の存在が科学的に証明される日は訪れるのか 幽霊 科学 

幽霊について科学的に証明される日は訪れるのかどうかについて考えてみたいと思う。ここで言いたいことは、全ての人が幽霊の存在について認めるのかと科学的に証明されるには違いがあることについて、予め伝えておきたい。

霊能力者の活躍が公の社会で、今以上に広がれば、科学的に証明はされなくても幽霊の存在について認める人たちも増えていくであろう。

幽霊について科学的に証明されるには、全ての事が科学的に証明されるという事をあらかじめ証明しなければならないだろう。科学がこの世を作り出したのか、この世が科学を作り出したのかの違いについても考えなければならないかもしれない。

哲学的な話は、置くとしよう。

科学的に証明されるということは、全ての人が同じ実験をすれば、同じ結果が得られるものを科学的と呼んでいる。そうなれば、全ての人が納得できるような幽霊の存在について認めることとなるであろう。

結論から言おう、幽霊について科学的に証明される日は、私自身が考える中では半永久的に訪れない。

仮に、科学的に証明された場合の世界について考えてみよう。生きている現世の人は、幽霊について意識する機会を多く持つはずだ。幽霊は今以上に意識されることに喜びを感じ、あの世へ旅立つところか、この世に執着をする幽霊が増えることになる。

自然は循環とする中で成り立っている。人の精神も、輪廻転生を繰り返し、精神の循環によって世界は作られているのだ。

幽霊が科学的に証明されれば、それは絶対的な答えとなり、人はあの世へ帰る思いも忘れるかもしれない。忘れてくれるからこそ、現世に興味をなくし、次の循環へと足を運ぶことができるようになるのだ。

このような話をしてしまうと、霊的な内容というのはあまり社会に広げず、幽霊そのものの存在すら認めないほうが望ましいと思われてしまうかもしれない。

ただしこのような姿も、良くないことが起きる。幽霊の存在や霊的な内容を認めなければ、死後、自分自身がどのような状態になったか理解できず、これもまた、現世に執着する魂が増えることになるのだ。

どちらの世界が望ましいのだ。幽霊は証明されたほうがいいのか、証明されないほうがいいのか、はっきりしてくれと言われるかもしれない。

このような発言をする人は、寒い世界がいいのか、熱い世界がいいのか、どっちの世界がいいのかと思われてるのと同じである。バランスが良く、心地よい世界が望ましいと言うのでは無いであろうか。

血液の循環を考えてみてくれたまえ。柔らかすぎれば血管はもろく潰れてしまうであろう。血管は固すぎれば、血流が詰まってしまう可能性もある。

東洋思想では、人の体は世界を表しており、体を知れば世界を知ることができるとも言われているのだ。つまり何事もバランスが大切である。

このように考えれば、私達はバランスを大切にする自然界に存在するため、幽霊が科学的に証明される時代は訪れないといえるであろう。仮に幽霊が科学的に証明されたとするならば、それは、世の中が崩壊へと導いていく姿にもなるであろう。

私がブログで紹介している内容は、霊的な姿の真実である。全世界の人にこの真実を知ってほしいという思いは全くなく、霊的な姿に興味のある人や霊的なことに悩みを抱えている人、あの世の人が生きている人へ伝えたいメッセージがあり、その思いを抱いている場合などに役立ててほしい思いからである。

幽霊が科学的に証明されるとは、多くの霊能力者にとっては喜ばしいことかもしれない。自分自身の行動が多くの人に認められ、人への相談も行いやすくなるであろう。悩みを抱えている相談者も、社会の目を気にせずに相談できる姿もあるかもしれない。

良い姿には必ず影となる悪い姿もあるものだ。様々なものを細かくシミュレーションしていけば、どのような結果が待ち受けているのか、そのような答えも導きかれるであろう。

これはあくまでも私自身の独断偏見な、自然の法則から考える幽霊は絶対に科学的に証明されないという考えである。幽霊が、現実社会に何かしらの影響を与えるとすれは、それは何かしらの物理的な作用が起きているものであり、その、精神と物質の中間にあたるような物質が目に見える形として取り出すことができるとするならば、科学的に証明される日は訪れるかもしれないという考え方もある。

また人は必ず死が訪れる。科学的に証明はされなくても、自分自身が幽霊になれば幽霊の存在については多くの人達が認めることになるのではないだろうか。




以下のリンク先サイトには、霊視能力が口コミでも評判の高い 杜松 (ネズ) 先生、眞文 (マアヤ) 先生、郁恵 (イクエ) 先生が所属されている。霊能力者探しに迷われる場合は、以下の先生に相談してみるのも良いであろう。



以下のランキングサイトも参考になる情報が眠っている、一度、確認して見るのもお勧めだ。


霊視ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

スピリチュアルを信じない人と信じる人 信じる、信じない 

 ここで紹介するスピリチュアルを信じる人と信じない人とは、あくまでも傾向として、そのようになってしまう理由について触れさせていただこう。

一般的に女性の方が、スピリチュアルを信じる傾向にある。女性は、子宮を持ち合わせており、魂に対する意識が男性よりも強く、他者に対する心に理解を示しやすい姿もあるであろ。

女性に比べれば、男性の方がスピリチュアルを信じない人が多い傾向にある。一般的に男性というのは、社会に入って組織で働く姿が一般的であり、組織を維持するためには、できるだけ同じ知識を共有しあう方が望ましく、スピリチュアルと言う新たな情報は、組織を崩壊させてしまう懸念材料として、受け付けないような本能が現れやすくなってしまう場合もあるのだ。

男性で、スピリチュアルを信じる人の多くは、新たな情報を自ら生み出して行かなければならない、文系的な考えを持ち合わせているタイプである。

組織で働き同じ情報を共有しあう姿とは真逆の内容を常に持ち合わせ続けなければならない。他人には真似のできない内容をあなたに生み出さなければならないからだ。

直感などの新たな感覚は、スピリチュアル的な感覚として感じられる場合もあるであろう。男性の中でも社長などの役職についている人の多くもスピリチュアルを信じる人が多くいる。なぜならば、世界は競争であり、競争に打ち勝つためには、新たな情報を感じ取らなければならないためである。

成功者の多くは、何かしらこのような感覚を感じている場合もあるであろう。お金を稼ぐ人ほど、運気や霊的な力について関心が高く、公に示さない人もいるかもしれないが、スピリチャルについて信じてる傾向も高くあるのだ。

あのエジソンは、自分自身の天才的なひらめきは、自分自身だけの力で考えてるのではなく、情報を与えられてるものだと考えていたそうだ。実際に霊能力者に会う中で、驚くような姿に出会い、そのように結論付けたとも考えたのかもしれない。

霊界との交信をするために、霊界ラジオの開発の研究を行っていたのは有名な話である。

現在の社会は、女性も組織の中で働く姿も多くなり、同じ情報を共有し合わなければならない中では、女性の中でもスピリチュアルを信じない人も多く現れているかもしれないであろう。

スピリチャルを信じるも信じないも、あなた次第。蟻の世界は、それぞれの役割があり、卵を舐め続ける蟻もいれば、餌を探してくる蟻もいる。餌が見つかればそれを仲間に伝え、餌を巣に運ぼうとする労働者もいる。

スピリチャルを信じる人も信じない人も、実は自分自身の役割の中での宿命といえるべき内容なのかもしれない。蟻が全て、同じ情報を共有し、同じ価値感を持ってしまえば、私が女王蟻になりたいと争いが現れてしまう可能性も高まってしまうであろう。

スピリチュアルを信じる人も信じてない人とは少し話が変わってしまうかもしれないが、全ての人が同じ情報を共有しあい、同じ価値観を持ってしまう世界というのは、争いが起こる可能性も高まる、組織が崩壊してしまう可能性も高まる。現に、共産主義の国々は崩壊してしてしまったであろう。

スピリチャルを信じる人も信じない人もいるのが正常であり、信じる人は信じればよく、信じない人は信じなくて良い、それが答えである。世の中は全て自然の法則に成り立っているものであり、スピリチュアルを信じない人も、この法則による働きかもしれないであろう。


以下のリンク先サイトには、霊視能力が口コミでも評判の高い 杜松 (ネズ) 先生、眞文 (マアヤ) 先生、郁恵 (イクエ) 先生が所属されている。霊能力者探しに迷われる場合は、以下の先生に相談してみるのも良いであろう。



以下のランキングサイトも参考になる情報が眠っている、一度、確認して見るのもお勧めだ。


霊視ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

スピリチュアルから見た水子の祟は存在するのか 水子の祟り 

 

 まだ生まれてきてもいないのに水子の魂などあるわけがないと思われてる方もいるかもしれない。スピリチャルの世界ではもちろん水子の魂はあり、あの世の世界において意識は持ち合わせているのである。水子の祟りというものは存在する。

水子の祟りというのは、悪意を持って計算高く祟ろうと知っているのではなく、幼い幼児が、自分の存在を気づいてほしく、多少でもこのような実体験したい思いによって結果的に人の目から見て、祟りとして見てしまうのである。

赤ちゃんとは、まるで真っ白な紙の状態であり、そこから様々な知識が真っ白な状態から記憶されていくとと思われる場合もある。水子の魂というのは、無垢な状態であるため、祟りは起こさないと解釈される場合もあるのだ。そしてこれを言ってるのは、なんとお坊さんである。

仏教というのは、輪廻転生の考え方があるにもかかわらず、生まれてくる欲求や意味について考えていない。何かしら生まれる目的や意味があるからこそ、少しでも前へ進もうとする思いが湧いてくるものだ。

そもそも、真っ白な白い状態であれば、赤ちゃんに母乳を吸う方法なども1から覚えさせなければならないだろう。真っ白な白い状態であれば、赤ちゃんが泣くことすらありえない。周りにある恐怖や不安を認識しているからこそ、赤ちゃんは泣くのである。

スピリチュアルの世界では、水子の魂は大体、2、3児の子供とあまり変わらない姿だと言われている。あの世において、2、3児ぐらいの魂が宿り始めると言われている。そのため、言葉を発することができるぐらいの年齢になれば、胎内にいた記憶を待ち合わせ、両親が喧嘩をしていたという話もスピリチュアルの世界ではあることだ。

つまり、水子は、強い欲求を持ちあわせ、祟る内容というのは、これぐらいの年齢の子供が起こしそうな内容である。壁の音を叩く音が聞こえたり、サラが突然割れてしまったりする場合もあるであろう。

どれぐらいの期間に堕すことになれば、水子になるのかというのが意見が分かれている。精子と卵子が結ばれる瞬間から宿り始めると言われる場合もあれば、ある程度の器官が出来てから宿り始めるといわれる場合もある。

体の成長が著しく激しいため、あの世からの魂は、何度も出入りを行い、現世とあの世を何度も行き来するとも言われている。水子の祟りというのも、この世に対する執着であるため、あと少しで生まれて来れると思うほどの期間ほど、水子になる可能性も高まるであろう。

水子の祟りは、怖がってはならない。なぜならば、怖がる事で意識をしてくれるのであれば、より恐怖を与える思いも湧いてくる場合もあるためだ。

水子がいる世界は、無人島だと思えばわかりやすいだろう。船が近づき、恐怖を与えることで反応してくれるのであれば、気づいてくれる手段は、恐怖を与えることしかないと判断してしまう。

これは生きてる人にも、水子にとっても悪い影響を与える。水子の魂が、そのことを覚えれば、水子が再び生まれる場合において、人を恐怖に陥れることで喜びを感じる場合もあるかもしれない。

このように考えれば、現在犯罪起こして、それを喜んでいる人というのは、もしかすれば水子であった可能性も捨てきれない。誰に罪があるとするならば、悪意をもって子供をおろした人達であろう。

水子の魂は怖がらず、しっかりと意識をしてあげ、早く生まれ変わることを願ってあげることだ。早く生まれ変わりたいと水子が思えば、祟りはなくなり、身近な存在として生まれ変わってくる可能性も高まる。




以下のリンク先サイトには、霊視能力が口コミでも評判の高い 杜松 (ネズ) 先生、眞文 (マアヤ) 先生、郁恵 (イクエ) 先生が所属されている。霊能力者探しに迷われる場合は、以下の先生に相談してみるのも良いであろう。



以下のランキングサイトも参考になる情報が眠っている、一度、確認して見るのもお勧めだ。


霊視ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

スピリチュアルから見た仕事の傾向を考える仕事 

ここで語るスピリチュアルによる仕事の傾向というのは、性格上における仕事の最適な仕事内容ではない。スピリチュアルから見る仕事の意味について傾向として考えてみたいと思う。

人はなぜ仕事をするのか。生きるために仕事をする。当たり前の話である。ではなぜ当たり前なのであろうか。

自然の法則というのは、個人だけでの力で成り立っているのではなく、他者から恩恵を受け、他者に恩恵を与える法則によって成り立っている。

この世には何一つ無駄なものはない。草花は枯れても、それは分解され、腐敗となりそれは栄養となって周りの草花に栄養を与える。

私達の世界は、自然が作り出した世界にいると考えれば、仕事をするというのも自然の法則によって成り立っているものであろう。

私達は、輪廻転生を繰り返し、精神性の成長を高めていくという目的がある。変化のない同じ仕事を続ける姿、精神性の成長が止まるような姿は、危険かもしれない。

この危険というのは、早死にしてしまう可能性がある。なぜならば、精神性の成長を高めるには、次の輪廻転生先に移った方が、精神性の成長高めていける可能性があるためだ。また、今の仕事というのは、未だ経験をしていない魂が、経験をするために順番を待っている可能性もある。

特に危険なのは、子供もいなく、趣味もなく、独身であり、仕事に変化が無く毎日を過ごされている人である。

世の中は常に変化しているため、仕事においても変化があるのが一般的であるが、不労所得などで生活をしている人は、できるだけ何かしらの仕事についたほうが望ましいであろう。

人生に対しての充実感もなければ、自分自身が死後あの世へ旅立った場合、何のために生まれてきたのか後悔してしまう姿も現れやすくなるためである。

仕事においては人間関係が大切なるかもしれない。豆知識として、スピリチャルな目線で仕事における人間関係について紹介させていただこう。

男性は本能的に、物事を見る本能を持っている。古代においては、獣を追い掛けたり、大切な農作物に対して見る機会を多く持ち合わせていたからだ。

女性は化粧でも見られるように、人から見られる意識をもちあわせやすい傾向にある。仕事の多くは見るものも多く、男性に対してはあまり問題はないが、女性においては、人間関係が良く、しっかりと自分自身を意識してくれる職場が望ましいだろう。

男性は、この女性の心理に配慮を行い、満遍なく女性に対して平等に意識をして話しかけるのも大切である。偏った女性ばかりに話を話しかければ、意識してくれない女性は不満を抱き、組織に亀裂が入ってしまう可能性も高まってしまうのだ。


以下のリンク先サイトには、霊視能力が口コミでも評判の高い 杜松 (ネズ) 先生、眞文 (マアヤ) 先生、郁恵 (イクエ) 先生が所属されている。霊能力者探しに迷われる場合は、以下の先生に相談してみるのも良いであろう。



以下のランキングサイトも参考になる情報が眠っている、一度、確認して見るのもお勧めだ。


霊視ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ