霊能力者へ(霊能力相談/霊視相談)

霊能力者への相談に役立つ豆知識

スピリチュアル

ノストラダムスの予言は、実は当たる当たっていた!?  ノストラダムス 

 詐欺師でも有名なノストラダムスの話しだ。1999年に恐怖の大王が天から降りて、世界を破滅にさせるという予言をされた。実際にこの年には、多くの人が、その予言を信じていたのだ。日本だけの話だと言う話もあるが。

もちろん、2000年以降にもこの世界はあり、ノストラダムスは、世の中で最も人を騙した詐欺師としてのレッテルを貼れた。ノストラダムスの詳しい話については、Wikipedia などで参考程度で知っていただければと思う。

ここで話す内容は、ノストラダムスの予言が当る、当たっていた可能性についての話である。

霊能力者が、透視する未来というのは、このブログでは何度も説明しているが、高級霊が憑依をして映像を見せている。日本の霊能力者の中には、神に尋ねるや、神が降りてくるという表現を使う人もいる。

高級霊も様々なランクと呼べるような高さがあり、高級霊の上にも高級霊がいるそうだ。実際に人に憑依をする高級霊は、高級霊の中でもランクが低い高級霊であろう。

高級霊が見える未来というのは、山に登って遠くを見るような姿に近い。仮に、高級霊があらゆる未来や過去について知ることができるとするならば、宇宙の始まりや、宇宙の終わりに対する未来についても知ることができるはずだからである。

太陽系が滅びる未来についても見ることができるであろう。

そのような理由から、高級霊が見える未来や過去に対しては、高級霊によって範囲が違うと考えることもできるはずだ。

はてして、ノストラダムスは、本当に、1999年に世界は滅びると言ったのであろうか。分りやすく伝えるために、1999年ごろと行った可能性もあるであろう。

ノストラダムスが生きていた時代というのは、1500年ぐらいである。1500年からの遠くを見る未来というのは、ある程度曖昧になる可能性も高く、四捨五入をするような姿として、その年代を伝えた可能性もあるはずだ。

2000年よりも、1年前という内容は、2000年までに起きると判断することもできるであろう。

現在の霊能力者でさえ、ピンポイントの時間で未来を言い当てる人などいない。当時の霊能力者においても、何百年先の未来に対して、ピンポイントで年代を当てるのも難しかったはずだ。

ノストラダムスが見た、恐怖の大王が天から落ちてくるなよというのは、広島や長崎などに落ちた原爆だった可能性もあるのではないだろうか。その後様々な原爆の実験によって、恐ろしい姿というのは数多くあるはずだ。

原爆によるとてつもないエネルギーは、特徴のある姿として、ノストラダムスがいた時代からも霊的な意味で、確認することができた可能性もある。

当時の人から見れば、それは、まさに世界が破滅する様なイメージとして見えていたに違いない。

何100年の未来を知ることができるとするならば、天から落ちてくる恐怖の大王以外にも、車や飛行機、些細な人々の生活に対する情報なども、ノストラダムスの言葉として残されているであろう。

分かりやすくイメージするならば、遠くの時間軸において、火山が爆発しているようなイメージではないだろうか。

近くであれば近くほど、その距離は具体的に知ることができ、遠くの未来になればなるほど、曖昧になりやすい。

現に、歴史なので学ぶ内容の多くは、古ければ古いほど、その年代も曖昧になってくる。恐竜などの時代であれば、何万年単位の差で許容範囲が大きくなっていくはずだ。

詐欺師扱いされているノストラダムスは、人を騙すつもりではなく、見たまま感じたまま本当にそのような状況について情報を残されたのであろう。

そもそも、1999年という話は、ノストラダムスが言った年代ではなく、後の人が、本を売る際に、たくさん売る目的として、情報を付け加えたという話もあるのだ。

ノストラダムスという人間は当時、流行病などの対策など、積極的に人のために働いた人物である。

そして、ノストラダムスを詐欺師と言っている人の中にも、実は、ノストラダムスの恩恵を受けている人もいるのだ。日本人であれば、一度はすべての人が必ずその姿を味わっている。

ノストラダムスという人は、保存食として、パンなどにつけるジャムを考えた人でもある。これはしっかりと、公式の医学書に記載されてる内容だ。

ジャムの開発は、保存食としての役割があり、ノストラダムスは、疫病が流行った当時、その対策なども行っている。

このブログでは何度も説明しているが、霊視など霊的な力を与える高級霊は、自分の意思と合う、波長の合う霊能力者に憑依を行って力を授ける。

このような人物が本当に、詐欺師だと言えるだろうか。私自身は、人として優れた人であった可能性が高く、後の後世の人によって、詐欺師と呼ばれる姿に対して残念だと考える。



以下のリンク先サイトには、霊視能力が口コミでも評判の高い 杜松 (ネズ) 先生、眞文 (マアヤ) 先生、郁恵 (イクエ) 先生が所属されている。霊能力者探しに迷われる場合は、以下の先生に相談してみるのも良いであろう。



以下のランキングサイトも参考になる情報が眠っている、一度、確認して見るのもお勧めだ。


霊視ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

スピリチュアルから見た子育てと教育のアドバイス  子育てと教育 

 

私は人の相談に乗る場合もあり、霊的な感性の中で、様々な知識に対して出会う機会を多く持ち合わせている。私自身、頭に入ってくる新しい知識に対して驚かされる場合もあり、その中の一つとして、スピリチャルから見た子育てについて紹介させていただこう。

スピリチャルから見た子育てにおける定義はなく、あくまでも私の直感的な知識であり、あくまでも参考程度にしていただければと思う。

人の成長は主に3段階に分かれる。1段階目は、他者から支えてもらい、自立するための様々な知識を吸収する段階である。2段階目は、自立するほどの力をやしない、自分自身1人で行動起こせる姿だ。3段階目は、自分自身1人で行動が起こせる姿に対して、余った力を、1段階目にある他社から支えてもらう力を与える姿である。

これは理想の人の成長における姿であるが、大人になっても自分のことしか考えない人もいるであろう。

スピリチャルから見た子育てにおける1段階目の目標は、2段階目になるための目標だ。様々な知識を求める傾向にあり、しっかりと、答えてあげていく姿勢が大人には大切であろう。

2歳児や3歳児の子供におもちゃを与えた時、すぐに飽きて、次のおもちゃを求める子供もいるであろう。もう飽きちゃったの、こないだ与えたでしょうと叱る親もいる。

これは飽きたのではなく、もうそのおもちゃを学び終わり、次の刺激を求めているのだ。知識に飢えていると言えるかもしれない。子供のために、あなたのおもちゃを与えるのが本来望ましいが、子供のおもちゃと言って安くないのが現状であろう。

おもちゃのブロックというのは、様々な形に作り変えることができるため、おもちゃのブロックを与えるのも良い。おもちゃのブロックは手を使って遊ぶ姿があるため、脳の発達にも良く、おもちゃのブロックを小さい時から遊ぶ子供は、一般的な子供よりも頭が賢くなりやすい傾向も高いのだ。

2段階目の頃というのは、年齢で言えばだいたい小学生一年生頃である。この年齢までは、些細なことではあまりきつく叱らない方が良い。

行動を起こしてはならないという思いは、行動力を失わさせ、世の中の姿に対して求めてはならないという誤った考え方が身についてしまうためだ。

親の希望によって、子供に無理に何かを学習させる姿もあるであろう。中には大人になった時に、役立つ内容として強制的に学習させる姿などもある。目標が大人になった時であれば、その達成感というのは簡単に味わうことができなくなり、得られる快感がない中で勉強嫌いなってしまう原因の一つとなってしまう。

スピリチャルのける子育てというのは、知りたい欲求というものを常に子供に感じさせ、この世界というのは学ぶ楽しさがあり、様々なことを体験させ知る喜びを子供に提供させて行かなければならない。

エジソンは、幼少の頃、先生に対して、一般的な子供が尋ねないような些細な質問でも質問をしてくるため、先生はエジソンのことを病気だと思い、頭のおかしな子供だとレッテルを貼っていたのだ。

ただし、エジソンの母親はそのようには考えず、この子は様々なことを知りたがっている、知識欲の高い子供だと判断をした。そこでその母親は、エジソンに対して様々な研究道具は与え、その結果エジソンは天才と呼ばれる人まで成し遂げたのだ。

1段階目は、常識などを学ばせるのも大切であるが、知りたいという欲求をより高めていく子育ても大切である。ただ押し付けるのではなく、親が子供に、質問するようなスタイルの教育なども良いかもしれない。

2段階目は、自分1人で行動がとれる姿として、小学一年生から大学卒業までだと思われるかもしれない。

スピリチャルというのは、精神的なという意味もあり、精神的な意味で言えば、大学卒業までではなく、小学生5年生ぐらいまでの年齢である。

小学生に入れば、より社会に対しての知識を学ぶ機会が多くなるであろう。両親よりも、学校の先生の方が様々な知識を持ち合わせているため、両親と違った大人の先生の方に価値を高く持ち合わせてくる場合もある。

そして、様々な知識に出会う中で社会に対しての関心が、高まる場合も現れやすくなる。違った価値感に出会う中で、新たな独自な考えが現れやすくなり、反抗期というものが現れやすくなるのだ。

大人から見れば、大人と違った価値感を持ち合わせているため、反抗期として映るかもしれない。ただし子供から見れば、新しい価値に出会うことで、自分自身がさらに成長したという満足感を得ることができるようになる。

小学生だからといって、子供と思ってはならない。違う価値感を持ち合わせている、大人としての接し方が大切であろう。

親とは違う子供の個性を大切にしなければ、自らの個性を作り出すことが悪いことだと判断をし、親の考えなしでは社会に適応できない子供になってしまう可能性も高まる。

テストの点数が悪くて、子供を叱る親もいるであろう。叱る姿というのは、結果的に、勉強そのものにストレスを与え、極端な話、勉強すれば体に害を与える危険な内容だと判断を行い、勉強=行ってはならない内容だと本能的に判断してしまう可能性も高まるのだ。

不愉快になるような内容ができるだけ避けた方が良い。ある東大生の話になるが、私は別に頭が賢いのではなく、勉強というものをゲームのように考えていたという話がある。

大切なのは、理解をしようとする努力ではなく、どのようになっているのかという疑問を持つことであるとも言っていたのだ。疑問を持つことで、そこに欲求が生まれ、答えが分ることで、その欲求が満たされ、そこに快感が生じるのである。そしてさらに快感を求めることで、勉強に対する意欲が高まっていくのである。

3段階目は、小学6年生以降になり、小学生であろうとも、大人の社会へ積極的に参加する行動を身につけたほうが望ましい。ボランティア活動などでもよいであろう。

社会と触れ合うことで、実際に体験として社会についてよりよく知る中で、自分自身がどのような大人へと歩みたいのか、考える力が身につきやすくなるのだ。

実際の話、その様な活動をしていない人は、高校の進路に迷ったり、高校卒業しても自分自身が何をしたいのか分から人なども多いはずである。

小学6年生ぐらいでは、まだ早いと思われるかもしれない。体の生理的な成長の意味では、12歳ぐらいの女性は、子供が産める年齢として、充分大人と言うことができるのである。

体と精神は、お互い密着な関係でもあり、社会的な大人の意味ではなく、精神的な意味においては、スピリチャルの子育ては、12歳をめどに大人として目標を立てるのが望ましい。

これは私の独断な価値感ではなく、実際に、その様に取り入れている教育の姿もある。その教育の中で育った子供は、高校生だとは思われないほどの大人の姿を持ち合わせ、自分自身で様々な考える力のある精神性の高い大人へと成長を遂げているのである。

スピリチャルにおける子育てとは、少し話がかけ離れてしまうかもしれないが、過去に私は警備会社で働いていたことがあるのだ。それまでは、全くと言って勉強はせず、勉強そのものものに興味はなかった。

警備会社の仕事内容は暇である。何か特別なことがあればすぐに目につき対処することも出来る。特別なことなどは頻繁の起きるものではない。相当暇だったのだ。時計の針を見た時、5分を指していた。5分たったと思って針を見れば、25分経ってるでないか。

私自身、とてつもなく恐怖を感じた。私の脳細胞は死んでいるのではないかと。または止まっているのではと感じたのだ。それ以降私は脳の仕組みなども含め様々な本を読み、様々なことを考えることにしたのだ。

今までの、100倍は考えるようにだった。そのような中で、様々なことを知る大切さ、喜び、満足感などを感じれるようになったのだ。警備会社での出来事は、内面を鍛える修行、様々な知識を得るための宿命としての期間だったと今は考えている。

このブログが少し理屈っぽいのは、警備会社での経験が影響しているのだ。そのため、私のこのブログは、どこからの知識をただ引用してるのではなく、このブログの特徴として、自分自身で考えている姿もあるだろう。

全く勉強しない子供には、考えることをやめると、脳細胞が死に、数年後には、60歳くらいのお年寄りになってしまうと伝えてみるのも良いかもしれない。

嘘の話として、現在のお年寄りの多くは、勉強しないため、お年寄りになってしまったと伝えるのも良いであろう。焦りから、私のように、何かしらを知る喜びが湧いてくるかもしれない。

余談であるが、私個人として勉強という言葉は、あまり好ましくない名前だと考える。勉強の強いには、強制などの強い言葉がある。人の記憶というのは、似た者同士が近くに集まっているとも言われている。

つまり、勉強という時は、強制的に押しつけるようなイメージを連想させてしまう可能性が高まるのだ。

人は、心理的に強い圧迫感に対して、倒れないように、反発する逆の心理的なエネルギーが生じやすくなる。勉強を追い払おうとする様な心理的な働きだ。

子供の勉強嫌いは、実はこの勉強と言う字にあるかもしれない。そのため、スピリチャルからの子育てにおいては、勉強という言葉は極力避け、学習や知識を楽しむ、などの言葉に置き換えた方が望ましい。




以下のリンク先サイトには、霊視能力が口コミでも評判の高い 杜松 (ネズ) 先生、眞文 (マアヤ) 先生、郁恵 (イクエ) 先生が所属されている。霊能力者探しに迷われる場合は、以下の先生に相談してみるのも良いであろう。



以下のランキングサイトも参考になる情報が眠っている、一度、確認して見るのもお勧めだ。


霊視ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

スピリチュアルで語られる守護霊、高級霊、低級霊の違いとは  守護霊、高級霊、低級霊の違い 

 スピリチュアルで語られる、守護霊、高級霊、低級霊などの言葉は、学校では教わらない言葉であり、一般的な人同士でも、会話の中で現れる言葉でもない。インターネット上でも、紹介されている場合もあるが、少し私は、そのような内容と違う視点で紹介させていただきたいと思う。

守護霊の中には、先祖霊や、自分の職業などの才能を導く、指導霊などもいる。これらの霊は入れ替わることもあるともいわれ、唯一、生まれた時から亡くなるまで、そばを離れない霊もいる。これを主護霊と呼ばれている場合もある。一般的にこの霊は、自分の先祖である400年前から700年前の霊ともいわれている。男性は男性、女性は女性の霊がつくことが一般的だ。

この年代においては、霊能力者の中でも、様々な意見が分かれている場合もある。

守護霊と聞くと、自分を守ってくれる便利な霊だと思われるかもしれない。

守護霊の話をすると、このような疑問を持つ人がいる。守護霊がいるのであれば、何故、自殺や犯罪などが起きてしまうかという矛盾を抱えるような話である。

守護霊という名前がついているが、必ず、守ってくれるものではない。また、万能な力のある持ち主でもなく、力のある警察官のような存在でもない。様々な経験を積み重ねる中、人生経験が高く、生きている人よりも多少霊感が強い持ち主というイメージだ。

守るというよりも、監視をしているという姿の方が近いかもしれない。一般的に守護霊と対話できる、霊能力者は、この主護霊を通して個人的な様々な知識を知ることができるようになるのだ。

死に対する考えは、生きている人とは、別の価値感を持ち合わせていると考える事もできるであろう。死は、なくなるものではなく、大切なのは、人生での様々な経験と言う認識を持っている。

自殺された人は、人々が悲しむ姿を見て、その姿に後悔することで心を痛め、その思いが来生への生まれる目的となる場合もあるのだ。

高級霊とは、守護霊よりもさらに上の世界にいる霊であり、守護霊の世界や現地における世界の管理者であり、バランスについて常に心がけている霊である。

私達は便宜上、高級霊という言葉によってひとくくりにしているが。高級霊の上にも高級霊がいる。その上にも高級霊がいるとされ、それはどこまで続いてるのかは、地上にメッセージを伝える高級霊自身も分からないとされている。

高級霊と聞くと、なんだか偉そうな奴、自分自身を高級霊というのは自画自賛、何様のつもりだと思われるかもしれない。

これは、高級霊自身がそのように言ってるのではなく、現世の人が、分かりやすく認識するためにそのようにつけた名前だ。

低級霊とは、生きた人が亡くなり、この現世に執着している魂だ。浮遊霊や悪霊と呼ばれる場合もある。

浮遊霊と悪霊の違いは、浮遊霊は、あの世へ帰らず、自分自身が死んでることすら気づかず認めず、生きてる人と同じように、日々の生活を普通に暮らしているような霊だ。悪霊というのは、死んでることは気づいているか気付いていないか分からないか、故意に人に憑依行い、現世で満たされなかった思いを満たしたい霊や、自分の存在を求めて、生きてる人に注目をされたく、悪さなどをする様な霊である。

高級霊と低級霊の違いは、高級霊は目的を達成すれば、すぐに、霊能力者としての霊媒者から離れるが、低級霊は、欲が満たされるその心地よい姿から、さらに強い意欲を求めて、ずっと憑依し続ける霊である。浮遊霊なども同じく、現世に対して執着している霊と言えるであろう。

成仏するという言葉がある。一見この言葉の意味からすると、あの世において神々になっている姿だと思われる場合もあるであろう。

正確にはそのような内容ではない。あの世の世界に旅立ち、精神の循環において、本来のあるべき世界へ旅立ったという状態だ。ものすごい力のある神々に生まれ変わったのではない。

低級霊は幼い魂であり、高級霊は、大人の魂だと言われる場合もある。これもまた、何を偉そうなこと言ってるんだと思われるかもしれない。

人の成長について考えてみてくれたまえ。赤ちゃんから大人へと移る成長というのは、まずは他者から支えてもらい、次に自分自身で自立を行い、自立以上の力があれば、人を支える姿を持たなければならない。そのことによって、支えてもらい、支える世の中の循環がうまく働くことができるようになるのだ。

低級霊の姿というのは、他者を支えるというよりも、自分自身の欲望を満たす行為である。それはまるで赤ちゃんが、自分自身の欲を満たしたがっている姿でもあり、幼き魂といえるであろう。

高級霊が行う、人への貢献というのは、まさに大人の持ち合わせている行為である。

ではなぜ高級霊は、人々の悩みや苦しみについて解き放とうとしているのであろうか。他人のような存在でもあり、お金になることもなければ、高級霊自身にとって何もメリットはない。

人の苦しみや悩みというのは、その心情は、様々な霊に影響を与え、直にその思いを伝えてしまう場合もあるんだ。

このような話を聞いたことがないであろうか。悲しみや苦しみを抱いていると、育てている周りの花々がすぐに枯れてしまうという話だ。

高級霊は、あの世の管理者であり、現世での管理者であるため、人々の苦しみを黙って見過ごすことができない。

そのため、霊媒者である霊能力者を使って、人々の悩みをけど相談に応じ、解決へと導く努力を行われているのである。

スピリチャルについて興味のある人の中には、高級霊に対しては勘違いされる場合もあり、高級霊を崇めれば、幸せが訪れるという間違った認識である。まさにそのような姿があるとするならば、それは高級霊という名を語った悪霊の仕わざに違いないであろう。

高級霊は、自分自身の力をただ自慢したいために、人々に手を差し伸べているのではない。


高級霊が、会社が利益になるような仕事に対するアドバイスをされる場合もある。一見、経営者の欲を満たすようないように思われてしまう場合もあるが、会社が利益を生み出せば、社員を雇い入れることもでき、多くの人に様々な経験をさせる事にもつながるであろう。

高級霊の使命は、人の悩みの問題のみならず、人々の人生におけるカルマの清算や、生まれてくる目的を達成させるために、様々な場所で手を差し伸べている場合もあるのだ。

少し難しい説明だったかもしれないが、スピリチャルで語られる守護霊、高級霊、低級霊の違いについて、少しは理解していただいたと思う。


以下のリンク先サイトには、霊視能力が口コミでも評判の高い 杜松 (ネズ) 先生、眞文 (マアヤ) 先生、郁恵 (イクエ) 先生が所属されている。霊能力者探しに迷われる場合は、以下の先生に相談してみるのも良いであろう。



以下のランキングサイトも参考になる情報が眠っている、一度、確認して見るのもお勧めだ。


霊視ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

沖縄の斎場御嶽は霊力の高いパワースポット  斎場御嶽 

 

霊能力者に関心のある人の中には、沖縄県にある斎場御嶽をご存知かもしれない。御嶽(ウタキ)というのは、沖縄では聖なる場所を現し、人々が拝む場所として言われている場合もある。

多少霊感が高い人であれば、斎場御嶽に入った瞬間、違う空気に覆われているような雰囲気を感じられる場合もあるかもしれない。実際に私も足を運んだ事はあるが、私個人が感じられる内容は、昔の縄文時代の雰囲気であり、日本の各地にもこのような雰囲気が日本を覆っていたと感じることだ。

斎場御嶽は、沖縄では最も人が集まる観光地だともいわいている。人々の神聖な想いが、その場の空気を作り変えて、土地柄がパワースポット化する場合などもあるであろう。

この斎場御嶽で有名な姿は、写真でも見られるように石が支え合う姿である。石に神聖な姿が現れる場合もあるかもしれないが、私が注目してるのは、2つの力が支え合う状態だ。

DNAのらせん状も2つあり、人間には男と女がいる。自然の環境には、再生と崩壊を繰り返す姿などもあるであろう。石が支えあってああすごいのではなく、その象徴を表す姿としての意義も強く感じるものである。

このような場所に神が降臨するという話しは、まんざら迷信ではないのかもしれない。

霊感を高めたい人や、霊能力者を目指されている方、スピリチュアルなどに関心のある人はぜひ一度足を運んでみるのもよいであろう。

人は輪廻転生を繰り返す中、過去世における記憶なども潜在意識に記憶されてるとも言われてる場合がある。古代を感じさせるようなパワースポットは、潜在意識に刺激を与えやすく、現在の生きる意味や目標なども見えてくるはずであろう。

沖縄にはユタと呼ばれる霊能力者の人たちもいる。その霊能力者の人に相談をする傍ら、この地に足を運んでみるのもよいであろう。

ただし沖縄のユタには、拝み屋と呼ばれる霊的な力の低い人たちも、ユタとして活動されてる人もいるのだ。騙されないように、様々な情報集め、しっかりと確認をするのも大切である。

霊感の高い人であれば、写真を見ただけでも、その場の雰囲気について感じることができる場合もあるであろう。


googleのストリートビューでも公開されているため、沖縄に足を簡単に運べない人は、ストリートビューで体験してみるのお勧めである。




以下のリンク先サイトには、霊視能力が口コミでも評判の高い 杜松 (ネズ) 先生、眞文 (マアヤ) 先生、郁恵 (イクエ) 先生が所属されている。霊能力者探しに迷われる場合は、以下の先生に相談してみるのも良いであろう。



以下のランキングサイトも参考になる情報が眠っている、一度、確認して見るのもお勧めだ。


霊視ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

うざいと思われるスピチュアルの存在 うざい 

 

スピリッチュアルに関わる話題について、うざいと思われてしまう場合もあるであろう。霊能力者について、肯定的な内容ばかり紹介してきたが、私は一般の人よりも霊的な感性が少し高いため、逆の視点から見て少し考えさせていただきたいと思う。

うざいという言葉は、受け入れられたくない、聞きたくない、目に触れたくないという思いを持ち合わせているであろう。中にはスピリチュアルという言葉を聞いただけで、ストレスを感じてしまう人もいるかもしれない。

スピリチャルを肯定的に受け止めている人であれば、そのような人に対してうざいのであれば、うざいで結構、そのような思いを抱いてる人はかからなくていいと言う人が現れるのもいるであろう。

私はここで語る内容は、スピリチュアルというものがうざいのではなく、内容とは関わりがなく、なぜ、うざいと思われてしまう理由についてだ。

人は、様々な知識を自分自身に取り入れることによって、自分自身という個性を作り出していく。他人と差が現れることで、それが自分自身の個性となり、その個性は世界に少ない姿として、希少価値を生む場合もあるであろう。

中には自分自身が吸収した知識と同じ知識を共有し合う人同士で、仲間意識が現れ、お互いを認識する中で、客観的に自分の存在というものを感じることもできる。そこには自分自身の存在意義を感じさせる場合もあるであろう。

スピリチャルという、共通して学校で教わらない知識というものが、大きな姿として現れれば、個性の強い人にとっては、個性を失ってしまうものとして危機感を感じてしまう場合もあるのだ。

特に、霊的な姿を信じない現実主義者にとっては、周りの人たちがスピリチャルの真実を信じ始めることによって、周りの人たちの意識が自分自身に集まらなくなり、孤立化することで、自分の存在価値がなくなり、危機感を感じてしまう場合もある。

個性の強すぎる人にとっては、自分自身を消し去ってしまうような集団に溶け込む姿に対しても不安を抱いてしまう場合もあるであろう。

霊能力者の力や霊的な力というのは、一般の人が持ち合わせていない力もある。人が理解できないような力というのは、潜在的に大きな力だと感じてしまう場合もあるだろ。

大きな力が押し寄せてくるような思いは、心神は、その大きな力に対して倒れないように反発の思いが湧いてくる場合もある。それを押し返そうとする思いが、うざいという言葉として現れるのだ。

私はこれ言いたいのは、うざいと思われてる人はスピリチャルだからうざいのではない。理解できない大きな力を感じる中で、反発力に対する、うざい思いだ。

あくまでも例えばなしになるが、このようにうざいと思われてる人は、世間の多くの人達が漫画を好み、自分で自身では理解できない漫画の話ばかりを語る姿が大きくなれば、うざいと思われてしまう心境が現れやすくなる。

あくまでも一部の傾向であるが、うざいという人の中には、コンプレックス等の理由などを含めて何かしら寂しい思いを持ち合わせている場合もある。寂しさを埋めるために人から注目をされたいという思いを持ち合わせている場合もあるのだ。

自分自身が理解が出来ず、周りの人たちが話すスピリチャルの話題というのは、その場の中に入れないことで自分自身が捨てられてしまう、意識してくれない、孤立をしてしまう不安を抱きやすくなるであろう。うざいという思いの中には、このような思いが隠されてる場合もある。

スピリチュアルを語る人は、無理に宗教的な意味で広げるのではなく、知りたいと思われてる人に伝えていく思いを心がけるのも大切であろうか

最もうざいと思う理由は、従来において霊的な内容というのは、社会的に認められているものではなかった。そう信じていて、そのように認識をしていた人たちとは、そのような記憶を頭の中に入れて自分という人間を作り出してきたのである。

テレビなどで紹介する中や、実際に相談される人もいる中、徐々にその認識には変化が現れ始めてきているのだ。

未だにスピリチュアル的な内容について信じない人にとっては、それを信じることは、過去の自分の認識が間違っていたことであり、自分自身の価値が悪い自分という人間を不定するような思いを抱きやすくなるであろう。

自分自身の行為や考えが正しいと信じきっている頑固の持ち主にとっては、スピリチャルに対してうざい思いを抱きやすくもなるであろう。自分自身を否定するような内容は、自分の存在そのものを否定するような姿になってしまうためである。つまり、うざいと思われる人は、頑固の思いを持ち合わせている存在である可能性が高い。




以下のリンク先サイトには、霊視能力が口コミでも評判の高い 杜松 (ネズ) 先生、眞文 (マアヤ) 先生、郁恵 (イクエ) 先生が所属されている。霊能力者探しに迷われる場合は、以下の先生に相談してみるのも良いであろう。



以下のランキングサイトも参考になる情報が眠っている、一度、確認して見るのもお勧めだ。


霊視ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ