人はなぜ?前世を忘れて生まれて来るのであろうか
前世を忘れる

人はなぜ?前世を忘れて生まれて来るのであろうか?

 この話については、過去に似た様な話しとして、人はなぜあの世の事をを忘れて生まれてくるのかについて話をさせて頂いた。

この時は、忘れている方が、現世を懸命に生きる事となり、 仮に覚えていれば、現世を投げ出してしまう人も現れやすくなるためではないかと紹介させていただいた。

今回は、 違う角度から、話をさせて頂きたいと思う。前世を知っていれば、現世での生きる目標も見出しやすくなり、現世での生きる目的も探しやすく、より後悔の無い人生を歩みやすくもなるであろう。

ただし、多くの人が、前世について覚えて無い場合がほとんどのはずだ。そのため、前世そのものの存在について、迷信的な内容だと思われやすくもある。

私自身、少しばかり東洋思想の陰陽について、 認めている傾向もあり、前世について忘れて生まれてくるのも、この陰陽の法則が働いているのではないかと考える。

陰陽とは、陰陽と言う物が存在しているのでは無く、男や女、誕生や死、晴れや雨、など、相反する内容を一言で現した言葉でもある。

陰陽について、詳しくここで話をすると、このページのタイトルの趣旨とは違ってくるため、多くの事は語らないが、東洋思想では、全ての出来事は、陰の気と、陽の気の組み合わせにしか過ぎないと考えられている。

この様な話をすると、陰と陽意外にも世の中には様々な物があるではないかと思われる人もいるかもしれない。

端末で見ている、インターネットの内容は、プログラム言語で成り立っているものであり、このプログラム言語は、0と1の組み合わせだけによって 成り立っている。

マシン語


全てのソフトは、機械にしか判断が出来ない0と1のマシン語に置き換えられて、ソフトのプログラムが処理されている。デジタル技術とも呼ばれ、映画のマトリックスでも似たような表現がされている。

0と1の組み合わせだけによって、あらゆる内容を表現することが出来るのだ。 東洋思想は、昔の中国人が発見した内容であるが、現在にでも通じる内容でもあるであろう。

私たちの基礎となっている原子は、陽子と、電子で成り立っているものであり、これも、陰陽の組み合わせとでも呼べるではないであろうか。

ちなみに、私達が普段使っている曜日も陰陽の組み合わせで表現されている、火、水、木、金、土であり、日は、陰を含まい純粋な陽、月は、陽を含まい純粋な陰を現しているのだ。



下の図は、太極図と呼ばれ、陰陽の姿を現している図でもある。変わった図であるが、下から見ると、小さな陽は、徐々に大きくなり、大人へと成長した物は、やがて力が衰えて行く姿も現している。東洋思想では、陰陽は循環している考え方もあるのだ。

太極図



それはまるで、人の血液の動脈と静脈の様な関係でもある。

東洋思想では、陰の中にも陽が存在し、陰の中にも陽が存在していると考えられている。男の中にも小さな女の心があり、女の中にも小さな男の心があると思っていただくのが分かりやすいかもしれない。

東洋思想の陰陽から見える内容として、人はなぜ?前世を忘れて生まれて来るのであろうかについて、分かった方もいるのではないであろうか。

あの世へいた時は、当たり前の話しとして、その世界にいるためあの世の存在を知っているであろう。陰陽の法則が働けば、陽(あの世にいて覚えている)→陰(生まれてあの世の事を忘れる)力に変わって行く。

死を迎える事によって、陰(現世で忘れる)→陽(あの世で再び思い出す)と言う流れ、この様な力が働いているのではないであろうかと考える。

現世では、あの世の事を忘れる力が働いているのであれば、霊能力者の存在は、あの世の事を語る姿に矛盾を感じるかもしれないが、陰と陽との法則が働いているため、一部の人は覚えていると、ほとんどの人は覚えていない陰と陽の法則が働いている考え方もあるかもしれない。

東洋思想は、血液が循環している様に、循環も大切に考える。全く、忘れてしまうと、人が死を迎えた時、何が起きたのか分からず、魂が現世に執着してしまう場合もあるであろう。

霊的な力を多少見せる事で、霊的な世界がある可能性について社会に知らせ、あの世へ帰りやすくする使命などもあるのではないであろうか。

陰陽の法則が、あの世とこの世にも大きな目で働いているとするならば、霊的な力を認めない人、批判する人がいてもおかしくはないであろう。なぜならば、陰の力として忘れる力が働いているためである。

陰陽の法則の未来における結末が、どの様な力として姿を現すかは予測がつかないが、陰と陽とが入れ替わる事があれば、あの世では現世の事は忘れる、現世ではあの世の事を思い出すと言う様な、逆転する話しもあるかもしれない。

あくまでも一般論として、前世では女性だった人が男性として生まれ変わる話しもよく有り、逆に、前世は、男性だった人が女性として生まれ変わる話しもよくある。

又、前世で声を失った人が、現世では歌手として活躍したり、前世で孤独だった人が、現世では、友達に恵まれる人生もよくある話しでもある。

これが事実であれば、あの世とこの世とは、まさに陰と陽の関係であり、陰陽の力が働いているとも考えれるであろう。

欲求が生まれる(陽)、欲求を消費する(陰)の力もあり、前世での悔いが、現世で成し遂げる話しもある。

前世の話しでは無いが、人の生霊とは、エネルギーが生まれれば、何かしらの形によって消費されるものでもあり、生霊を放つ、生霊を受ける、の法則には気をつけなければならない。


霊視能力、霊視鑑定における霊視にも様々であり、視える内容に対してご自分で解釈されている方もいられる。直感力も高いため、判断に鈍る事は無いと思われるが。その様な中で、私がお勧めするのは、霊視のみならず、守護霊対話ができる先生方だ。

守護霊対話能力は、更に力が必要とされ、能力者も少ない傾向として高い。そのため、対面では探しきれない場合もあるであろう。守護霊対話をも望まれる場合は、力のある霊能力者が集まりやすい、電話占いサイトの利用もお勧めである。

電話占いおいても、割合としては少ないが、直ぐに探しやすいメリットもあるためだ。

力のある人ほど、力を全うしなければならず、全国規模で既に相談者が多く集まる電話占いサイトに所属されている場合もよくある話しである。又、運営会社が、力のある人をスカウトされている場合もあり、地域によっては、対面によって出会えない可能性も高まっているかもしれない。守護霊対話をも望まれる場合は、一度、ご参考に頭の片隅に入れていただくのもポイントである。

現在、悩みを抱えている場合は、一度、霊視相談を受けてみてみるのもお勧めである。霊視相談とは、未来を見通す力や、守護霊対話などのコミュニケーションによって、知らない情報などを高級霊などの守護霊や先祖霊などからアドバイスを受け取る相談方法である。

恋愛の悩みはもちろんの事、仕事の悩みや、人生の悩みに対して、力を発揮させてくるであろう。

霊視占いと名乗っている場合もあるが、それは建前上であり、霊視によって相談されている場合がほとんどである。占いの占術の中でも、最も人気の高いのが霊視占い(相談)だ。

現在、旬で話題の口コミでも評判の高い霊視相談は、以下のサイトがお勧めである。鑑定中の表記も多く、力のある先生方が所属されているのも分かるであろう。

霊視が出来るほどのの力であれば、霊視可能な先生全てがお勧めであるが、私個人としては、守護霊対話能力のある先生を参考にさせていただいている。

ただし、得意分野にも違いがあるため、相談内容に合う先生を探されるのも大切である。霊視が出来るからと言って、必ず浄霊が出来るとは限らない。霊に対して、優しく悟らせる力を必要とするためだ。

現在においての、一押しの先生は、オードリーメーカー先生、咲輝先生、空庵先生だ。

出会いを求められる場合は、自身のオーラーに影響を与えてくれる波動修正などもお勧めである。リリス先生もご参考までに。

以下のサイトには、先生方のプロフィールが記載されている。プロフィールからは、先生の能力の傾向を把握できるであろう。

相談者の中には、霊感占い師、霊能力者=万能な能力者と思い込んでいる人もいる。万能であれば、相談に応じる事無く、東大生並の知識を手に入れているはずだ。

先生方は、人生経験の中で、相談に応じるための経験と知識を学ばされ、相談に応じる範囲しか対応が出来ない。

念を押すが、必ず、相談したい内容と、先生の能力+先生の言葉を照り合わせる事、心が引き寄せられた場合は、自身の守護霊が導かれている場合も隠されている。

これらの内容は、お互い、良い環境で相談が応じ会えやすい、ワンポイントアドバイスでもある。

上記の先生方が所属されている、話題で人気の絆へは、このリンク文字から


最新の霊視相談情報サイト、最新の詳しく紹介されている

スピリチュアル、霊視情報を知りたい方は、以下のランキングサイトへアクセスへ



霊視ランキング