水子供養と水子の祟りについて、年齢は?
水子供養と祟り

水子供養と水子の祟りについてと、年齢は?

私の兄弟の中にも、水子がいたため、水子供養と水子の祟りについて少し長文になるが紹介させていただこう。年齢についても触れさせていただく。

先に水子の祟りについての話しであるが、インターネット上では水子は、祟る事は無いと紹介されている情報もあり、その中には、真っ白な魂であるため、純粋でもあり、その魂は祟る事は無いと、あるお寺のお坊さんが情報を流されている。

私自身これには異論があり、お坊さんでありながら、輪廻転生についてのことをどう思ってるのであろうかと疑いたくなる場合もある。真っ白な紙では無く、前世を含め、様々な経験がもうすでに魂には刻み込まれているはずだ。 生まれてくる目的があるため、生まれて来ようと決心するのであり、まったく真っ白な純粋はありえない。少なくても、行動を起こしたい欲求は抱えているはずであろう。

仏教では輪廻転生を肯定的に受け入れているものであり、水子供養を行うための、宣伝文句の様も見えてくる。

祟りの言葉の意味の違いによって、水子は祟る場合もあれば、祟らない場合もあると私は考える。

私自身の兄弟に水子がいると気づいたのは、違う内容として初めて霊能力者の方に相談へ足を運ばれた時であり、出会った瞬間に霊能力者の方から、あなたの兄弟に女の子がいると言われた次第だ。

私は日中に頭がぼーとし、周りの様子が分からなくなってしまう場合もあり、そのことについても霊能力者の方は話をしていないにも関わらず指摘し、水子の女の子から来ていると伝えてきた。

ぼーとは、ただ疲れてほうけているのではなく、お酒を飲んでいないに関わらずお酒を飲みすぎて周りが分からなくなってくる様な状態に近く、頭の周りに霧がかかっているような感覚が日中に突然現れていたのだ。西遊記に出てくる孫悟空がつけている頭の輪っかのようなイメージであり、抑えられているような感覚もある。

この状態は、軽い睡眠をとれば元の状態に戻るのであるが、日中にスイッチが入ったように、いきなりその様な状態が起こされる場合もあった。

霊能力者の方に指摘された時、過去の子供の頃に母親から水子がいる事を思い出し、それまでずっと水子については意識する事すら無かったのである。

もしかすれば、霊能力者への導きも、私の兄弟の水子が導いたのかもしれない。

祟りと言う言葉は、人のとらえ方次第でもあり悪意があるのか無いのかについても話は変わるであろう。

人が生まれてくる目的の中には、この世界を実体験して、様々な経験したい目的がある。


水子自身も、その様な目的の中で、生まれようと目的を持ち合わせていたものであり、私自身に憑依をしてでも、少しでも体感したい思いもあったはずだ。


水子の多くは、自分自身が、水子になった瞬間から直ぐにはあの世へ帰ろうとはしない。あの世の世界と言うのは心の世界であり、現世のこの世界とは話が変わってくる。


これは例えば、遊園地に行った場合、多くの人は、その遊園地の中に入って楽しむ事が出来るが、水子自身は、門の前で入れない様なイメージだ。

生まれてくる心のエネルギーは強く、水子の魂は、現世に対して強い執着心を持ち合わせている。 満たされていない思いも強いため、浮遊霊よりも現世に対する執着心は強い可能性も高い。

水子が憑依をする主な理由は、恨みを晴らすための祟りではなく、子供が純粋に他人のおもちゃを羨ましがるようなイメージでもあり、様々な経験をしたい思いに溢れているのだ。

ある程度このような思いが満たされれば、心のエネルギーは消費されることで収まりやすくなり、自らあの世へ帰る場合もあれば、高級霊や、先祖などが連れ戻しやすくなり、時間はかかるが再び生まれる準備に取りかかる。

これは生きてる人も同じく、目的を持ってある場所に足を運んだ際、そこに入れなければ不満を抱く人も多いであろう。そのまま帰るよりは、多少何か違う経験をして楽しんでから帰る方が心を落ち着かせる場合もあるはずだ。


水子供養の話になるが、水子供養は行った方が良い。意識してあげるだけで、心が満たされ、あの世へ帰りやすくなり、再びこの世に生まれやすくもなるためだ。


ただし、中には、水子供養したのだから、もう二度と悪さをしないでね。水子供養したのに効果がない。あのお坊さん力がないのでは、と言う思いは、水子に不満を与え、悪い影響与えてしまうため、気をつけねばならない内容でもある。

水子は、同じ家族として、家族に憑依をしやすい特徴がある。憑依を受けている場合は、思っている内容なども水子には筒抜けであり、何を考えてるのかも知れ渡っている場合もあるのだ。

水子によっては、ラップ音を引き起こしたり、皿が真っ二つに割れたりする場合もある。これは悪さを目的としているのでは無く、現世に何かしら働きを与え、メッセージを伝えるのはその手段しか方法がない場合もあるためだ。生きている人と同じ価値観で物事を考えてはならない。

逆の立場になって考えれば、水子が起こす行動もある程度理解できるのではないであろうか。

私自身の場合は、ラップ音などもあれば、まるでレーザー光線で割ったように皿が真っ二つに割れていた場合もあった。

私自身が調べた中では、これらの特殊な現象が起こるのは、霊感の高い人が身近にいる場合に起き起きやすく、一般的な人であれば、驚く様な現象はほとんど起きる事は無いであろう。私自身多少一般の人よりも霊感が高く、霊感が高いために起こされた内容でもある。

ちなみに、霊感が高いとなぜこのような現象が起きてしまうかと言うと、霊感が高い人からは目に見えない、エクトプラズムと呼ばれる様な、精神と物質の半分の状態である物質が大量に出ていると言われ、霊はそれを使って、物理的な現世に影響与えれるとも言われているのだ。

江原博之氏は、水子については、しっかり意識をしてあげる事が大切であり、しっかり心の中で話し合う思いも大切であると紹介されている。しっかりと水子が聞きているものであり、心が満たされ落ち着きを取り戻す中で再びこの家族に生まれてきたいと思い、あの世へ帰るのも早まる場合もあるであろう。

水子の年齢は、輪廻転生する中で、精神性には違いがあるが、ベースとなる様な生まれるために必要な精神的エネルギーは、大体2、3才ぐらいの幼児である。

2、3才位の幼児であるため、生まれた当初は体を上手く扱うことが出来ないが、親の顔を見て笑顔になる理解力もあれば、泣いてしまう意識もあるのだ。

そもそも2、3才位の幼児でなければ、言葉を発する意思や、親の顔見てそれが笑顔だとの認識なども持てれないであろう。そのため、真っ白な状態から生まれてくるのでは無い。

実際の2、3才までは、体をコントロールするためのトレーニングであり、本当の意味での現世における精神的な成長は、それ以降始まるものでもある。

本当に、恨みを晴らすために水子が祟る話しも捨てきれない。輪廻転生をする中では、良くも悪くも様々な経験をされており、魂は恨みに対する概念を知り得ている可能性もあるためだ。

水子自身も様々な個性があり、物事の抱く価値観もそれぞれ違う可能性もある。

現に、3才ぐらいの幼児の中には、両親が弟や妹に意識を多く向ける事で、自分自身が見捨てられた様な思いを抱き、弟や妹をいじめる子供も少なからずいる。カインコンプレックスと呼ばれる心情であるが、水子自身も抱く可能性もあるであろう。

私自身、水子の祟りについて考える場合、少し難しい問題だと考えてしまう場合もある。祟りと言って恐怖を感じる内容は、少なくても現世の人は恐怖における反応を引き起こしているのであり、気づいて欲しいために、頻繁に恐怖を起こす行動を水子が引き起こしかねない。

とは言っても、水子は、祟らないと考えてしまえば、水子に対する意識をする人も少なくなってしまい、忘れられやすく、水子自身に不満を与えてしまう可能性も高まる。

薬と言うのは、実際にお腹などが痛くならなければ、薬のありがたみというのは分からない人も多いはずだ。水子の事を考えれば、多少は水子の祟りも致し方がない考え方なのかもしれない。

悪意はなく、致し方がなく水子になってしまった場合もあれば、故意によって、水子になった場合もあるであろう。

水子にとっては、もちろん故意の方が不満は大きいが、生まれてきたかった思いは同じであり、意識して欲しい思いは、どちらとも持ち合わせている同じ思いでもある。

水子の悩みは、霊視能力と守護霊対話能力のある霊能力者へ相談されるのがお勧めだ。守護霊対話が出来き、尚且霊視能力のある霊能力者であれば、直接、水子と会話が出来る人もいるため、水子の思いを少しでも満たしてあげれる可能性も高い。

ただ供養するのではなく、実際に思いを聞いてみるのもお勧めであろう。

これは、逆の水子の立場として考えれば、具体的に霊能力者に伝えれる方が心が満たされる思いも分かるではないであろうか。

現在、悩みを抱えている場合は、一度、霊視相談を受けてみてみるのもお勧めである。霊視相談とは、未来を見通す力や、守護霊対話などのコミュニケーションによって、知らない情報などを高級霊などの守護霊や先祖霊などからアドバイスを受け取る相談方法である。

恋愛の悩みはもちろんの事、仕事の悩みや、人生の悩みに対して、力を発揮させてくるであろう。

霊視占いと名乗っている場合もあるが、それは建前上であり、霊視によって相談されている場合がほとんどである。占いの占術の中でも、最も人気の高いのが霊視占い(相談)だ。

そのため、霊視相談は、人気が高いため、人気の占いサイトでは、当たる確率も高く、信頼されている霊視占いを全面的に扱っている。

以下のサイトは、口コミでも評判の高い、上位三サイトである。

以下の先生方は、先生としても口コミで評判が高い先生として紹介させていただいている。ただし、何度もこのブログで説明しているが先生方の能力にも多少の差や違いがある。

各サイトの公式サイト内には、個人の先生方の能力や最新情報なども含め、より詳しい情報が紹介されている。そのため、より情報を詳しく知りたい場合、又は、興味のある方は、以下のサイト内で確認していただきたい。

実際に、相談をされる場合は、先生方の霊能力、霊視能力に驚かせられるであろう。悩みを抱えている場合、今の現状に変化を起こしたいなどの思い、相談内容の答えが、自分自身に価値のある内容として心の悩みを解き放ち、幸せの道へとの糧としていただければ幸いである。


◯ヴェルニー


ヴェルニーは、様々な占術のトップクラスの先生に所属してもらっている様なイメージだ。
霊視においても、トップクラスの先生が所属されている。

お勧めの先生は、杜松 (ネズ) 先生 眞文 (マアヤ) 先生  郁恵 (イクエ) 先生が所属だ。

こちらの三人の先生方は、基本的に生年月日を必要としないため、生年月日を尋ねる相談に不信感を抱いている人は、この三人の先生の内の一人に相談をされるのもお勧めである。


>>上記の先生方が所属する
霊視相談への公式サイトへは、こちらから



◯ウィル


ウィルは、霊視における専門性が高く、初めての方でも利用しやすいサイトである。

ウィルは、霊視による専門性が強いため、ヴェルニーの様に多く先生が所属されている訳では無い。そのため、力のある先生も探しやすく、霊視専門のエキスパートが集まる様なサイトになっている。

お勧めの先生は、月村天音先生(ツキムラアマネ)、櫻井撫子先生(サクライナデシコ)、貞心先生(テイシン)である。 霊感の高い人であれば、その霊的な力が伝わって来るであろう。

>>上記の先生方が所属する
霊視相談への公式サイトへは、こちらから


◯ピュアリ

霊視相談サイト ピュアリは、テレビにでも出演される場合もある、美愛(びあん)先生が所属されている。ピュアリにとっては、ピュアリの顔であり、エース級の先生だ。

美愛(びあん)先生は、人気が高く、サイト内で常に鑑定を受けている印象がある。予約などで一杯かもしれないが、予約に不満は無く、一度、テレビでも紹介されている様な先生に相談をしたい場合はお勧めだ。

>>上記の先生方が所属する
霊視相談への公式サイトへは、こちらから



*上記の先生方は、人気の先生であるため、鑑定中もよくある。特に土、日などの休日は、霊視相談を受けたい相談者の方が多く集まり、その日に相談ができない場合もあるかもしれない。スケジュールの確認を行い、平日の時間に相談をされる方が相談をしやすい場合もある。

これらの三つのサイトを拝見すれば、多少は、本物の霊能力者の存在に対しての雰囲気を感じられるのではないであろうか。



以下のランキングサイトも参考になる情報が眠っている、一度、確認して見るのもお勧めだ。


霊視ランキング