霊能力者へ(霊能力相談/霊視相談)

霊能力者への相談に役立つ豆知識

霊感

気配を感じる!霊感の高い人の世界観について 気配 

 

霊感の高い人は、幽霊などの気配について感じられる場合もある。生きている人というのは、人とは自分と同じ姿をしているため、見ている姿というのは、世界を同じように見ていると思われる場合もあるであろう。そのため、霊感の高い人が、何かしらの気配を感じた場合、それは気のせいだと言って判断をしてしまう人もいる。

人は、同じ姿をしているからといって、見ている世界というのは同じではない。実は、女性と男性が見ている世界も多少の違いがあるのだ。女性は、目の細胞が男性よりも働きが良く、女性は、男性よりも世界を鮮明に見ていると言われている。

これは様々な解釈がなされているが、女性は、赤ちゃんを生み、赤ちゃんを側で育てる機会を多く持ちあせている。赤ちゃんの行動をよく観察できるように、男性よりも、鮮明に見る力を授かっている理由などもある。

もちろん、左利きと右利きでも見える世界には違いがある。右利きは物事を理解する傾向が高くなり、左利きは物事を感じようとする傾向が高くなる。

余談であるが、理解をする傾向が高い人と、感情とする傾向が高い人では、物事の認識に違いが現れやすくなり、話がかみ合わない場合なども起きやすくなる。

幽霊などの存在は、物理的にそこにいるように思われるであろう。物理的に見ることができないため、そこに存在していないと思われてしまう場合もある。

そもそも物の認識は、光が物に当たり、帰ってきた波長を頭で処理をすることで、そこに物があると認識するのだ。返ってきた波長がないということは、そこには何も存在していないと判断することもできるであろう。

霊感の高くない人が、ただの気のせいだと思うのは、波長が入ってきていないため、そこに、幽霊は存在しないと判断してしまうからだ。

霊感が高い人も、この現世においては、同じ生理反応を引き起こしているはずである。

幽霊がいる世界は、この現世ではない。この現世と重なり合っている世界である。科学的に証明されていないため、そのような世界があるはずはないと思われるかもしれない。

私たちが生きているのは、物理的な世界と精神的な世界が重なり合うことで、物理的なものについて意識を持って動かすことができるのである。

物理的な世界だけでできてるとするならば、草木や花、動物たちの形などができるはずもなく、子孫を残して繁栄させていく力などもないはずだ。

グラフィックソフトを使ったことがある人ならイメージができるかもしれないが、いくつかの層、レイヤーを使って表現することができるであろう。

パソコンで例えるならば、私達がいる世界というのは、ハードウェアの世界であり、幽霊がいる世界はソフトウェアの世界だとイメージすれば分かりやすいかもしれない。

霊能力者である江原啓之氏は、このようなことを言っている。幽霊を見てる時は、現実にいる人と同じようにみているのではなく、そのため、実体感はなく、まるで、立体映像を見ているかのように幽霊を見ていると言っているのだ。

霊感が高く、幽霊などの気配を感じる人は、現実を感じてるのではなく、心のソフトウェアである情報の世界を感じていると言えるであろう。

ソフトウェアの話は、また違う時期に話をさせていただきたいと思う。

霊感が高く、幽霊などの気配を感じる人は、人が何を感じているのかについても感じやすい特徴もあるであろう。

幽霊の気配というのは、幽霊の持つ心である。心には喜怒哀楽の感情があり、その感情についても感じやすい場合もあるはずだ。幽霊が生きている人を見て、何かを感じた場合、その感じた内容を霊感の高い人が感じる場合もあるかもしれない。

体の作りは、物理的な生理反応によって、体は処理されている。もしかすれば、幽霊の気配を感じるのも、物理的な処理がなされているかもしれない。これが科学的に解明されれば、何かしらのゴーグルをつけることによって、一般の人でも幽霊を見ることができる時代が訪れるかもしれないであろう。

私自身は、幽霊というのは、ある理由によって科学的に証明されることはないと違うページで紹介したが、科学的にこのような機械を発明することができたとするならば、もしかすると、幽霊が科学的に証明される日も訪れるかもしれない。



以下のリンク先サイトには、霊視能力が口コミでも評判の高い 杜松 (ネズ) 先生、眞文 (マアヤ) 先生、郁恵 (イクエ) 先生が所属されている。霊能力者探しに迷われる場合は、以下の先生に相談してみるのも良いであろう。



以下のランキングサイトも参考になる情報が眠っている、一度、確認して見るのもお勧めだ。


霊視ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

犬や動物にも霊感や憑依はあるのか!? 犬 動物 

 

犬や動物に、霊感や憑依などがあるかについて考える場合は、人の脳の構造と犬や動物たちの脳の構造の何が違うかについて押さえておかなければならないであろう。

霊能力者について、少し興味のある方は、シルバーバーチの霊訓という話をしてご存知かもしれない。ご存じない場合は、ネット上でも無料霊感一部公開されているため、ぜひ一度目を通していただければと思う。

私が運営しているこのブログは、一部シルバーバーチの霊訓を参考にさせていただいてる場合もある。

シルバーバーチの霊訓によれば、人が体に魂を宿り始めようとするのは、小さな開始行動として、卵子と精子が受精卵なった時から始まっていると語られているのだ。

人の受精卵というのは、まるで今までの進化をたどるように、胎児が成長していく姿がある。魚のような状態になり、両生類ののような状態となりながら、人の体は、今までの進化を一瞬でたどるように体が作られていくのだ。

この話とシルバーバーチの霊訓を組み合わせれば、多くの生命には、人間と同じような仕組みによって霊的な関わりがあり、霊感があったり憑依などが起きる可能性はゼロではない。

ただし、私の持ち合わせている知識の中には、人が亡くなった後の旅立つ世界と、動物たちが旅立っ世界とでは世界が違うという話を聞いたこともある。

それはあくまでも基本であり、例外として、よっぽど絆強いペットなどは人が亡くなった人の場所に旅立つ場合もあるという話であるが

犬や動物たちの精神が宿ろうとする姿は、人とは少し違う内容なのかもしれない。

人の世界では悪霊が憑依するという現象もある。ただし悪霊が憑依をするためには、恨みや物事の価値感、物事の認識をある程度、人間レベルの知識として持ち合わせておかなければならないだろう。

動物が悪さをする意味で、人に憑依をすることは無いと考える。怨に対する知識、価値感、そのことに対する認識が人間とは全く違う内容であるためだ。人の賢い知恵が、恨みなどを生み出している可能性もあるであろう。

仮に、犬や動物が恨みを持つ思いを持ち合わせていれば、動物を食する人間は、多くの動物の霊によって、苦しめられているはずでもある。

ただし、集団で生活を行う象などの動物は、人によって仲間が殺された場合、恨みを持って集落を襲う話もある。

ではこの2つの矛盾は、どのように考えればよいのであろうか。一般的に人への恨みというのは、ある個人的なターゲットとなる対象がある場合もあり、動物を食べる行為というのは、個人的なターゲットとならない場合もあるだろう。

アメリカとの戦争に日本は負けてしまったが、その恨みというのはアメリカ人全員に向けたとしても、アメリカ人全員対して、悪い霊的な意味で生霊を飛ばすことができないであろう。

少し話は脱線したが、一般的に動物が人に憑依をすることは考えることができない。キツネに憑依をされているという話もあるが、人の魂を持つ悪霊が、憑依することによって故意にそのような姿を作り出しているのであろう。

動物が憑依をする霊能力者は、私個人からすれば、胡散臭い霊能力者に見えてしまう。

次は逆に、人の霊が、霊感のある犬や動物に憑依をすることがあるのかどうかについてだ。

山奥で倒れてる人を犬が発見するという話もある。全く散歩コースから離れ、飼い主を誘導するかのように連れて行く姿もよくある話だ。

私は、ここで思ったことがある。人の命が大切であるという認識は、人でなければ簡単に持ち合わせなければできないであろう。仮にここで、森に住む動物たちが倒れていれば、助ける目的として犬は果たして飼い主をそこまで連れて行くのかどうかについての疑問だ。

犬は飼い主と暮らす中で、人と犬が同じ仲間であり、仲間を助けなければならないという考え方もできるかもしれない。ただし、多くの犬は、他人が家の中に入ってくれば、追い払うように吠えるであろう。

仮に、ここで人が倒れておらず、元気な姿で山奥を歩いていた場合、色は飼い主をその場所まで連れて行く行動は起こさないであろう。

ここで私が言いたいのは、人が倒れて、人を助けなければならないという認識は、人が持ち合わせている価値観であり、人の霊が犬における動物に憑依をして、飼い主を人が倒れてるところまで誘導したと考えることができるはずだ。

このような話もある。ある山奥に住む人が、都会へ引越しをすることになり、犬が飼えないという理由で、そのまま山奥に離してしまったのだ。

数ヶ月先、山奥にいるはずの犬が、都会にある引越し先に現れたという話もある。この話は、帰省本能によって説明できる内容ではない。

漫画の話になるが、手塚治虫氏のブッタという漫画には、ブッタの弟子に、子供の頃少し変わったの力を持ち合わせている人がいた。

その能力というのは、様々な動物に憑依をする力があるのだ。ある動物からある動物へと憑依をすることも出来る。その子供が言うには、一般的な動物には憑依をすることはできるが、昆虫など虫などは、精神の構造の違いから憑依をすることができないと説明されていた。

この話は漫画であるが、果たして本当に漫画かどうかについては分からない。宗教的な話を手塚治虫氏が手掛けたとなれば、手塚治虫氏は様々なブッタの情報を集めただろう。

また、手塚治虫氏の才能というのは、霊能力者並みの直感力や表現力を持ち合わせている。つまり、霊的な世界の情報を、手塚治虫氏がとらえ、それを漫画として表しているのであろう。

もしかすればの話であるが、漫画というのは多くの人に理解がしやすく、多くの人に受け止めてもらいやすい姿がある。ブッタが悟った世界を多くの人に伝えるため、手塚治虫氏はそのような使命を持ち味ていたのかもしれない。ブッタの生まれ変わりとは言わないが、それに近い存在である可能性もあるであろう。

興味のある人は一度、手塚治虫氏の漫画、ブッタを読んでいただければとも思う。多少、霊能力者について理解が深まるかもしれない。

私が感じる結論は、犬や動物にも霊感がり、憑依をされる場合もある。




以下のリンク先サイトには、霊視能力が口コミでも評判の高い 杜松 (ネズ) 先生、眞文 (マアヤ) 先生、郁恵 (イクエ) 先生が所属されている。霊能力者探しに迷われる場合は、以下の先生に相談してみるのも良いであろう。



以下のランキングサイトも参考になる情報が眠っている、一度、確認して見るのもお勧めだ。


霊視ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

霊感で感じる仏教と神道の違いとは 仏教と神道 

 

霊感で感じる仏教と神道の違いとは 私個人が、宗教についてどうのこうの言えるような立場ではないが、私個人が感じる仏教と神道の存在について触れさせていただきたいと思う。

仏教が日本に初めて渡来した時期というのは、仏教は哲学的な要素を強く持ち合わせていたのである。また仏教というのはヒンズー教の影響も受けており、ヨガの考え方も持ち合わせている。

ヨガというのは、体を自らコントロールすることによって、世の中をコントロールするように神と同等の思いに立つという考え方があるが、仏教における密教においても、神の考えている思考に近づく考え方を持ち合わせている。

あの世の世界において、神々がこのよう作り出した論理的な仕組みを主に伝える目的があったのだ。学問を修めている人も少なく多くの庶民に仏教を広げるのは、当時、至難であり、まずはじめに仏教に関心を持ってもらうために、念仏を唱えれば極楽浄土へ行くことができるという話をあるお坊さんが広げたのである。

もともと神道の発生は、縄文時代における自然崇拝が元になっていると言われている。その神道においては自然に神々が宿ると考え、海彦山彦など、人が身近に接する自然に神々がいるという考え方を持ち合わせているのだ。

余談であるが、仏教を初めて広げたブッタがいた時代は、仏像というものはなかった。ギリシャ神話の銅像などの文化がインドに入ったことによって、ブッダが亡くなったと仏像と言う姿が現れたのだ。

ブッタが教えを広げたのは、自分自身を崇拝されることはなく、あの世における仕組みや、どのようにすれば人は苦しまず、生きていけるのかという考え方なのである。ブッタがあの世から見た場合、仏教について良い意味でも悪い意味でも様々なことを考えさせられたに違いないと思われる。

仏様を拝む人は多くいるが、ブッタが何を伝えているのか、知らない人が多いのが事実ではないであろうか。

人が悩み事を抱えた場合、生活で身近で些細な悩み事は母親に相談するのが望ましいと言われている。母親は子供と接する時間帯も長く、子供についてよりよく知っているためだ。

大きな悩みのおける決断は、父親に相談するのが望ましいと言われている。父親は社会で働くことも多くあり、社会全体について知り尽くしている可能性が高いからだ。新聞などに目を通すのは、女性よりも男性の方が多いであろう。

つまり、仏教と神道は、日本で言えば仏教というのは父親のような存在であり、神道というのは母親のような存在である。

仏教というのはどこか硬いイメージがあるのではないであろうか。神道というのはどこか柔らかい雰囲気が漂ってるように感じられる場合もあるであろう。

仏教と神道というのは対立してるのではなく、調和をすることによって、日本を支えている。

このように考えれば、日本という名まさに神々の国であり、男と女が交わることで子供が生まれるように、日本という国は創造性のある国だとも言えるかもしれない。

日本の製品が質が高いのは、神々の思いが人間を通して作り出すされている可能性も高いであろう。




以下のリンク先サイトには、霊視能力が口コミでも評判の高い 杜松 (ネズ) 先生、眞文 (マアヤ) 先生、郁恵 (イクエ) 先生が所属されている。霊能力者探しに迷われる場合は、以下の先生に相談してみるのも良いであろう。



以下のランキングサイトも参考になる情報が眠っている、一度、確認して見るのもお勧めだ。


霊視ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

憑依をされた時の症状について参考に 憑依 憑依されたときの症状と言うのは、一概には言い切れない。悪い意味での憑依において、それは悪霊の欲と言うのは、様々であり、生きている人と同じぐらい欲を持ち合わせているだめだ。

味の好みが変わる場合もあれば、同じような思いを抱いている悪霊においては、憑依されてることすら気づかない場合などもあるであろう。

憑依されていた時の症状を分かりやすくイメージするなら、車の運転について考えてみれば分るかもしれない。助手席において、隣からハンドルを操作されてしまえば、車をうまく運転させることが出来なくなってしまうであろう。

車の操作は物理的な内容として、人と人とが離れているが、精神的な世界は重なり合うこともできるため、重なり合った姿として考えてみれば分かりやすいかもしれない。

一般的に憑依されれば、体をうまく動かすことができなくなるため、普段よりも身体は重たく感じる場合もある。

重なり合うのは1人ではなく、多くの霊によって憑依を受ける場合もあれば、悪霊の思いが強ければ、それだけ動きは鈍くなる。ひどい場合は、立ち上がる事すら出来ず、四つんばりの状態となり、背中に誰かが乗ってるような感覚を感じる場合もあるのだ。

霊感が高ければ高いほど、悪霊にとっては、体をコントロールしやすくなるため、霊感の高い人を好んで憑依をしようとする。つまり、霊感が高ければ高いほど、このような状態になりやすい確率が高まるのだ。

では、霊感が高ければ高いほど、必ず、悪霊によって憑依されるのかと言えば違う。心の波長が違えば、悪霊は憑依することができない。

これをわかりやすく例えるならば、自分自身と考えが違い、価値観の違う人同士と一緒にいれば、その場に溶け込むことができず、なじむことができないような状態である。

霊感が高い人は波長を高く持ち合わせるのが大切である。波長高くというのは、難しく考えることはなく、悪霊とまったく間逆の思いを持ち合わせることであろう。悪霊は自分自身の欲を満たす思いを持ち合わせているため、人に尽くすような思いを持ちあせていれば、悪霊が憑依しにくくなる。

ここで私が過去に受けた、憑依について紹介する。

私が過去に受けた憑依の中には、頭がものすごくボーとするような憑依を頻繁に受けていたのだ。ただボーとしている状態ではない。ひどいときには、周りにある物が認識できず、そこにあるものがわからなくなってしまう場合もあった。

最遊記に出てくる孫悟空の頭の輪がついているようなイメージであり、周りの状態が霧のようなぼーとさせる雲に覆われてるような状態である。意識を保つためには、意識を保つという意識を持たなければ意識を保つことができない場合もよくあった。

このことについてではないが、ある悩みを抱え霊能力者の方に相談をした時に、あなた頭がボーとするでしょう。霊に憑依され、そこからきていると言われたのだ。

その霊能力者の方の相談が終わり、その話が終わったっあと、すぐに頭のボーとした姿が、まるで天気が晴れるように無くなったのである。

このような憑依もあった。仕事から帰り、部屋に入って、部屋を歩いた瞬間、まるで片足が無くなった感覚に襲われ、バランスを崩し、まるで部屋が360度回転したように、そのまま倒れてしまったのだ。

その時は、自分自身に何が起きたのか分からなかったが、違った相談事で霊能力者の方に相談した時に、片足のない霊があなたの横にいると言われたのである。

当時の私の持ち合わしてた知識によれば、人は亡くなった後、生きてる間に無くした体の一部は、あの世でよみがえり、あの世では五体満足以上の感覚によって生活を送ると思っていたのである。

片足のない霊との矛盾を考える中、この片足のない霊とは、現世に漂うよう、浮遊霊もしくは悪霊なのかもしれない。五体のある体を感じたい思いによる憑依であった可能性もあるであろう。

実際に憑依をされた人ならわかるかもしれないが、憑依を受けた場合は、睡眠をとればその状態がなくなるのである。日中に突如、そのような状態になる。

当初私は、病気などの疑いを抱いていたが、霊能力者によって、憑依されていることがわかり、睡眠をとっている間は、霊も体を動かすことができなくなるため、興味をなくし、1時的に離れるのではないかと考えている。

私事であるが、日中に憑依を受けていた事もあるが、その多くは16時以降である。病気かもしれないと思っていた私は、太陽の光と何かしらの関係があるのではと当時思っていた。霊能力者の方にあったとは、もしかすると霊にも活動しやすい時間帯と活動しにくい時間帯があるのかもしれないと考える。

また、太陽が沈めば、暗くなっていく中、些細な情報も逃がさないように人の神経は、過敏に働き出す場合もある。夜中頃になると、神経が過敏に働きだす中で人の霊感が高まりやすくなり、そのことによって憑依されやすい期間が現れるのかもしれない。


以下のリンク先サイトには、霊視能力が口コミでも評判の高い 杜松 (ネズ) 先生、眞文 (マアヤ) 先生、郁恵 (イクエ) 先生が所属されている。霊能力者探しに迷われる場合は、以下の先生に相談してみるのも良いであろう。



以下のランキングサイトも参考になる情報が眠っている、一度、確認して見るのもお勧めだ。


霊視ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

人の生霊がどの様に影響を与えるのか 生霊 影響 

 

 生霊という言葉があるが、ほとんどの多くは、悪い意味で考えてしまっているであろう。また、生霊をとばすという言葉があるが、まるで空に向かってエネルギーが相手に伝わるようなイメージもあるかもしれない。

生霊について理解するためには、私達の心の奥底は、全て繋がっている考え方を知らなければならない。分かりやすくイメージするならば、私達は、海の上にプカプカと浮かんでいるような姿であり、顔と顔が離れているか、海の中ではつながっている様なイメージである。

人の生霊というのは、心の中の海を通して、相手に伝わるのだ。大学の心理学などでも教わる内容であり、大学では、集合的無意識と呼ばれるような言葉で現される場合もある。

集合的無意識については、詳しくは話さないが、蟻が学校にも通っていないにもかからわず巣を作り上げる知識や、ミツバチが最も頑丈だとされる六角形の巣を作り上げることができるのも、この集合的無意識からのメッセージだと解釈されている場合もあるのだ。

生霊のエネルギーになっているのは、人の意識であり、人の感情だ。エネルギー保存の法則から言えば、作り出されたエネルギーは、何かしらの形で消費される。消費として現われるのが、相手に対しての悪いような姿である。

このようにイメージをすればわかりやすいかもしれない。水の入ったコップの中にストローを入れ、ストローに息を吹けば、ぶくぶくぶくと違った表面に泡が溢れてくるであろう。それが、生霊である。

生霊生み出しやすいのは、男性よりも感情的な女性だ。人の思いというのは、何かしらの行動をとることによってエネルギーが消費される場合もあるであろう。例えば遊びに出かけたり、買い物に行ったりするような外向的な姿などだ。

外向的にエネルギーが消費されなければ、逃げ場を失ったエネルギーは、心の内へと逃げ場を求める。つまり、生霊を生み出しやすいのは、外向的な人間よりも内向的な人間である。

特に女性は、化粧でも見られるように、自分自身の価値を高めたいという潜在的な思いがある。怨みや不満を行動によって示す姿は、表面的に自分自身の価値を損ねてしまう可能性もある。そのため、心の中に溜め込む姿が現れやすくなり、それが生霊として相手に影響を与えているしまうのだ。

芸能人というのは、人々から悪い生霊を受けやすい可能性もあるであろう。裏話としては、プロダクションが専属の霊能力者を抱え、お祓い行う姿もある。

生霊と聞くと悪いイメージだが、もちろん中には良い生霊もある。相手の健康状態などを願う思いなどは、相手を守る働きもあるのだ。ストローの話で言えば、ブクブクと沸く泡が身を守ってくれてるようなイメージである。

生霊と言うのは、必ず相手に悪い姿としてダメージを与えるのでは無い。相手も人であるため、感情を持ち合わせており、それを跳ね返すだけの力を持ち合わせている場合もあるのだ。

そのエネルギーは、相手の周りの人達に悪い影響を与える場合まれば、放った生霊が直接自分に返ってくる可能性もある。特に霊感の高い人は、様々な霊の影響も強く守られている可能性もあり、跳ね返すだけの可能性を高く持ち合わせている。

相手に悪い影響を与える生霊というのは、自分自身も相手にも、精神的に大きなエネルギーを消費させる。そのため、あまり生霊を意識して飛ばす行為は望ましくはないと言われているのだ。

生霊は買わない、売らないと言う言葉があるぐらいであり、人から恨まれるような行為は極力行わない方が望ましいであろう。




以下のリンク先サイトには、霊視能力が口コミでも評判の高い 杜松 (ネズ) 先生、眞文 (マアヤ) 先生、郁恵 (イクエ) 先生が所属されている。霊能力者探しに迷われる場合は、以下の先生に相談してみるのも良いであろう。



以下のランキングサイトも参考になる情報が眠っている、一度、確認して見るのもお勧めだ。


霊視ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ