霊能力者へ(霊能力相談/霊視相談)

霊能力者への相談に役立つ豆知識

霊視能力

事件解決されない!霊能力者!マイノリティーリポート!   事件解決 

  霊能力者が警察の協力を行いにくい内容については、別のページで紹介したが、違う角度から霊能力者は霊能力では事件が解決できない内容について紹介させていただこう。

霊能力者の力というのは、霊能力者によっても様々であるが、インターネットの動画を見るように好きなチャンネルを選んで、好きな場面を見ているのではない。

このことについては何度も説明してるが、霊能力者とは霊媒者であり、高級霊によってその映像を見せられているのである。ある程度自分が見たい映像は、高級霊の承諾のもと見ることができる場合がほとんどであろう。

その映像がどんなに真実であろうとも、必ず物的証拠がなければ、事件を解決させることができない。もしも犯人が指紋を全て拭き取り、誰かと共謀してアリバイ作りを行えば、たとえ霊能力者の内容が真実であろうとも、事件に解決できるような道筋を作り上げることはできないのである。

このページのタイトルには、マイノリティリポートという言葉をつけた。霊能力に興味のある人は、一度はマイノリティリポートという映画を見たことがあるかもしれない。

一度も見たことがない人には申し訳ないが、少し映画の内容を説明させていただく。

この映画の中では、ある3人の霊能力者の見える映像を使って、殺人が起きる瞬間に予め犯人を捕まえるシステムを作り上げたのだ。

その情報を元に捕まえる警察官は、その映像を見て実際に犯人を捕まえる責任者である。この世界では、このシステムに賛否があるのだ。未然に犯罪が防げることで犯罪率が大きくゼロに近い状態まで近づけることができたが、よくよく考えてみれば、まだ殺人も犯していない人を罪として捕まえる行為は法的に許されないのではないかという考え方である。

まだこのシステムを完全に導入するかどうかは、まだ決まっていない。今は試験段階での内容である。

そして、事前に事件が起きるという警報が鳴り、その責任者は、誰であるのか一人で映像を確認をしにいったのである。そこに写ってるのは自分の姿ではないか。自分が人を殺すとは、焦ったその警察官は、逃げることにした。誰だって逃げるという言葉を出しながら

このシステムを作り上げた女性の博士のもとに足を運ぶのだ。このシステムには、欠陥はないのかと。その博士はこのシステムは完璧だと言うが、少し欠点がある内容についても漏らす。

それがマイノリティリポートである。そのマイノリティリポートには、結果の内容についての情報があるのだ。

詳しい話は映画を見ていただければ分るであろう。

つまり霊能力者の力というのは、パソコンで計算するように完璧ではなく、多少なりともどこかに不備がある可能性もある。

仮に、霊能力者の力が完璧であり、警察への事件解決も100%と完璧であれば、マイノリティリポートのような世界が現れるかもしれないであろう。

これは犯罪の出来事であったが、このようなことも起きるかもしれない。霊能力者の力が100%の力であれば、保険の介入の有無も、霊能力者の判断によって考えられてしまう場合もあるであろう。つまり、病気で早く亡くなってしまうとかかってる人は、保険には入れないというような内容だ。

まだまだあるぞ、霊能力者の力が100%であれば、政治家もいらないはずだ。霊能力者の発言によって、すべて政策を決めれば良いからだ。

もしもこのような世界において、100%信じきってる霊能力者が、2人現れた場合、どうなるだろうか。2人の考えが違えば、争いが起き、社会に亀裂が入り、社会という組織が崩壊してしまう可能性も高まるであろう。

つまり霊能力者の力というのは、100%ではない。霊能力者のみならず、誰しもが霊能力を持ち合わせ、その力というのは0でもなければ、100でもない。パーセンテージの問題であり、霊能力者は、一般の人よりも高い傾向にあるだけだ。

霊能力者の力が100%であれば、地球が崩壊する先の未来、世界の不思議な出来事、極端な話人類が消滅するかもしれない未来についても知ることができるはずだ。

つまり霊能力者の力は100%ではないため、霊能力者は絶対に事件を解決できるものではない。ただし、絶対に事件を解決できるものではないが、アドバイスや情報などを警察に伝えることで、事件を解決できる可能性は高まるであろう。

ただしこのような内容が公に広がれば、そのような力があるのであれば、100%言い当てることができると信じる人が増える中、霊能力者に相談すれば必ず事件は解決できると思い込む人も増える可能性がある。1回でもその霊能力者の言うことが外れれば、人々から叩かれやすくなる姿も現れやすくなるであろう。



以下のリンク先サイトには、霊視能力が口コミでも評判の高い 杜松 (ネズ) 先生、眞文 (マアヤ) 先生、郁恵 (イクエ) 先生が所属されている。霊能力者探しに迷われる場合は、以下の先生に相談してみるのも良いであろう。



以下のランキングサイトも参考になる情報が眠っている、一度、確認して見るのもお勧めだ。


霊視ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

生年月日を尋ねる霊視相談について 生年月日 

 

生年月日を尋ねる人というのは、偽物の霊能力者だと言われる場合もある。霊視をするのであれば、生年月日が分からずとも、霊視によって様々なことがわかるであろうと思われる場合もある。実際にこのような情報を流している人の多くは、霊能力者ではなく、人の相談にも応じたことがなく、少し知識を持ち合わせている第三者の人が発言している姿もある。


霊視そのものは、基本的に生年月日は必要としない。なぜ基本的と言ったのは、霊能力者の中には、相手の本能的なエネルギーを感じることで、より集中力が高まり、ターゲットをとらえやすくなることで、霊的な力がより高まる人もいるためだ。

本物の霊能力者と偽物の霊能力者、白黒の判断ではなく、才能の違いと言えるかもしれない。

霊視によって様々な全てのことが分かるという考え方に間違いがある。実際の人間も同じく、目で見れば様々なことを知ることができるが、全てのことを知ることはできないであろう。

生年月日からは、性格を形成する、性格に影響を与える本能的なエネルギーを把握することができるのだ。

悩み事が性格に関する問題であれば、そのエネルギーを知ることで解決策へと繋げていける場合もある。

霊視ができる霊能力者の中には、より相談者の悩みに答える思いの中で、補助的に生年月日による情報を求めて、少しでもよいアドバイスができるように心がけている人もいる。

そもそも霊能力者の能力というのは、人に驚きを与え、すごさをPRし、注目をされるための能力ではない。このような考え方を持ち合わせている人は、力を授ける高級霊から認められず、霊能力者になることすらできないだろ。

ただし、実際の話として、霊感も低いにもかからわず、生年月日を利用して占い的な姿を持ち合わせている人もいる。

本物と偽物を見比べるためには、生年月日を必要とするかしないかなどの判断は致し方がないでもあろう。

現に霊能力者の中には、自分自身の霊能力が真実である姿を信じてもらうために、生年月日をあえて聞かない霊能力者もいるのも事実である。

ここで私が言いたいのは、霊視ができる霊能力者でも、より細かなアドバイスができるように、生年月日を求める霊能力者もいるという事実である。より集中して霊的な力を高め、霊視の状態をより鮮明にさせようとする人もいる。

例えばなし何かどうか分からないが、ある問題を解く場合において、少しでもヒントがあれば、答えがわかるような姿である。霊能力者の場合は、少しでもヒントを感じることで、様々な情報が頭に入ってきやすくなるような感覚だ。

物を触れば、その人の持ち主による情報が様々わかってくる場合もある。霊能力者というのは、全てが同じで、万能ではなく、物を触るのがキーとして働くように、生年月日における情報をキーとして扱っている霊能力者もいる。

霊視能力の有無によって、霊能力者かどうかはの判断を行い、生年月日においては、どのようなアドバイスを心がけているのかの目安について把握するのが望ましいであろう。

霊能力者を判断する場合は、何が出来る能力であり、何ができないのかについて確かめるのも重要だ。霊能力者の中には、前世を見ることはできても未来を見通す力のない人もいる。結果として知ることはできないが、良い方向へ解決策を見いだせる能力の持ち主などもいる。

霊にも様々であり、能力についても様々であるということを認識しなければならないであろう。万能ではないということも知ることが大切だ。

そもそも万能であれば、何十万年先の未来や、過去のことについても知ることができる。それができなければ霊能力者ではないという判断は、霊能力者にとって自分自身を否定されてるような思いを抱かれる場合もあるであろう。

様々なことを見て知る能力があるとするならば、テストの答えや、未来における科学的な知識、株価の動向なども知ることができるであろう。

霊能力者の見る姿というのは、自分自身で見てるのではなく、高級霊に見せられている映像だ。このような知識についても持ち合わせておくのが望ましいであるあろう。

生年月日と少しかけ離れた話になったが、最終的には自分自身の判断で考えるのも大切である。




以下のリンク先サイトには、霊視能力が口コミでも評判の高い 杜松 (ネズ) 先生、眞文 (マアヤ) 先生、郁恵 (イクエ) 先生が所属されている。霊能力者探しに迷われる場合は、以下の先生に相談してみるのも良いであろう。



以下のランキングサイトも参考になる情報が眠っている、一度、確認して見るのもお勧めだ。


霊視ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

霊視によって片思いを出来るだけ両方思いへ 片思い 両想い 

霊視のける相談内容の多くは、気になる片思い、好意を抱く異性が自分自身のことについてどのように思われているかと言う内容である。

結婚の時期や、結ばれる人との出会いの相談内容などもあるが、これらの内容の多くは、結果としての答えだ。どのようにすれば良い関係になれるかについて、自分自身で考える力が弱まってきている。

現在の科学の発展や文明の発展は、与えるものも多くあり、自動販売機のように結論としての結果、答えを求めたい思いが現れやすくなっているであろう。

相談内容が、気になる片思いに対しての有無についてのみであれば、悪い結果としても当然ある。世の中の人間は、2人きりではなく、多くの人がいるため、可能性としては悪い結果の方が当然高いであろう。傷つく可能性が高い。

霊能力者の方の考え方にも違いがあるが、知りたい情報を伝えるのが霊能力者の使命であり、あえて、両思いになるような情報についてアドバイスとして伝える姿はほとんどない。なぜならば、相談者は、そのような情報を求めていないためである。

片思いから、両思いになるためには、頭でひねって霊能力者の力を違う形として使ってもらうのが望ましいであろう。

例えば、片思いを抱いている人の趣味や好みなどの情報を引き出すことができたとするならば、それに合わせて自分自身を変えて行く方法などもあるであろう。

片思いを抱いてる人は、本当はそのような見える姿ではないかもしれない。守護霊対話などの霊能力者であれば、本当の真実について知ることができる場合もある。

片思いの異性が、自分自身が持っている異性かどうかと言う情報を求めるのも良いであろう。

霊能力者の方に片思いの人に相談をする場合、白黒と判断をするのではなく、可能性について求めるのも大切である。

よくある姿としては、片思いの人とは、緊張して会話ができず、会話してくれない姿が、相手から気づきもなく、特徴もなく、逆に異性に対して興味がないと見えてしまっている可能性もあるだろう。このような状態で霊能力者の方に相談すれば、あなたには興味がないと言われて終わってしまう可能性もある。

霊能力者の方に相談する場合は、自分自身が改善しなければならない場所、相手に興味を持ってもらえるようなテクニック、そのような情報を求めるのも大切だ。

霊能力者に相談する場合は、ついつい、霊的な力のみに意識が集まってしまうであろう。霊能力者は、様々な人の相談を受ける中で、高級霊からのメッセージなども含め、様々な知識に出会い、霊的な力のみならず、知識においても価値の高い情報を持ちあせている場合もあるのだ。

片思いについて相談をする場合は、どのような情報を自分自身が求めたいのか、じっくりと考える中で、考えをまとめてから霊能力者に相談をするのが望ましいであろう。そうすれば確率の上でも、両思いになれる可能性も高まる。

このような考えや努力などは、自分自身の守護霊を初め、片思いを抱く異性の守護霊にも伝わり、より絆が高まる可能性もあるのだ。ただ、答えを求めてるだけでは、片思いを抱く異性の守護霊にとって魅力的ではないと判断されてしまう可能性もある。




以下のリンク先サイトには、霊視能力が口コミでも評判の高い 杜松 (ネズ) 先生、眞文 (マアヤ) 先生、郁恵 (イクエ) 先生が所属されている。霊能力者探しに迷われる場合は、以下の先生に相談してみるのも良いであろう。



以下のランキングサイトも参考になる情報が眠っている、一度、確認して見るのもお勧めだ。


霊視ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

交通事故などのきっかけで霊能力が開花する内容とは 交通事故

 

霊能力者の中には、交通事故によって突然、霊的な力が開花される場合もある。中には、守護霊なのと対話ができる能力を身につけられる場合もある。

この話の傾向としては、事故に遭った人は意識を失い、意識を失ってる間、あの世の人と出会い、その人から霊能力者になることをメッセージとして伝えられ、意識を取り戻したと霊能力者としての力が開花するという話をよく聞く。

生理的な面で言えば、一度、死につながるような事故に遭えば、体の本能は、周りの環境には今までとは違うとても危険なものがあると判断を行い、より神経をとがらせるような生理反応を起こすであろう。これが霊的な力を高めている可能性もある。

スピリチャルな面で言えば、体と魂は、中間物質と呼ばれるものでつながっており、その接着剤のような中間物質の働きが弱まることで、霊的な力が高まりやすくなるという考え方もある。交通事故によって、その中間物質の働きが今までとは違う働きを作り出しているのかもしれない。

この三つの考え方は、どれが正しいというわけでもなく、三つとも正しい可能性もあるであろう。

死に関わるような交通事故あった人が、必ずと言って、霊能力者になれるわけではない。ほとんどの多くは、霊能力者になれない方が多いのではないであろうか。

このように考えれば、交通事故によって霊能力者になられた方は、交通事故に遭うことは宿命であり、霊能力の力を発揮、サポートする高級霊の意思によって起こされたという考え方もできるであろう。

意識が無くている間に会った人物と言うのは、高級霊ではなく、高級霊の意志を伝えるための人かもしれない。

実際、高級霊が霊能力者である霊媒者に憑依をする仕組みは、生きている人とあまりにも波長が違うため、一度あの世にいる霊に憑依をしてから、現世にいる霊能力者に憑依をすると言われている。実際に会った人物というのは、あの世にいる霊媒者かもしれないであろう。

なぜ小さい時から霊能力者の力を与えなく、交通事故によって、霊能力者へ歩ますには、この様なな考え方もできるかもしれない。

生まれつきの霊能力者は、それが当たり前だと思い、一般の人と違った考え方や価値感を持ってしまう可能性が高まる。一般の人と同じ人生を交通事故が起きる前まで体験させておくことによって、人の苦しみを共感しやすくなり、相談者に応対できる最適な霊能力者になりやすい可能性も高まるはずだ。

交通事故に限らず、何も修行をしなくても、突然、霊能力者として開花する人の多くは、一般的な人と変わらない普通の人生を歩まれていた場合がほとんどであろう。

小学生が交通事故に遭い、突然、霊的な能力が開花したという話は聞いたことがない。

交通事故によって、霊能力者として目覚める宿命は、霊能力者自身の性格や背負っているカルマなどによっても多少影響しているかもしれない。

一般の人が、交通事故に遭えば、霊能力者になれると簡単に思わない方がよいであろう。霊能力者になるためには、高級霊の力が必要であり、高級霊に認められるような人にならなければならない。

中間物質による考えだが、自分の姿を、隣の部屋にいるようにイメージをし、そこで何かしらをしているトレーニングを行えば、体と精神が離れやすくなり、もしかすれば、一般の人でも多少は霊感が高まる可能性もある。




以下のリンク先サイトには、霊視能力が口コミでも評判の高い 杜松 (ネズ) 先生、眞文 (マアヤ) 先生、郁恵 (イクエ) 先生が所属されている。霊能力者探しに迷われる場合は、以下の先生に相談してみるのも良いであろう。



以下のランキングサイトも参考になる情報が眠っている、一度、確認して見るのもお勧めだ。


霊視ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

霊視を信じる人は救われる 043shinjiru 

 霊視を信じる人は救われるという発言は、神を信じる者は救われるというような意味合いではなく、違った意味で紹介させていただこう。

霊視を信じる人は、自分の生活は様々な霊に見られているという認識を持ち合わせあわせやすくなるであろう。恥ずかしくない人生を心がけ、できるだけ後悔をしないような生き方を見出せるようになるはずだ。

世の中の人間は全て亡くなる。悪霊になろうと浮遊霊になろうと、いずれ魂はあの世へ帰り、あの世で自分の人生を振り返る事になるのだ。後悔の思いが芽生えた、それが次の来世への目的としてな人生を歩むことになる。

霊視を信じる人は、納得のいく人生を歩むことで、精神的に次のステージに成長を高めていく道へと歩んでいく。その多くは、他の魂へ尽くす姿である。

精神の成長というのは、しっかりとした定義はないが、まず自分が生きていなければ、自分自身を存在することができないであろう。そのため幼い魂は、自分自身に意識が集まりやすくなるのである。

自分自身を維持でき、余った能力は、他者を支える能力として使うことができるはずだ。精神の成長というのは、肉体的な内容ではなく、精神的に感じる思いである。

霊視を信じる人は、他者から意識されてるという思いが芽生えやすく、他者への思いへも芽生えやすくなるであろう。

生きている人にとっては、霊視能力と言うのは特別な能力だと思われてるかもしれない。あの世の世界から見れば、それほど特別な能力ではなく、いずれ人は亡くなれば同じような能力を持ち合わせる場合もあるのだ。

親が子供を選んで産むのではなく、子供が親を選んで生まれてくるという話もある。全ての子供がそのようなわけではないが、あのにおける霊視能力を使うことで、親の考えている内容、生きざま、今までの人生を知る中で、この親であれば、様々な経験ができると判断される中で生まれてくる場合もあるのだ。

霊視を信じる人は、あの世における内容も把握しやすく、すぐにあの世に適応できる事で、霊視能力についても簡単に扱えるようになるであろう。

霊視を信じる人は救われるという言葉は、逆に霊視を信じない人はどうなんのかについて考えれば見えてくる。周りから見られていないということは、見られていなければ、悪さをしても問題はないと思われる思いも湧いてくるはずだ。

人は悪口や、人をけなすような言葉も口に出やすくなるであろう。

見られている姿というのは、固くなりすぎて、自分自身の本来の思いを発揮できず、人生に不満が残ってしまう可能性もある。そのため、創造主は、霊視を信じない人を基本として作り出したのかもしれない。

信じない人は信じない事で、弊害を起こすこともあり、信じるも信じないもバランスが大切だと言えるかもしれない。創造主のこの悩ましい矛盾が、この世を創造させているという考え方もある。




以下のリンク先サイトには、霊視能力が口コミでも評判の高い 杜松 (ネズ) 先生、眞文 (マアヤ) 先生、郁恵 (イクエ) 先生が所属されている。霊能力者探しに迷われる場合は、以下の先生に相談してみるのも良いであろう。



以下のランキングサイトも参考になる情報が眠っている、一度、確認して見るのもお勧めだ。


霊視ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ