霊能力者へ(霊能力相談/霊視相談)

霊能力者への相談に役立つ豆知識

霊能力者

相談料!霊能力者への相談は料は高い?安い?
相談料 高い 安い
 
一般的に霊能力者への相談料と言うのは、高く思われてしまう場合もあるかもしれない。そこそこの知名度がある、霊能力者への相談と言うのは、1時間当たり30,000円程度である。無名の場合における相談料は、1時間あたり5,000円から15,000円位が相場であろう。

この相場が高いのかどうかについて考えてみよう。一般的なアルバイトの時給と言うのは、1,000円以下がほとんどである。これに比べれば相当高い相談料だと思われてしまう場合もあるかもしれない。

ただし、人の価値として考える場合、アルバイトであれば他の人でも行うことができるであろう。その人しかできない内容として考えていかなければならない。

その人でしかできない内容の中には、お坊さんがお経を唱える姿などもある。法事等によるお布施の相場は、大概が30,000円以上である。弁護士への相談料と言うのは、これも1時間あたり何万円とかかる場合もあるのだ。

霊能力者への相談と言うのは、その人にとってどのような価値があるのか、それいに対価があるのかについて考えていかなければならない。

霊能力者の能力と言うのは、神が与えたものであり、神が与えたものであるから平等に能力を使わなければならないと思われてしまう場合もある。神様は人に奉仕をすることを大切にしているため、霊能力と言うのは安い料金で行わなければならないと言われる場合もある。

シルバーバーチの霊訓を翻訳紹介しているサイトでも、本物の霊能力者としてそのような心がけを持たなければならないと紹介されているのだ。何万円以上の相談料を取る霊能力者を偽物だと紹介されている場合もある。

生活に困るのであれば、本業とはまた別に無料として霊能力を使う姿を進めている文章なども見かける。これがシルバーバーチの霊訓を直接翻訳した内容か、それとも著者の意見も含まれているのかについてはわからないが、この文章には矛盾するように、CDの販売を行っている場合もあれば、翻訳されてる部分を1部紹介せず、本を販売してる姿もある。


私の知り合いの霊能力者の方は、当時そのような思いをもたれる中で、相場がわからず、1時間あたり2,000円程度で相談を受け持っていたのだ。すると、相談者が多く集まり、中には、ただ時間を潰すためにお茶をする目的で相談をする人も現れたのだ。

この霊能力者の方は、これは良くないと、この霊能力者の先生から怒られ、相談料を上げる決心をした。最終的には1時間当たり30,000円程度で相談を行っておられた。

なぜよくないのか、多くの相談が集まれば、本当に霊的な力を求められている悩み事に対して、相談することが遠のいてしまうためである。そもそも霊的な力を授けられているのは、悩みを解決する目的であり、人を集めてお茶をする目的ではないのだ。

高いか安いかについては、各々のその求める価値であろう。もしもその価値が高いとするならば、霊能力者に相談を行なわければ良いだけである。宝石の価値と言うのは、その人の価値であり、動物にとっては、全くそこらの石ころと変わらない価値であろう。

ある霊能力者は、一般的に相談料を30,000円程度で設定を行っているが、霊視によってその人が貧困だと分かれば、相談料を一切求めなかったり、逆に、引っ越し代などのお金を渡す人もいる。

ある経営者であれば、コンサルティング会社にコンサル料払うのに何十万円以上払っている場合もあるであろう。数万円程度で、大切な情報を求めることができるとすれば、それは決して高い相談料では無いはずだ。

霊能力者への相談料が、高いか安いかについては、相談する側がどのような相談内容を求めてるかについても変わってくるかもしれない。

一般的な占いの様に、相手の人が私のことどのように思ってるのか、ただ好きか嫌いかだけを尋ねるのであれば、相談料としては高いと言えるかもしれない。

より好きな人と結ばれるために、相手の特徴や相手の好みの傾向、自分自身が改善できるような情報を霊能力者から求め、より好きな人と結ばれる確率が高まれば、決して相談料としては高すぎる内容ではないであろう。

霊能力者の中には、亡くなった人とコミュニケーションを図ることができる人もいる。このような姿は、お坊さんにお経を唱えてもらうよりも価値が高く、価値のある内容として作り出すこともできるであろう。このような内容は、100万円以上出しても価値が高く、実際は100万円以上もしないが、それと同等の価値ある姿だといえるのではないだろうか。


以下のリンク先サイトには、霊視能力が口コミでも評判の高い 杜松 (ネズ) 先生、眞文 (マアヤ) 先生、郁恵 (イクエ) 先生が所属されている。霊能力者探しに迷われる場合は、以下の先生に相談してみるのも良いであろう。



以下のランキングサイトも参考になる情報が眠っている、一度、確認して見るのもお勧めだ。


霊視ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

人探しは霊能力者でも難しいが、可能性について 人探し 多くの霊能力者は、人探しについて霊視をする事はほとんど行わない。それはなぜ、人探しを行わないのかについて、いくつかの理由を述べさせていただきたいと思う。

理由の中には、人探しをしている相手が、探されて欲しくはないと思われている場合もあるためである。このような思いは、その思いが壁となり、霊能力者自身の力を発揮できなくなってしまう場合もあるのだ。

家出などによる人探しの場合は、その罪が、家を出られた方にある場合もある。反省をしない限り、霊能力者の力を発揮することができなくなってしまう場合もあるだろう。

霊能力者によっては、霊能力者に伝わってくる情報と言うのは、抽象的な情報である場合もあり、それを霊能力者が自らの意思で具体化させていかなければならない場合もある。インターネットを使って、ピンポイントで場所を特定するのではなく、ある1部分のみが情報として見える人がほとんどである。そのためその見える場所が、どこなのかを特定するのが難しい場合もあるのだ。

霊能力者における、人探しが難しい主な理由は、時間と言うものをピンポイントで把握することができない。何時何分何秒の出来事なのか、その情報を求める事ができないのである。

例えば、山の頂上から街並みを眺めた場合、具体的に、ある特定の場所の距離がわからないのと同じである。大体の目安でしか判断ができないのである。

人探しではないが、未来において霊能力者が、人との出会いを言い当てる場合、ピンポイントの日時ではなく、季節や、月なので伝えてくるのはこのような理由があるためだ。

一般的に霊能力者は、このような姿から人探しについて霊視はしてくれない。ただし、テレビ番組の中には、霊能力者によって居場所を探される場合もある。これは番組のスタッフが、霊能力者の伝える情報をもとに、行動を起こしてくれるためである。番組のスタッフが、霊能力者の苦手な部分を補ってくれている状況があるためだ。

このようなことからすれば、たとえ具体的な情報でなくても霊能力者に人探しの相談を行うのは無駄ではない。現場では何も得られないと考えるのであれば、多少の情報は、自分自身にとってマイナスではなく、プラスになるような情報と言えるであろう。

霊能力者に相談をすれば、必ず人探しが見つかると言うわけではないが、一度、霊能力者に相談をすることで、今の現状と違った変化に出会うことができるはずだ。その情報をもとに、自分自身で人探しを行っていくこともできるであろう。


以下のリンク先サイトには、霊視能力が口コミでも評判の高い 杜松 (ネズ) 先生、眞文 (マアヤ) 先生、郁恵 (イクエ) 先生が所属されている。霊能力者探しに迷われる場合は、以下の先生に相談してみるのも良いであろう。



以下のランキングサイトも参考になる情報が眠っている、一度、確認して見るのもお勧めだ。


霊視ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

霊感を高めるには!霊能力者が好む修行場で 霊感を高める 

霊感を高めるために、様々なパワースポットに足を運ばれる場合もあるかもしれない。確かに霊感と言うものは、高まるかもしれないが、よくよく考えれば、そのような場所には、同じ考えを持つ人達が集まり、中には、ただ霊感を高めて自分自身の欲を満たしたい人もいるであろう。そのような場所はかえって、霊感について悪い影響を与えてしまう可能性も隠し切れない。

霊感を高めるためには、霊能力者が好まれるような場所に足を運ぶのが重要だ。霊能力者ではないが、ある霊的な力を使ってマジックを行うマジシャンがいる。そのままおじさんは、人気も少ないような高野山近くの場所に足を運び、そこでマジックの修行を行っていたそうだ。

本物の霊能力者が好まれる修行の場所と言うのは、あまり人が集まらない場所と呼べるかもしれない。

1人でそのような場所を探す思いに対して、1人では行動を起こすことができず寂しいと思われる人は、霊感を高めるための修行は諦めた方が良いであろう。

寂しい思いと言うのは、人を求めている思いである。潜在的に人から意識をされたい思いを持ち合わせている。このような思いを持ち合わせている人は、霊感と言うものを人に意識されるための道具として扱う傾向が高まり、一般の人と違う姿に対して天狗になってしまう可能性もあるためだ。

滝行などの修行と言うのは、1人では簡単にできる内容では無いかもしれない。初めて霊感を高めたいと思われる場合は、一度、神社やお寺を1人で歩いて巡る旅などを始めてみるのも良いであろう。

神社やお寺に足を運ぶのが主な理由ではない。1人で旅をすれば、内面に意識を向け、それが修行としての効果を得ることができるのである。

仮に、知名度の高いパワースポットに足を運ばれた場合は、その近くの少し人がいないような場所に足を運んでみるのも良いであろう。

人とは違う価値観、人とは違う目の行き届く姿は、高級霊にもその姿が目に留まりやすくなり、良い方向へ導いてくれる場合もある。パワースポットばかりに目を奪われる姿は、欲に目がくらんだ姿と思われるかもしれない。このようなことについても、頭の片隅に置いておくのが重要である。

多くの人が勘違いしている姿がある。霊感が高まれば、様々な能力が発揮できる姿である。霊感というのはあくまでも、霊を引き付ける磁石のような力だ。そこに身を置こうとする霊にも個性があり、自分自身にとって相応しい人を探すのは当たり前の話としてある話である。

霊能力者に限らず、このような話はよくある話だ。同じ修行してるにもかかわらず、1人は才能を発揮し、もう1人は才能が発揮できない姿である。この違いは何にあるかといえば、自分自身の欲を満たす姿と人々に貢献する思いの違いによる。

力が発揮できる霊能力者というのは、後者の傾向があり、霊能力者が好まれるような修行場で修行を行えば、その気持ちを感じれるようにもなるであろう。



以下のリンク先サイトには、霊視能力が口コミでも評判の高い 杜松 (ネズ) 先生、眞文 (マアヤ) 先生、郁恵 (イクエ) 先生が所属されている。霊能力者探しに迷われる場合は、以下の先生に相談してみるのも良いであろう。



以下のランキングサイトも参考になる情報が眠っている、一度、確認して見るのもお勧めだ。


霊視ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

霊能力開発が危険だと言われる理由とは 霊能力開発 危険 霊能力開発は危険だと言われる場合もある。このような話を聞けば、霊能力者が自分自身の特権を、他の人に持たせないように、何かしら言いがかりをつけて、霊能力者になる人を増やさないと言う企みを持ち合わせているのではと思われてしまうかもしれない。

霊能力開発は危険だと言われる理由について、少し紹介させていただこう。悪霊に取りつかれやすくなると言う話は、よくある話であり、ここで紹介するほどの内容でないため、違う話をさせていただく。

霊能力開発を行うと言う事は、自分自身に対してプラスになるのではなく、もちろん自分と違った姿になるため失うのも現れやすくなる。

神経が過敏に働くと言う事は、必要な情報に対しても、必要な情報だと脳は判断してしまう可能性も高まるのだ。車の運転で言えば、ブレーキとアクセルが過敏に反応するようなものである。

一般的には、脳の中では、無意識に不必要な情報と必要な情報を取捨選択し、不必要な情報は意識に上らないようにブレーキをかけている。例えばコーヒーを飲もうとする場合、他の情報は不必要であるため、その情報を排除し、コーヒーを飲もうとする情報のみを処理しようとするのだ。

霊能力開発を行うと、様々な情報が意識の上に上がりやすくなり、混乱状態を引き起こしやすくなる。精神分裂病のような状態が起きる可能性もあるのだ。

沖縄のユタと呼ばれる人たちは、ユタとなる前に、カミダーリと呼ばれる精神病の近い状態にあい、その中から次第にコントロールできる力を養っていくのである。

霊能力開発と言うのは、身に付ければ、+ αとして自分の才能になるのではな。何かしらを失う姿の中で、そこが、霊的な力として発揮されるのである。

霊能力開発を行いたい人の、最大の間違いは、霊能力と言うのは自分自身に着くパーツではなく、力のある高級霊が憑依をすることで、力が顕在化されるのである。つまり、高級霊に認められる思いを持ち合わせなければならない。

他人よりもすごい能力と言うのは、まるで自分自身が選ばれた存在として、優越感を感じる場合もあるだろう。そのような状況で天狗になってしまう可能性もあるのではないだろうか。もちろんそのような思いを抱いている人へは、人々の力になる高級霊のサポートは受けることができない。

受けることができるとするならば、それは悪霊であり、人に憑依をすることで、人から存在感が認められ、そのことに対して優越感を感じている霊である。このような理由を悪霊と呼ぶかどうかは疑問に思う所もあるが、このような霊は、その事にある程度満足をすれば、成仏をしてあの世へ旅立つ場合もある。つまり、霊的な力が発揮されなくなってしまう場合もあるのだ。

人のために尽くそうと思う思いは、そのことに対して終わりはない。常に人は誰かしら悩みを抱え、霊的な力を求められる場合もあるためだ。

霊能力開発を行う場合は、霊的な力と言うのは、あくまでも結果を得るための手段であり、霊的な力が結果であってはならない。このような思いを持ち合わせていれば、霊的な力よりも、人を手助けたい思いが勝り、結果的に高級霊に認められる中、自身の霊的な力が高まっていくのである。


以下のリンク先サイトには、霊視能力が口コミでも評判の高い 杜松 (ネズ) 先生、眞文 (マアヤ) 先生、郁恵 (イクエ) 先生が所属されている。霊能力者探しに迷われる場合は、以下の先生に相談してみるのも良いであろう。



以下のランキングサイトも参考になる情報が眠っている、一度、確認して見るのもお勧めだ。


霊視ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

霊能力者になる方法を哲学的に考える 霊能力者になる方法
 

霊能力者になるためには、何を持って霊能力者であるのかについて予め考えなければならない。一般的には、幽霊とコミニケーションが図れることができたり、未来を見通す力などを持ち合わせている姿である。

ただし、そのような能力を持ち合わせていても、人の利益になるような力を持ち合わせていない人もいるであろう自分自身でコントロールできず、受け身的にそのような状態になる場合もある。

このように考えれば、霊能力者と言うのは、自分自身で、霊能力をコントロールすることができ、尚且つ、人のために役立つことができる能力でなければならない。

霊能力者と言うのは、霊媒者と呼ばれる場合もある。高級霊が霊媒者に憑依を行い、霊媒者の体を使って霊能力を発揮させていると思われる場合もある。実際の話は、霊媒者のオーラと同調させ、その同調させたオーラを扱うことで、高級霊は霊媒者は使おうとしているのである。分かりやすくい言えば、紐の付いた人形を扱っているような姿である。

そのため霊能力者は、ただ霊感を高めるのみならず、高い感性を持ち合わせなければならない。霊能力者になるには、自分自身にとって高い価値観を持たなければならないであろう。これは何も、高い神々について意識しなければならないとも限らない。

自分自身の中の、神聖な高い思い、何かしらを表現する的な感性でも構わない。仮に高い神々について意識をしなければならないとするならば、神仏に使える神官やお坊さんなどから、多くの霊能力が現れてもおかしくは無いであろう。

神々を信じない無神論の人の中に、後天的に霊能力者が現れる姿もよくある話である。マイナスを持つ人間の方が、相対的に感じる想いは高くなる姿も考えられる。

霊能力者が、霊的な力を発揮されている場合は、右脳働きが高まっていると言われている。この右脳は、あの世とのつながっていると言われている場合もあるのだ。そしてこの右脳は、全体を感じる時に働きやすくなる。音楽などを聞いていると、右脳の働きが高まると言うのは、音楽と言うのは、全体で感じるものだからである。

宇宙を感じていると、霊感が高まると言われている場合もある。これは宇宙から、霊的な力が降り注ぐのではなく、宇宙と言う全体を感じることで、右脳の働きが活性化され、霊的な力が高まるのではないかとも考えられる。

ただし、右脳ばかりの活性は、意味が分からず、混乱をしてしまう可能性も高まってしまう。物事を理解できるのだから、判断を行い、それを受け止めることができるのだ。それは、左脳の役割であり、実は私たちの本当の自我は、左脳かもしれない。

デカルトは、我が思うからこそ、我だいると言う哲学的な言葉を残されている。自分の事を理解できなければ、自分自身の存在が無くなってしまう。それすら理解ができない状態が現れてしまう危険もあるのだ。霊能力者になるには、バランスが大事であり、常にバランスを意識しておくのが大切である。何よりも、この世はバランスで成り立っており、片方を強くすると崩壊へと導いてしまう可能性も高まってしまう。




以下のリンク先サイトには、霊視能力が口コミでも評判の高い 杜松 (ネズ) 先生、眞文 (マアヤ) 先生、郁恵 (イクエ) 先生が所属されている。霊能力者探しに迷われる場合は、以下の先生に相談してみるのも良いであろう。



以下のランキングサイトも参考になる情報が眠っている、一度、確認して見るのもお勧めだ。


霊視ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ