霊能力者へ(霊能力相談/霊視相談)

霊能力者への相談に役立つ豆知識

霊能力者

霊能力者と精神病、統合失調症との違い 精神病 統合失調症 

 霊能力者との精神病と統合失調症というのは、紙一重の生理反応を引き起こしている。その違いについてできるだけ分かりやすく説明してみよう。

そもそも霊能力者の能力というのは、周りのいる人達、社会の一部でも認められることで、霊能力者としての役割を持つことができる。霊能力者の言うことが理解可能な内容であれば、精神病や統合失調症としての疑いが持たれ、社会から隔離されてしまう可能性もあるだろう。

1万年先の未来について、霊能力者が語る内容は、それを証明する方法もなく、社会を混乱に落とす人物としてのレッテルも貼られるかもしれない。

ここで言う霊能力者と統合失調症の違いとは、そのような内容ではない。

私達の周りには様々な情報がある。周り以外にも、自分自身の経験による記憶としての情報もあるであろう。人と人とは心の奥底で繋がっていると言われ、仮に繋がってるとするならば、自分自身に与える、そのような世界も様々な情報があるはずだ。

ただし、そのような情報が一度に意識に集まってしまえばどのようなことになるであろうか。人は今何をしてしまうに違いない。バレーボールの玉が一度に飛んでくるようなものであり、それは、すべて処理することはできないであろう。

一般的の人は、他の情報が意識に上がらないように、ネジで閉まっている。霊能力者の能力や統合失調症と呼ばれる人の脳では、そのネジの閉まりが弱く、一般の人よりも様々な情報が意識の中に入りやすい状態なのである。

霊能力者と統合失調症の違いは、自分自身でネジを調整できるかどうかの違いなどもあるであろう。

例えば、学校の授業において、学業と関わりのない情報が意識で入ってくれば、その環境に敵適することができなくなってしまう。霊能力者の能力が、テストの問題を解くような内容であれば、環境に適応することもできるであろう。

つまり、霊能力者と統合失調症との違いは、社会に適応できるかどうかの違いもある。

何よりも大きな違いがある。霊能力者の能力というのは、高級霊が霊能力者が憑依をすることで、霊的な力を発揮させている。

高級霊は、様々な場所から情報を引き出し、適切な情報を選んで、霊媒者である霊能力者に伝えているのだ。統合失調症の患者はそのような仕組みではない。様々な場所にある情報元にアクセスをしてるようなものであり、その中から自分自身で取捨選択をし、自分が必要な情報を引き出す、生でする力がないと言えるかもしれない。

このように考えれば、統合失調症の語る内容というのは、神の領域に近い内容であり、これを生きている人がしっかり意味のあるものとして考え、内容を集め、分析整理をすれば、この情報現の姿が、現生の人でも分かりやすく表面化できるかもしれないだろ。

有名な話だが、深層心理学者のユングは、患者が言うおかしな言葉について、気になり、その内容が、この患者が知るはずもない古代の神話と酷似してることに気づき、人類が共通して記憶を持ち合わせている集合的無意識という概念を考えた。

これは人類のみならず、神経を持つすべての生命体による集合的無意識と言う概念も考えることができるのだ。

霊能力者の能力は、高級霊によって選ばれた情報について知る能力であろう。

統合失調症においては、このような話もある。ある病院において、何人もの精神患者が歌いだし、その歌った内容というのは大地震を予知するような内容なのである。その後、実際に大地震が起きたという逸話がある。

深層心理学者のユングの話や、これらの話の内容については、少なくとも、そのことについてしっかりと考える人にとっては意義のある情報である。

集合的無意識というのは、ただ、無意識的な情報元ではなく、しっかりと生きた姿として存在してるのかもしれない。しっかりと意思があり、大切な情報について、統合失調症の患者を通してこの世にメッセージを伝えていると考えることもできるであろう。

霊能力者の定義や、統合失調症の定義というのは、人々が決める内容であり、時代によっても変化が現れてくるかもしれない。

いずれの未来においては、統合失調症の患者が、神として祀られる可能性もあるであろう。




以下のリンク先サイトには、霊視能力が口コミでも評判の高い 杜松 (ネズ) 先生、眞文 (マアヤ) 先生、郁恵 (イクエ) 先生が所属されている。霊能力者探しに迷われる場合は、以下の先生に相談してみるのも良いであろう。



以下のランキングサイトも参考になる情報が眠っている、一度、確認して見るのもお勧めだ。


霊視ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

なぜ?霊能力者は危険で嫌われる存在なのか 危険

  残念ながら、霊能力者は危険で嫌われる存在だと多くの人に思われてしまっているようだ。霊能力者の霊というのは幽霊を想起しやすく、死を連想させる。人は、死を恐れて生きる本能を持ち合わせているため、嫌われてしまう存在だと言う解釈もできるであろう。

今回は、少し面白い話に出会ったので、その話を紹介するのと同時に、私が感じることと、私が持ち合わせている知識を組み合わせ、少し長文になるかもしれないが、霊能力者は危険で嫌われる存在について話をさせていただこう。

面白い話というのは、蟻についてである。自宅内に多く蟻が現れていたため、蟻の生態について調べていたのだ。

アリとキリギリスという話があり、蟻という虫は働き者だというイメージがあるが、2割の蟻は、全く働かず手伝わず、プータローの生活を送っているのだ。そして、2割の蟻は、よく働く、6割の蟻は普通に働くという話である。

一見、何ともないような話ではあるが、その話によれば、全く働かない2割の蟻を排除させ、効率よく働かせるために、よく働く蟻と、普通の蟻だけを組み合わせるという実験を行ったのだ。するとどうだろうか、よく働く組織になったにもかからわず、その組織から、2割の蟻がプータローとして全く働かなくなったのである。

蟻のこの組織というのは、自然界が作り出した仕組みであり、この実験を行った研究者は、結論的に健全のある組織には、2割の全く働かないプータローのような存在が必要であると結論付けたのである。

人間の常識で言えば、全く働かないような人が社内にいれば、組織に悪い影響を与えると考えてしまうであろう。2割の全く働かない人たちがいる方が、組織としては健全である可能性があるのだ。

蟻の実験によれば、よく働く蟻が怪我をした場合、全く働かなかった蟻が、その代わりとして働き始めたという話もある。

全ての人が、仕事に対して頑張れば、全ての人が壊れてしまう可能性もある。そうなれば、組織そのものが崩壊してしまうとこの研究者は結論付けたのである。働かない蟻がいることで、いざという時のバランスを維持することができるのである。

ここからが私の知識になるが、この世はバランスで成り立っている。暑すぎれば汗をかき、寒くなれば熱を逃がさないような生理反応を起こす場合もあるだろう。

つまり、霊能力者が危険で、嫌われてしまうのは、霊能力者を信じる人もいれば、バランスを取るために霊能力者を危険だと判断をし、嫌おうとしている自然界の法則が働いてる可能性もあるのだ。

霊能力者が危険で、嫌いたいという心情は、個人の思いではなく、自然界のエネルギーが人として表に現れた姿だとも言えるかもしれない。

これが事実であれば、全ての人に霊能力者の存在について信じてもらうということは不可能なことだと言うこともできるであろう。信じる人が増えれば増えるほど、信じなく霊能力者が危険で嫌いたいという思いの人もバランスを取るために増えるためだ。

東洋思想においては、始めに大極と呼ばれるエネルギーが有り、軽い気は上に上昇し、重たい気は下に下り、二つ陰陽のエネルギーが生まれた言われている。それを繰り返すことによって、様々なものが生み出されたといわれているのだ。

精子が卵子と結ばれた後、受精卵は、胚分裂を起こしながら体を作り上げていく。はじめに別れるのが2つだ。古代の人がこのことを知っていたかどうかわからないが、東洋思想が現す陰陽の仕組みと同じである。

霊能力者の存在を信じる人が、日本全国、世界全部に広がれば、もしかすれば組織が崩壊してしまうのかもしれない。それを防ぐ目的として、自然の仕組みは、霊能力者は危険で怖いという思いを作り出してる可能性もある。

逆から言えば、霊能力者を信じない人が日本全国、世界全部に広がってしまっても組織が崩壊してしまう可能性もあるであろう。

霊能力者を信じなければ、人は、自分自身が亡くなったことを認めず、悪霊や浮遊霊となり、現世に生きてる人に憑依行い、好き勝手な行動を起こすことで、組織が崩壊してしまう可能性もあるためだ。

信じる人は信じる、信じない人は信じない、お互い強く干渉し合わない、自分たちの言い分を強く主張していかないことで、バランスを取ることができるであろう。

強く主張するという言い分は、私がこのブログを使って霊能力者について伝えていくのは矛盾することかもしれない。ただし現代人の多くは、霊的な内容信じない人も多く、実際に悪霊や浮遊霊になる人も多くいるため、バランスを維持するために積極的に伝えていく心構えだ。

社会における職場の組織を考えた場合、2割の人を遊ばすというのは、現実的ではないであろう。職場内に保育所などを設け、交代制において2割の人を子供たちと遊ばす方法なども行なえば、自然界が考える健全な組織ができるかもしれない。もちろん、2割の人は普段以上に積極的に仕事量を増やして、働いてもらう必要性もある。

現在の日本の社会においては、生活保護支給によって、働く人の不満がある場合もあるだろう。生活保護支給によって、パチンコなどで遊んでいる姿などに文句を言ってる人も多くいる。自分たちで働いた税金を、遊びで使うなと憤慨している人たちもいるであろう。

自然界が作り出しているこの蟻の組織について考えてみた場合、生活保護で遊んでいる人が働き出したら、人間には理解できない力によって組織が崩壊してしまう可能性もあるかもしれない。

自分たちが働けるのは、矛盾するような内容であるが実はこの遊んでいる人たちのおかげだという考えもあるであろう。

生活保護受けてる人の多くは、お金を使う傾向にある。市場にお金を流す役割も果たしている。無駄な税金だと何も使わずに貯めて、働く人もお金を使わなければ、市場にお金が流れることはなくなり、社会が崩壊してしまう可能性もある。

平等という考え方は、組織を崩壊させてしまう場合もあるのだ。例えば、全ての人の名前が同じで、全ての人の顔が同じ、髪型もみんなが同じであれば、差が無くなり混乱してしまう姿が現れてしまうであろう。

世の中を存在させるためには、陰陽の様に差が大切である。

少しばかり、霊能力者が危険で嫌われる話とは話が違った内容になってしまったが、霊能力者自身は、危険だと思われること、嫌われると思われることを必然だと思い、信じる人にだけその能力を使っていく思いが大切である。

あまりにも霊能力者の存在が公に広がれば、自称霊能力者と呼ばれる偽霊能力者が現れ、その霊能力者が犯罪など起こすことで、霊能力者の存在の広がりに抑制力がかかってしまう場合も考えられるであろう。

公に広げていく使命を持つのではなく、一人一人の悩みを抱えている人に答えていく姿勢が大切である。




以下のリンク先サイトには、霊視能力が口コミでも評判の高い 杜松 (ネズ) 先生、眞文 (マアヤ) 先生、郁恵 (イクエ) 先生が所属されている。霊能力者探しに迷われる場合は、以下の先生に相談してみるのも良いであろう。



以下のランキングサイトも参考になる情報が眠っている、一度、確認して見るのもお勧めだ。


霊視ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

地震の予知と霊能力者についての話し 地震 

 

 なぜ霊能力者は、地震に対してあらかじめ予知をしてくれないのであろうかと疑問に思われる場合もあるかもしれない。そのことについて少し触れさせていただこう。

まずはじめに、霊能力者の存在というのは、社会的に認められている姿ではない。科学を信仰する現実的な考えを持つ人は、たとえ当たったからといっても、何かしらの理由をつけて批判する姿も現れるであろう。

霊能力者の方の感性というのはとても強く、多くの人に批判される姿に耐えれる内容ではない。一般の人でも、犯罪を起こしていないにもかからわず、人々から批判を受ければ精神的に耐えれる内容ではないであろう。霊能力者の方は、一般の人よりもそれが強く現れてしまう場合もあるのだ。

人の心をわかりあえる能力というのは、良い面ばかりが現れるものではない。

霊能力者の能力によっては、ピンポイントで情報をつかめない場合もある。霊視の力というのは、様々な解釈がされているが、未来を見通す力というのは高級霊が山から遠くを眺めるようなものであり、その姿を霊媒者である霊能力者に伝えているのである。

これは直接伝えているとは限らず、高級霊が、あの世の霊媒者に憑依を行い、そのあの世の霊媒者が現世の霊媒者に憑依をして伝えていると言われているのだ。情報におけるバトンタッチのような内容といえるかもしれない。

このように考えてみたことはないだろうか。霊能力者が霊視によって未来を見通すことができるとするならば、地球が滅んでしまう未来、何兆年先の未来も見れるはずだ。過去に至っては、人類がいつ文明を持ち始めたのか、ピラミッドを誰が何を目的に作ったのか、様々な情報を引き出すことが可能である。

ただし、その様な霊能力者はいない。これは山から見てるような内容で、高い位置にいる高級霊ほど遠くを見通すことができ、様々な内容について知ることができると考えることもできるのだ。そしてフリーメイソンのピラミッドのマークの頂上には、全てを見通す目が付いている。これが霊能力者の未来を知る仕組みであろう。

現に霊能力者が言う未来は、具体的な日付ではなく、来年の秋頃、何年先ぐらいなど曖昧な答え方が一般的である。

このような知識を持ち合わせていない現代人にとっては、多少日付が外れた内容に対しても、どうしてピンポイントで当てることができない、数ある日付を適当に言っておけば、いずれ当たることができると批判的な言葉を多く投げかける人もいるであろう。

ただし、中にはブログなどを使って、地震に対しての情報を伝えてくれる人もいる。これは、現在の社会が従来よりも霊的な姿に寛容になりつつあり、霊的な内容を受け入れる人々が増えているためだとも言える。江原啓之氏や木村藤子氏、ちえちゃんと呼ばれている霊能力者の活躍における恩恵でもある。

実際、インターネットなどによって容易に霊能力者を探し出し、霊能力者に相談が出来る環境も整いつつある。実際に当たる姿などを一般の人たちが体験することで、霊的な力に対して認めている場合も増えているであろう。

私が感じる内容では、霊能力者が自身を言い当てる内容は、一時的な姿だと感じる。なぜならば、霊能力者が自身を言い当てれば、人々はその人を神として崇め、その人の言うすべての言葉を信じることになるであろう。悪霊にとっては、とても美味しい霊媒者であり、憑依をすることで自分の欲を満たそうとするためである。

過去に株価を言い当てる霊能力者がいた。多くの人はその人に足を運び財を成し遂げたのである。ただしその霊能力者は、そのことに優越感を感じ、天狗になり最終的には大きな負債を抱え、銀行の店長と結託押し罪を起こして捕まったのである。

大地震によって命を失う人にとっては気の毒であるが、そこからは人々の絆や、人々の温かさなどが現れる場合もあるであろう。もしもそれを気づかすために、地震が起きるとするならば、人々の絆や人々の温かさを失っている時代というのは、大地震が起きる可能性も高まる。

なぜならば人は自然の法則の中で生きているものであり、自然の法則には支えあう法則がある。人間は自然からその使命を受けていると考え、その使命を忘れた頃は自然の怒りが地震として現れるかもしれない。自然にとっては、人の命よりも、自然を維持する方が大切だと考えることもできるだろう。




以下のリンク先サイトには、霊視能力が口コミでも評判の高い 杜松 (ネズ) 先生、眞文 (マアヤ) 先生、郁恵 (イクエ) 先生が所属されている。霊能力者探しに迷われる場合は、以下の先生に相談してみるのも良いであろう。



以下のランキングサイトも参考になる情報が眠っている、一度、確認して見るのもお勧めだ。


霊視ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

霊能力者になるには、と思われている方へ 霊能力者になるには 

 どのようにすれば霊能力者になるにはについて考えてみたことがある人もいるであろう。霊能力開発などのセミナーや、通販などが市販されている場合もあるが、そのような物を使って、霊能力者になられたと言う話は、私が知る限り1度も聞いたことがない。


仮にそのようなものを使って霊能力者にこられた人がいるとするならば、その人はそれを使って霊能力者になる宿命を持ち合わせていたと言えるだろう。

霊能力者になるには、まず初めに霊能力者になる思いを捨てなければならない。現在活躍されている霊能力者の多くは、霊能力者になりたくなられたわけではないのだ。大切な思いは、霊能力者になりたくないという思いである。

他のページでも紹介しているが、霊能力者というのは、霊媒者と言われる場合もある。高級霊が霊媒者に憑依をすることで、霊能力者としての力を発揮するのだ。

霊能力者になるには、霊能力者になりたい人は欲が強く、他人に持ち合わせていない力を持ち合わせて優越感を感じ、自己満足のために霊能力者になりたいと思われている場合もあるだろう。

高級霊の抱いている波長と合わず、逆に欲を満たそうとする悪霊や浮遊霊と波長が合うことで、体を支配されてしまう可能性も高まる。

悪霊や浮遊霊の中には、高級霊並みの力を持ち合わせている霊もいる。様々な映像を霊能力者になりたい人に見せ、あたかも自分が霊能力者かと勘違いさせることで、霊的な力を高めさせ、最終的には完全に体を支配してしまうと企む場合もあるのだ。最終的には、精神を崩壊させてしまう場合も起きる。

霊能力者と呼べるか分からないが、異様に目が鋭く、怒りに満ちているような雰囲気を表情として表している人もいるであろう。まさに悪霊などに取り憑かれている姿である。

霊能力者になるには、高級霊が憑依しやすくなるために、高級霊との波長を合わせなければならない。

ここで矛盾するような話が起きるかもしれない。霊能力者になりたくない人の波長と、高級霊自身の波長というのは、全く相反する波長である。霊能力者自身に様々な不幸や苦しみを経験させることで、人の苦しみを知らせると同時に、霊能力者としての自覚を宿命として受けさせ、波長合わせやすい状態に持っていくこともあるだ。

高級霊自身も人の苦しみをより良く知っている。同じ苦しみを知る霊媒者とは考えも共感しやすく、波長合わせやすいという思いもあるであろう。

霊能力者になるには、霊感を高めていくことが大切であるとよく言われている。霊感を高めていく姿は大切なことであるが、それはあくまでも、基本として霊を憑依しやすくするための状態である。

携帯電話の電波の受信をよくするような努力と言えるかもしれない。心のあり方はチャンネルであり、このチャンネルの内容によって霊能力者になれるかどうかの大きな違いが現れてしまうのだ。

もちろん、幽霊を見て怖いと思う人は、霊能力者になることはできないであろう。人に尽くすよりも、人から尽くされる方が良いと思う人も不適格である。

自分自身の学歴にこだわりを持ち続け、人を上から目線で判断をする人も良くない思いである。

霊能力者になるにはについて考えると、ついつい、瞑想や意識をどこかに向けるトレーニングなどについて考えてしまうのではないだろうか。

霊能力者になるには、そのような内容は、大切な行いの一つであるが、それをすれば必ず霊能力者になれるとは限らないことも念頭に置いておかなければならない。

一般の人が霊感を高めることは、悪霊を寄せ付け、憑依されるために危険な行為だと言われる場合もある。私自身はそのようには考えない。

霊能力者にはなれなくても、霊感を高めれば、様々な才能を持ち合わせた高級霊並みの霊が憑依をすることで、自分自身の才能を高めてくれる可能性もあるためだ。

一番良くないのは、何も趣味を持たず、他の物には興味を持たず、霊感だけを高めて、霊的な能力を発揮させ、人から注目を受け、自分自身だけの欲を満たそうと思う姿である。

悪霊というのは、自分の死を受け容れず、自分の存在を求めて注目浴びたいという思いの中、さまざまな悪さなどを行ってしまうこともよくある話だ。それはまるで子供が、親に相手されず、注目をされるために皿を割ったり、いたずらなどをするような幼い魂と同じである。

自然の中には、お互い支えあっている動植物などもいる。そのような動植物に意識を向ければ、支え合う想いが芽生え、高級霊と波長が合いやすくなり霊能力者になるにはに近づくことができるかもしれないであろう。




以下のリンク先サイトには、霊視能力が口コミでも評判の高い 杜松 (ネズ) 先生、眞文 (マアヤ) 先生、郁恵 (イクエ) 先生が所属されている。霊能力者探しに迷われる場合は、以下の先生に相談してみるのも良いであろう。



以下のランキングサイトも参考になる情報が眠っている、一度、確認して見るのもお勧めだ。


霊視ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

霊能力者が行う呪いは法律で禁じられているが 呪い 

驚くかもしれないが、人に呪いをかけるというのは法律で禁じられている。霊能力者が、人に呪いをかけるというのは法律で禁じられているのだ。このような話を聞けば、驚くかもしれない。ただし、呪いをかけられている相手がその事実について知ることになれば、脅迫罪として罰されることになる。

実際、物的証拠がない限りは、検挙することは不可能であろう。私がここで語る内容は、そのような内容ではない。呪いというのはあくまでも結果であり、世の中には様々な姿として、そのような力が知らず知らず働いていることもあるという話だ。

霊能力者だろうと、喜怒哀楽を持ち合わせている人である。他人に対して嫌な思いをすることもあるであろう。その思いは生霊となり、相手に対して何かしらの影響を与える場合もある。これは霊能力者に限らず、一般の人でも起こり得る内容だ。

このような思いを抱く思いは罪になるのであろうか。親に勉強を強要され、嫌がる子供も不満を抱き、親に対して呪いのようなエネルギーが生まれる場合もあるであろう。

法律について考えてみよう。なぜ法律というものが存在するのか。これを考えるのは至って簡単であり、法律というものがなければどのような状態になるのかについて考えればすぐにわかることだ。

法律がないということは、犯罪が増える姿が現れるであろう。社会そのものの組織が崩壊する可能性も高まる。法律というのは組織を維持するために大切な内容である。

現在のける人に呪いをかける姿というのは、その事実が公に現われば、人は不安を抱く中において、組織の維持に支障をきたしてしまう場合も考えられる。呪いの効果というものが、社会が認められる内容となれば、呪いの掛け合いが現れてしまう場合もあるであろう。

古代においては、南北朝時代、南朝の天皇が吉野に逃れた際、高野山、真言宗の密教の力を使って北朝の天皇を呪い殺そうとしたのは有名な話である。戦国時代は、お互いの殺し合いの中、様々な人達の中で恨みがあったに違いない。

このような時代は、多少霊的な力を使って呪いというものが行われるのを、高級霊などは予め認められていたのであろうかと考えてしまう場合もあれば、高級霊同士の中でも意見の対立があり、それが現生の姿として現れてしまっている内容だとも考えることはできる。

罪と言う考え方は、その人が罪だと思えば、そのことで初めて罪になると考えることもできるであろう。なぜならば人は、生きた動物を食べることもあれば、第二次世界大戦中には多くの人が戦争に参加をし、人を殺すための鉄などを国に献上した姿もあるであろう。

全ての人が、このことに対して罪を背負うならば、人は永遠にカルマを背負って輪廻転生を繰り返していくことになってしまう。食物連鎖の仕組み自体が、罪のある内容だとも言えるかもしれない。

そのため、罪というのは、自分自身で自覚をして初めて罪になると考えることもできる。

現在の霊能力者の多くは、呪いというものは罪であるという自覚を持ちあせているため、法律にかからわず、そのような行為を行う霊能力者は、ほとんど存在しないであろう。




以下のリンク先サイトには、霊視能力が口コミでも評判の高い 杜松 (ネズ) 先生、眞文 (マアヤ) 先生、郁恵 (イクエ) 先生が所属されている。霊能力者探しに迷われる場合は、以下の先生に相談してみるのも良いであろう。



以下のランキングサイトも参考になる情報が眠っている、一度、確認して見るのもお勧めだ。


霊視ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ