霊能力者へ(霊能力相談/霊視相談)

霊能力者への相談に役立つ豆知識

霊能力者

修行は必要なのか?霊能力者への道筋とは! 修行

 霊能力者には、必ず修行が必要なのか、交通事故などによって突然、霊視能力が目覚める人もいるが、そのような内容では無い話について、少し紹介させていただこう。

10数年前ぐらいの話になるかもしれないが、私は、ある霊能力者のブログを読んだ。その時の内容について紹介する。

女性の方であるが、その方もともと霊感が高く、様々な霊能力者の方から霊能力者になるように言われていたそうだ。

多少、自分自身で霊感が高いことも自覚をしていた。ただし、人に相談ができる程ほどの霊感というのは自覚をしておらず、自分自身の力に不安を抱かれていたのだ。本当に私が、人を助けなければならないのであろうかと。

多少自分自身の霊感があることは自覚していたため、密教系の修行等が行える団体に申し込みを行い、霊的な力を高める修行を行い始めた。滝行などの修行である。

いくら通い続けても、霊的な力は一切開花せず、修行と自分自身の霊感に疑問を持ち、自分には才能がないと諦めた。

だいたい3ヶ月後だと記載されていたと記憶にはあるが、突然深夜に、龍が口の中に入っていく幻覚に襲われ、体が吹き飛ばされたような経験をされたのだ。その女性の方は、その後、徐々に霊視が出来るようになり、その後、霊視ができる霊能力者として活動を始めたと紹介されていた。

その女性が思ったことは、修行というのは全く意味がなく、霊能力者になる人は宿命として、突然そのような力が授かるものだと悟ったことを紹介されていた。

この人の話からすれば、霊能力者には修行というものは必要であると判断することもできるであろう。

ただし、私事はであるが、霊視ができる霊能力者に相談をした時、別に霊能力者になるつもりはない相談内容であったが、あなたに霊視ができる方法教えてあげてもいいけど、あなた修行した、修行するつもりはないでしょうと言われたのである。

もちろん、その霊能力者は本物の霊能力者であり、過去のことやつい最近の出来事などを伝えておらずとも、様々なことについて話されていた。

私はここで言いたいのは、私が霊視が出来る霊能力者としての素質の有無ではなく、修行しなければ、霊視能力が身につかないという話だ。

この2つの話は、話として矛盾をする。片方は修行は不必要であり、片方は修行は必要だと言っているのである。

矛盾するようであるが、矛盾はしていないとも考えることができる。それぞれ開花する方法は、人によってそれぞれであり、自然に霊視能力を身につくことが宿命である人もいれば、修行によって霊視能力が身につく宿命の人もいるであろう。

霊視ができる霊能力者に弟子入りをし、霊視能力に耐えれる霊的な力を身につけた場合、師から神降ろしを行ってもらうことで、霊視能力が開花する人もいると言う話もあるのだ。

修行と言うのは、ただ、滝に打たれたり、断食をするだけでは、霊視能力は身につくことはできないであろう。

神と呼ばれるような高級霊に認められ、高級霊の意志によって力を授けない限り、霊視能力は開花されないと判断することが出来る。

ブログで紹介されていた女性は、修行を行うことで、すでに、高級霊から認めてもらえるだけの資格や力を持ち合わせていたのであろう。

修行すれば、必ず霊感が高まり、必ず霊視能力が発揮できるとは考えない方が良い。このブログに書いた女性は、修行することは意味のないことだと悟らせるために、高級霊がこのような方法を取ったと判断することもできる。

仮に修行によって霊視能力が開花すれば、この女性はそのことで有頂天となり、誤った考えを持つことによって、高級霊が求めない霊能力者になっていた可能性もあるためだ。

神降ろしの状態も同じである。自分自身に権力欲や欲望などを持ち合わせていれば、師からは認められず、神降ろしも行わないであろう。

結論を言うと、霊能力者の修行は、霊的な力を高めるだけではなく、自分自身の欲に打ち勝ち人に幸せや笑顔、喜びなど人に貢献できるような精神を養う修行も大切だ。


以下のリンク先サイトには、霊視能力が口コミでも評判の高い 杜松 (ネズ) 先生、眞文 (マアヤ) 先生、郁恵 (イクエ) 先生が所属されている。霊能力者探しに迷われる場合は、以下の先生に相談してみるのも良いであろう。



以下のランキングサイトも参考になる情報が眠っている、一度、確認して見るのもお勧めだ。


霊視ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

弟子などを取らない、師弟関係の無い霊能力者が増えている 弟子 師弟関係 

 

一般的に霊能力者として活動する道筋というのは、何かしらの幻覚に合う中で、精神病院などに行き異常がないことから、霊能力者へ足を運び、そこで弟子入りをすることで、師弟関係が生まれる。その霊能力者のもとで、霊能力をコントロールする中で、一人前の霊能力者へと足を運ばれるのである。

現代においても、このような姿はよくあるが、若干従来よりも師弟関係がなく、弟子の存在がない霊能力者の方も増えているのだ。

これには、いくつかの隠された背景があるため、その点について紹介させていただこう。

従来の霊能力者というのは、社会的に大学までの進学する人も少なく、大学まで進学されている霊能力者というのはそれほど多くはなかったのである。貧困な状態が、大きなストレスを生みだし、それをきっかけに霊的な感性が高まっていた人もいるであろう。

現在は、大学まで進学されている霊能力者の人も数多くいる。霊的な意味での価値感が、従来の霊能力者とは違う姿も現れているため、師弟関係がなかなか築かれない姿もあるであろう。

大学まで出来ている霊能力者というのは、知識も多く持ち合わせているため、相談者に対する答えれる幅が広がっている姿などもあるはずだ。

大学まで進学されてるという事は、様々な考える力を持ち合わせている力もある。その考える力を使って、自身で霊的な力をコントロールする方法について、自分自身で身につけていくこともできる場合も高まる。

現在はインターネットの普及に伴って、霊的な力をコントロールする、アドバイス的な情報について知る機会もあるであろう。

この場合においては、力を授ける高級霊が、霊媒者となる若い霊能力者に対して、その情報に目を通すように導くことも行えれる。

従来の霊能力者というのは、高級霊という姿を、人間には手の届かない高い存在、崇めるべき存在として受け止めていたような考え方もある。

本来高級霊は、そのような思いを抱いているのではなく、できれば身近な存在として思ってもらいたいという思いがあるはずだ。

手の届かないような存在というのは、霊媒者である霊能力者自身が特別な人間として錯覚起こし、高級霊と意志が反する姿が現れることで、霊能力者自身を扱いにくい存在にしてしまいかねないためだ。

若い霊能力者の中でもそのような傾向は少なくとも有るかもしれないが、従来よりは、身近な姿として思われてる傾向も強い。

これは芸能界の姿とよく似ている。従来の芸能界における芸能人とは、雲の上の存在であり、一般の人々には手の届かないような、まるで神々に選ばれた姿を持ち合わせていたものだ。

現在においては、庶民とあまり変わらない、少し光のあるような存在として見られている。自分自身を雲の上の存在だと思う芸能人は、庶民から受け入れられず、消えていく姿もよくある。

人気のある芸能人の多くは、庶民的な感性を持ち合わせ、一方価値のある情報を多くの人に伝えていく姿であろう。

若い霊能力者というのは、価値感が庶民的な若者と同じ傾向もあり、師弟関係を築き上げるような従来のような姿で活動されるのを好まない人も増えているであろう。

神という言葉は使わず、私もそうだが、人も生きている同じ霊として、守護霊や高級霊などと言う言葉を好んで使う若者もいる。

私事であるが、過去に、年配の霊能力者の方に相談をしたことがある。その人は、恋愛的な相談は受け入れず、私が相談者に対してクライアントという言葉を使っていることを言うと、クライアントという外来語は嫌いと言われたのだ。

この霊能力者の方が、恋愛的な相談を受けていなかったのは、恋愛ごとの中には相談者の本人に非があり、そのような相談を何度も受けるのが嫌になったと言われていた。

このような話を聞くと、この霊能力者の方が偽物だと思われるかもしれないが、何も言わずとも過去のことを具体的に言い当てられて、私が昼間からお酒を飲んでいることにも注意を受けた次第である。

今では、昼間からお酒を飲んではいないが、年配の霊能力者の方と、若い霊能力者では、同じ霊能力者でも価値感が違う場合もあるのだ。

様々な知識を多く持ち合わせている、若い霊能力者を年配の霊能力者にとっては、コンプレックスを抱いている人も少なからずいるであろう。

霊能力者における、弟子として関係については、あくまでも、従来に比べたら傾向のある姿だ。

全てがそのような状態だと思わないでいただきたい。年配の霊能力者の中でも、市販されている自ら様々な本を読み、世の中の知識を深めている人ももちろんいる。そのような尊敬できる人の中には、大卒に関わらず、若い霊能力者を弟子として身近に置いている場合もあるのだ。

このような年配の霊能力者は、柔軟性のある霊能力者と言えるかもしれない。年配の人でも、スピリチュアルなど近年のよく利用されている言葉なども受け入れている人ももちろんいる。

私自身は、霊視ができるほどの霊能力は持ち合わせていない。ただし様々な霊視ができる霊能力者から、霊的な力が高いため、あなたに教えてもいいけどと言われる場合もよくある。弟子として関係などの話とは違うが、私は、様々なことを考える傾向が高いため、今日良いと思ったことが、考えが変わり明日は良くないと考えてしまう場合もある。

このような人物は、弟子など師弟関係を築くには不向きであろう。自分と同じ性格を持つ人物が、師になってくれと言われた場合、間違いなく断る。

余談であるが、様々な霊視ができる霊能力者から、教えてもいいと言われるたびに霊視というものは、教わって身につくものだろうかと考えさせられる場合もあるのだ。

様々な知識を直感によって感じながら、この様な文章を紹介させていただいている。天から降りてくるような感覚だと言えるかもしれない。私自身の霊的な感覚は、今、これで十分である。




以下のリンク先サイトには、霊視能力が口コミでも評判の高い 杜松 (ネズ) 先生、眞文 (マアヤ) 先生、郁恵 (イクエ) 先生が所属されている。霊能力者探しに迷われる場合は、以下の先生に相談してみるのも良いであろう。



以下のランキングサイトも参考になる情報が眠っている、一度、確認して見るのもお勧めだ。


霊視ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

霊能力が落ちる内容と、アスペルガー症候群について  アスペルガー症候群 

 

霊能力が落ちる内容かどうかわからないが、霊能力とアスペルガー症候群の関係について話させていただきたいと思う。

霊能力者の能力というのは、人の感情を把握しやすく、よく霊能力者の方が発言するように感じるという言葉をよく使う。

アスペルガー症候群の人は、物事を感じるのではなく、全てのことを理解によって判断を行おうとする。アスペルガー症候群の苦手な内容の中には、空気を読んだり、忖度をするようなことを苦手とする場合もよくあるのだ。そして、アスペルガー症候群の人は頭が賢い。まるで。教科書をそのまま頭にコピーをした様な人もいる。

つまり、霊能力者の能力と、アスペルガー症候群の人の症状というのは、まったく間逆の内容だと言えるかもしれない。

すでにアスペルガー症候群の定義などについて、は決められているため、私が病気の症状についてどうのこうのと言う権限や権利はなく、勝手な私の解釈が、嘘の情報として広がる可能性もあるであろう。

ここで語る内容があくまでも私個人が、体験した内容であり、独断偏見な内容として、そのことについて紹介させていただこう。

私は、ある勉強方法について考える中、全ての出来事は理解をすれば覚えられると考えた。理解というよりも、反射的な覚え方だ。つまりこれは、何々である。というようなまるで辞書を頭に叩き込むような覚え方だ。

初めは効率よく覚えることに良い方法だと思っていたが、この覚え方をしていく中で、今まで感じられた人の感情が全くか感じることがなく、それはまるでロボットが物事を理解しているような姿として自分自身が見えてきたのだ。

例えば、人の怒ってる顔を見た場合、怒っている姿は認識できるが、理解はできても、自分自身の感情が働かないため、なぜ怒られているのかはわからない。と言うような症状が起きた。

それはまるでアスペルガー症候群の人が抱いている時と同じ状況なのである。私はその状況についてまずいと思い、すぐにこの覚え方は止め、感じようとする思いを優先的に働かせるように変えたのだ。

私自身、霊能力者として言えるかどうか分からないが、霊能力者としての霊的な感覚は元に戻り、人の感情について把握することができるようになった。

このような経験の中、アスペルガー症候群になりやすい人の特徴というものが見えてきたのである。

まずは幼少時代、友達同士と遊ばず、1人で勉強ばかりさせられてきた子供は、アスペルガー症候群になりやすい傾向がある。

友達同士で遊ぶ内容というのは、心を触れ合う中、相手の感情を把握しやすくなる。その経験がなく、一人で読書など勉強している場合は、感じようとする経験もなく、物事を全て理解によって考えてしまう傾向が高まりやすくなるであろう。

実際に人と交流がないため、挨拶の仕方や、人との接し方というのは、本に書いている内容からしか知ることができない。そのため、話し言葉ではなく、書き言葉として人と接することになり、違和感を与えてしまう場合も起きやすくなるであろう。

このようなことから、今後、アスペルガー症候群になる人の割合は増える可能性が高まる。

親同士の社会の交流が少なくなる中では、子供たちの交流も少なくなってしまう可能性があるであろう。子供のことにしか頭にない親は、常に子供に勉強を強要する姿が現れるかもしれない。

そうなれば子供は、友達と交流をする時間が奪われる中、頭が理性に傾きやすくなる事によって、感情で感じることができず、アスペルガー症候群のような人が増える可能性も高まる。

全ての人とは言い切れないが、高学歴者の人の中には、他人や人の感情が把握できず、他人の心を傷つける様な社会的な問題を引き起こす人もいる。感情を抑制させ、勉強ばかりしてきたのが背景に隠されているかもしれない。

アスペルガー症候群を抱えてる人が現れば、このことについて理解を行い、接し方について考えていく努力を行っていかなければならないであろう。


私がここで伝えたい内容は、霊能力者であろうとも、物事に対して感じるのを辞め、物事をロボットの様に理解をする様になれば、もしかすれば、霊能力が落ちる可能性についての内容である。




以下のリンク先サイトには、霊視能力が口コミでも評判の高い 杜松 (ネズ) 先生、眞文 (マアヤ) 先生、郁恵 (イクエ) 先生が所属されている。霊能力者探しに迷われる場合は、以下の先生に相談してみるのも良いであろう。



以下のランキングサイトも参考になる情報が眠っている、一度、確認して見るのもお勧めだ。


霊視ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

無料相談を行わない!霊能力者の存在に対する考え 無料 

 

  一般的に霊能力者の多くは、無料で相談を受け持ってはいない。シルバーバーチの霊訓という話をご存知であろうか。

インターネットでもその内容が公開されているが、高級霊がどのように霊媒者に憑依をして現世にメッセージを伝える方法などを詳しく紹介されている内容もある。

シルバーバーチが本当に語ってる内容かどうかわからないが、その話の中には、霊能力者は無料で相談を受けなければならないと紹介されているのだ。そもそも、その能力は自分自身の能力ではなく、高級霊の力を借りての内容だからとも紹介されている。

霊能力者だろうが、生活があり、生活を維持するためにと多額の金を請求する人もいるが、無料で相談を行った場合、今まで生活が困って、生活が出来なくなってしまう話も聞いたことはないというのも紹介されていた。

スピリチュアル普及委員会という組織が、このシルバーバーチの霊訓を翻訳して紹介しているのであるが、偽物の霊能力者について強く主張している姿もある。無料で相談を受け持たない霊能力者は、偽物の霊能力者として紹介している姿もあるのだ。

どうしても生活に困るのであれば、能力者は、別に本業をもつ中で、傍ら無料相談を行うのが望ましいとも紹介されている。

私自身この、シルバーバーチの霊訓には、少しカトリックよりの考え方が傾向として傾いているような感じがする。直接シルバーバーチが語った霊訓かどうか分からないが、翻訳する中で付け加えた内容なども少なからず入ってるだろうと思われる。


このスピリチュアル普及委員会というのは、すべてを翻訳してるのではなく、一部を翻訳する中で本を市販したり、CD を販売したり営利活動をしているのも、ここに記載されている内容と矛盾する姿もある。

私はこのページで語る内容というのは、スピリチャル普及委員会を、影から不定する内容ではない。

私が知っている霊能力者の方は、初め霊能力者としての相場が分からず、1時間当たり、2000円程度で相談を受け持っていたのだ。

2000円で霊能力者の力を借りれるとするならば、多くの人にその話が広がり、その霊能力者の方に多くの人が相談しに足を運んだ。

予約は、半年以上待ちの当たり前の話である。中には、それほど重要な悩みでもなく、ただ、世間話しをする目的として足を運ぶ人も多く現れたのだ。

お茶なども出されるため、お茶を飲みながら、1時間、霊能力者と話を伺い、様々なことについて知ることができるとするならば、それはとても安い料金体制であろう。

半年以上待ちだということは、霊的に苦しんでいる人は、この霊能力者の方に相談をしたい場合、半年以上、苦しみを我慢しなければならないということになる。

この、霊能力者には、師となるような霊能力者の方がいる。その霊能力者に注意を受ける中で、相談料を上げていたのだ。最終的には、1時間3万円の料金体制であった。

私自身が、この霊能力者に相談をした時は、約3ヶ月待ちの1時間3万円の相談料だった。

法事などにおいて、お坊さんなどに納める金額は一般的に3万円からだといわれている。それに比べれば決して高すぎる金額では無いであろう。

霊能力者の相談で、無料で行ってくれる人もいるかもしれない。その人の多くは、まだ知名度が低く、自分自身の知人を通しての、紹介でしか広がって行くことはないであろう。

よくよく考えてみてくれたまえ。霊能力者の方が公の場所で、無料相談を行った場合、どのようなことが起きてしまうかだ。

無料であるため、些細な悩みや、霊能力者の能力を確認するための、遊び半分の見せ物を見るように訪れる人もいるであろう。

行列ができるほどの人が多く集まれば、近所迷惑にもなるかもしれない。

無料であるため、何度も何度も足を運ぶ人もいるであろう。相談時間以外にも相談者が現れる可能性もある。また電話であれば、24時間中、電話が鳴り続ける事も予測ができる。

霊能力者が無料で行っているとするならば、知名度を広げる目的として行っているかもしれない。宗教的な勧誘や、詐欺を目的として、霊能力者の名前を悪意を持って利用する可能性もあるであろう。

そもそも力のある霊能力者には、お金を払ってでも相談をしたい人がいて当然だ。その金額というのは一概には言い切れないが、ほとんどの霊能力者は、無料で相談を行っていることはない。




以下のリンク先サイトには、霊視能力が口コミでも評判の高い 杜松 (ネズ) 先生、眞文 (マアヤ) 先生、郁恵 (イクエ) 先生が所属されている。霊能力者探しに迷われる場合は、以下の先生に相談してみるのも良いであろう。



以下のランキングサイトも参考になる情報が眠っている、一度、確認して見るのもお勧めだ。


霊視ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

メンタリストは霊能力者?超能力者?その存在の意味とは? メンタルリスト 

 今日たまたま、インターネットの動画サイトを見ていたとき、メンタリストと呼ばれる人の動画サイトを拝見した。

その内容は、ある芸能人とメンタリストと呼ばれる人が、6枚のばば抜きを行い、顔の表情や仕草からそれを読み取り、ばばを抜いた方が負けだという番組である。5枚のカード+1枚入ったばばでゲームを行うのであるが、メンタリストがばばを置き、相手が取る場合は一発でばばが抜かれ、反対の場合は、一度もばばを抜かない内容だったのである。

2回ともこのゲームを行い、見事、メンタリストと呼ばれる人はパーフェクトで相手を負かせたのだ。やらせだと思われるかもしれないが、芸能人と呼べるかどうかわからないが、元ライブドアの社長の堀江氏である。このようなやらせには、積極的にテレビに出ない人物としても有名だ。

このメンタリストを調べてるうちに、違った動画サイトで、固いスプーンを曲げるパフォーマンスを行っていた。そのメンタリストが言うには、科学的に証明できる内容として何かしらの言い訳をつけ、頭の中で曲がったような錯覚が起きているのだと紹介していたのである。

この言葉には、誰しもが納得できないような姿であった。

ここからはあくまでも私個人の独断偏見の意見だ。そのため、私がここで語る内容は、あまり大きく広げず、こいつの勝手な妄想だと思っていただきたい。

私個人から見る感覚としては、彼は霊能力者である。何をもって霊能力者や超能力者と言う定義があるのかどうかわからないが、一般の人ができない内容として、霊能力者として判断されるのも良いだろう。

彼が行っている内容の多くは、確率で表すことが出来ない内容である。人の心として、ある程度そのような傾向を把握することはできるが、それは絶対的な答えではなく、あくまでも予測の範囲としての確率だ。

全て言い当てるような内容は、すでにそのようなことが起きることを知っていた、相手の挙動もその一つである。

私がここで感じる解釈が少し内容が違う。私の考えの中では、人は、全て端末のような存在であり、心の奥底はインターネットのような状態でつながっており、相手の行動に影響を与えることも出来ると考えられる場合もある。

つまり、堀江氏がカード取ったのは、自分の意思のカードで取ったのではなく、このメンタリストが、相手に念を送って、そのカードを取るように仕組んでいると考えることもできるのだ。

そのカードを取るのを知っていたのではなく、そのカードを取るように相手の潜在意識に働きかけ、そのように働くことで、あたかも当たってるように見せているのである。体から読み取れる動きというのは、あくまでも霊能力者だとわからないように、伏せている姿だとも言えるだろう。

もしかするとその動きさえも、念を送り込むことによって、ばれないような言い訳となる仕草を与えている可能性も考えられる。

もう一つ考えることは、読心や霊視ができる能力者かもしれない。

私個人の話であるが、初めて霊能力者に会った時、仮に幽霊の存在がいるのであれば、亡くなった霊は何かを伝えたくて、霊能力者の元に訪れるのではないかと心の中で思ったのだ。すると初めてあった霊能力者は、私は何も言ってもいないもかからず、追い払うから大丈夫と言ったのだ。

その時、私は、本当に読心ができる人がこの世にいるという事実に出会い、私の考えてる事はすべて筒抜けだと悟った。私の考えというのは一体、どこから現れてきているのだろうとも思った次第だ。

このメンタリストが、この霊能力者と同じ能力を持ち合わせていたら、これぐらいの内容は容易に行えることができるであろう。

このメンタリストの特徴は、少し子供っぽい感情を持ち合わせており、肌が白いという特徴もある。脳の松果体は、霊的な関わりの強い器官だともいわれ、そこからメラトニンと呼ばれるホルモンが分泌される。このメラトニンは、肌を白くさせるという特徴もある。

子供っぽい感情は、開放的で純粋さがあり霊的な力が高まりやすい。

この話についてはあまり広げないでもらいたい。このメンタリストには、ただ注目をされたいだけの行為でもなく、人に笑顔や驚く姿など、楽しんでもらうために行っている行為だからだ。まるでそれは、幼い子供が人々を喜んでもらうために、何かしらのパフォーマンスを行っているような姿である。

この話が広がれば、このメンタリストに対して批判をする人も現れるであろう。まあ私の知名度は、まったくないため、このページに興味を抱く人も少なくこの情報について広がる懸念は心配する事はないと思うが、念のために伝えておこう。

そのような思いがあるのであれば、なぜこのページでそのような情報を流すと突っ込まれるかもしれない。霊能力者に興味がある方や、実際に霊感の高い人、実際の活動されている霊能力者の方に、参考として情報を持ち合わせておいてもらいたいと思われたからだ。

霊能力者の方の中には、このような方法によって活動されている人もいるという話である。現世に現れたのは、世の中を楽しませる宿命を持ち合わせてきたのかもしれない。




以下のリンク先サイトには、霊視能力が口コミでも評判の高い 杜松 (ネズ) 先生、眞文 (マアヤ) 先生、郁恵 (イクエ) 先生が所属されている。霊能力者探しに迷われる場合は、以下の先生に相談してみるのも良いであろう。



以下のランキングサイトも参考になる情報が眠っている、一度、確認して見るのもお勧めだ。


霊視ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ