沖縄南部にある隠されたパワースポット!ここは神社? 
沖縄南部 パワースポット
  沖縄のパワースポットと言えば、沖縄の南部にある斎場御嶽が有名であろう。斎場御嶽は、沖縄で最も観光が集まるとしても有名である。沖縄の南部には、隠されたパワースポットがあるため、沖縄に訪れた際は、一度足を運んでみるのも良いだろう。

斎場御嶽は、琉球王朝の聖地だとも言われている。隠されたパワースポットを紹介する前に、少し、琉球な話をさせていただく。

琉球は、尚巴志王と呼ばれる王様によって、沖縄本土が統一された。尚という字は、沖縄本土が統一された際に、中国の王朝から授かった名前である。私自身が現在の中国人から聞いた話では、尚とは、お坊様の意味があるらしい。

尚巴志王が築いた、王朝は、身内同士の争いなどの原因によって60年ぐらいで幕を閉じることになる。クーデターによって、この王朝は、滅んでしまうのであるが、中国の王朝からすると、尚という字を授けた王朝を倒す行為というのは、中国からしても好ましい内容ではない。

クーデターを引き起こした人たちは考えたのである。尚家の養子という形を取った。当時の中国の王朝は、それを認めたのである。尚巴志王が築いた王朝を、第一王朝と呼び、その後の王朝を第二王朝と呼ぶようになった。

斎場御嶽は、第一王朝の聖地でもあったため、それを引き継ぎ、第二王朝としての聖地でもある。

私が隠されたパワースポットと言うのは、尚巴志王が生まれた、月代宮と呼ばれる場所だ。

私自身足を運んだこともあるが、斎場御嶽と似たような、雰囲気が漂っている場所でもある。

多少霊感の高い人であれば、この月代宮に足を運べば、周りの空気の雰囲気が変わったような姿を感じられる場合もあるであろう。

月代とは、第一王朝、守護神である月代だ。月代という意味の中には、月に代わり、暗闇に光を照らすという意味がある。

心に悩みがあるような悩み事を抱えていれば、心の暗闇に、光を照らしてくれる場合もあるであろう。

月代宮は、全国的にも知られていない場所であり、沖縄県内でもそれほどメジャーな場所でもない。

斎場御嶽からも近く、車からであれば、15分程度で足を運べる距離にある。沖縄のパワースポットを巡る場合は、足を運んでみるのもお勧めである。

沖縄には、現地の人にしか分からような様々な隠されたパワースポットがあるのだ。沖縄でパワースポットめぐりを行う場合は、役場に尋ねると良いであろう。隠されたパワースポットに出会えるかもしれない。


以下のリンク先サイトには、霊視能力が口コミでも評判の高い 月村天音先生、香桜先生、貞心先生 櫻井撫子先生が所属されている。霊能力者探しに迷われる場合は、以下の先生に相談してみるのも良いであろう。



以下のランキングサイトも参考になる情報が眠っている、一度、確認して見るのもお勧めだ。



霊視ランキング