小学1年生からの子育て、イライラしないための参考書!小学生の子育て!
イライラ

小学1年生からの子育て、イライラしないための参考書!小学生の子育て!

もう少しで4月にも入り、4月から小学1年生の子供抱える親御さんもいるであろう。初めての親御さんである方は、何かと心配される場合も多く、子育てについて悩まれる場合もあるかもしれない。あくまでも参考程度に、子育てのポイントについて紹介させていただく。

私自身は東洋思想の影響も受けているものであり、実は子育てと言うのは、干支の動物を参考にすることもできるのはご存知であろうか。

干支と言う字の干は、一と十の漢字で成り立っている。本来の意味は、少なくもなく多くもなく、干潟と扱われている漢字がある様に曖昧な意味がある。ただし、東洋思想の干においては、少ないを現す陰と多いを現す陽を現している漢字でもあるのだ。

支は、支店と言う感じにも扱われているように、分ける区分すると言う意味があり、干支とは、少ないと多いの一と十に分けた陰陽と現している漢字でもある。

東洋思想の陰陽は、全ての創造物を含め出来事は、全て陰陽だけの気によって成り立っていると考えられている。

人の成長も陰陽によって成り立っているものであり、動物で表現されているのは、古代は無学の人も多く陰陽を分かりやすく伝えるために選ばれた動物達だ。

干支の動物はただの迷信ではなく、空想話を作るために、好き勝手に選ばれた動物では無い。意味がある中で選ばれた動物でもある。

猫が干支に入れなかった話しこそ、後世の人が考えた作り話しであり、虎がネコ科でもあるため、とら年の分類に入るであろう。

陰陽は、相反する反対同士の内容を一言でまとめた漢字でもあり、最も分かりやすいのは、ねずみとうまであろう。


ねずみ年は、小ささを表している動物であり、その逆のうま年は、最も力のある姿を現したものである。たつ年よりも力のある姿として選ばれたのは、当時の馬はとても貴重であり、最も身近な存在として力のある姿をより感じることができたためだ。

陰陽の詳しい話しと、干支の動物が選ばれた理由については、このページのタイトルの趣旨と離れてしまうため、その話は割愛させていただく。が、分かりやすい内容としてだけ話をさせていただこう。


干支の動物は、反対から見るとより良く分かるものであり、初めての人が理解するためには、反対から見て考えるのが分かり易い。

たつは、まさに昇る龍を現している物であり、頂点に近いへびは、最高の毒を持ち合わせている。

このページは小学1年生からの子育て向けとして紹介させていただいているが、干支の動物をよりよく理解してもらうために、ねずみ年から紹介させていただく。

ねずみ年と言うのは、まさに生まれた赤ちゃんであり、小ささを現すために選ばれた動物だ。0歳から1才位の年令である。

うし年は、遅くしても確実に前進する動物として選ばれたものであり、前とよちよち歩きする幼児の様なイメージである。 石橋を叩いて渡ると言う様に、確実を求める傾向も高い。ちなみに、丑年の丑とは、紐(ひも)と言う字にも扱われている様に、固い意味もあるのだ。

とら年は、二本足で立ったり、1人で着替えができたり、何かと周りから注目を受けて、褒められる場合も多く、周りから注目されやすく、注目されるために頑張るイメージとして選ばれたのが動物の虎だ。


1人で歩ける様になれば、自分の足を使って、様々な場所に足を運びたい思いが現れやすくなるが、そこには不安が付き物であり、不安を感じやすい姿を現したのがうさぎである。公園などでは、親が見える範囲であれば、好きなように行動を起こすが、常に親の目を気にして安心感を求める思いであろう。

うさぎ年は、寂しがり屋でもあり、人を求める傾向も高く、自らを着飾って周りから関心を集めたい思いも高まりやすい。

不安が払拭され、近くの地域であれば、1人で行動がとれるようになる、目的の場所へ足を運べる様に現したのが、天へと一直線へ駆け上がる龍を現したたつ年だ。

小学一年生の心のエネルギーは、だいたいたつ年からへび年、うま年にかけての年令ぐらいと言われているため、ここからが参考に出来る話でもある。

動物のヘビは、手が無いように、他人の考えよりも自分の考えを大切にする傾向が高まりやすい。親と反発する考えをもつ場合も現れやすく、親から見れば反抗期だと思われてしまう場合も現れるであろう。

ただしこの時期がなければ、子供は自分で考えて行動を起こすことができなくなり、親の考えがなければ生きていけない子供に育つ可能性も高まる。

たつ年の経験をさせずに、うさぎ年のままの状態で子供を育ててしまうと、子供は一人で学校に行けなくなり、学校内で何かとストレスを抱えやすくなってしまう可能性も高まってしまうはずだ。

近所でも良いので、1人で買い物させたり、友達同士だけで遊ばせる経験なども必要であろう。

親の考えと、子供の考えが反発した場合は、自分自身で考える力を身についたと褒めなければならない。

小学2年生は、うま年の様な成長でもあり、力が溢れるなかれ様々な経験を行いたい思い、学習意欲が高まりやすい年令でもある。習い事を学ばさせるならば、小学二年生ぐらいからでも遅くはないであろう。百科事典などを与えてあげるのもお勧めである。

小学3年生ぐらいが、ひつじ年の精神的な成長だ。ひつじ年の人は潔癖症とも言われる場合もあり、羊の動物が選ばれたのは、汚い物を避ける中で、白い美しさの状態を維持しているイメージからである。

午は、正午の字にも扱われているように、最も頂上を意味する漢字でもあるが、午の字には、傾いている棒線が扱われている様に、やがて傾いていく意味が込められている。

ひつじ年は、腐り始めた枝を切り落とす様に、汚いものに対して意識が高まりやすくなるのだ。

小学3年生は、自分自身にとって必要なものと、不必要なものを区別する力が養い始める時期でもあり、好きな勉強と嫌いな勉強との区別が現れやすく勉強嫌いになる可能性も高まりやすくなる。

親御さんにとっては、小学2年生の時期にあんなに勉強が好きだったのに、小学3年生に入ってから勉強嫌いになる姿に戸惑いを感じられる場合も現れやすくなるであろう。

勉強しなさいと言い聞かせれば、それがストレスとなり、自分にとっては勉強は自分にストレスを与える悪い刺激だと判断しかねない。テストの点数の数字よりも、知識を知る喜びを与える方が望ましく、自分自身に価値があり、ご両親はここを履き違えない様に意識を高めておかなければならない。

ご両親の中には、勉強は大人になってからとても大切だと言い聞かせる場合もあるであろう。人は、価値を目的とする中で成長していく心理がある。価値を実感として見いだせない内容は、子供にとっては目的に映らない可能性も高い。

例えば、ご両親が、東京に住んでいる中で、トイレに行きたくなった場合、トイレの用を足せる場所が、北海道にあると言われても、そこを目的にするのは考えられないであろう。


それまでの間、目的が達成されず、不満を抱え、何かとストレスをも抱えやすくなる。勉強嫌いになる可能性も高まるであろう。

子供からとっては、少しニュアンスが違うかもしれないが、小学3年生は、自分自身が達成できる目的を持たせるのが望ましい。大人なれば必ず必要になるという言葉は避けるほうが望ましく、実際に大人になれば必要になる内容は、子ども自身が考え子ども自身が発見し自ら吸収していく場合もあるはずだ。


最近、小学三年生が、プログラムにおけるウィルスを作り出したニュースがあった。小学三先生ぐらいの子供の中には、大人が驚くほどの知識を身につけられる子供もいる。強制的に学習させているのでは無く、自ら考えて自ら必要な知識を求め、学んで行っている物もでもある。


これは、子供に限った内容では無いが、凹凸の凹における穴を埋める事で安心感を感じられる人と、凹凸の凸で自らの成長に満足感を得れる心理がある。


子供の勉強に対する強要は、正に、親が抱える凹の穴を埋める様な心理でもあり、子供が待つ潜在的な成長意欲を阻害させてしまうため、注意も必要だ。


小学4年生は、さる年の精神的なエネルギーが現れやすくなる年令である。動物の猿は、ボスザルを中心に集団を形成される場合もあるであろう。

上に立つ権力者は、下の者にも命令しやすくなり、ガキ大将を中心にした様な小さなコミュニティーが形成しやすくなる年令でもある。

子供のいじめは、小学4年生から現れやすくなるため、意識を高めておかなければならない。ひつじ年の思いは排除する思いでもあり、対象が人へと現れやすくもなる。


一見、さる年は悪いようなイメージがあるが、集団でしか取り込めない問題などは、リーダー的な存在も必要であり、大きな問題を取り組むためには、同じ考えを共有しあっている仲間の方が、問題が解決しやすくなる場合もあり、本能的に考えれば、必要な内容として現れやすくなる場合もある。

野球という組織があった場合、1人だけサッカーの練習に打ち込んでいるメンバーがいれば、組織に悪い影響を与えてしまうのと同じである。

いじめを肯定しているのではなく、本能的に現れやすくなるため、子供の学校の様子などを子供としっかりと話し合う場を設けるのも大切だ。


小学5年生は、とり年のエネルギーが現れやすい年代でもある。干支で言えば、とり年は、時計で言う21時にあたり、うさぎ年と同じくちょうど半分の位置にある干支の動物である。

とり年は、中間の位置にあるため白黒をはっきりと分けたい思いが高まりやすく、社会において正しいものと、正しくないものを判断できる力を養える年令でもあるのだ。

鳥が選ばれた理由は、実際の話は鶏であるが、上から見る様子はよく見え、物事の正しさを良く確認できるようになるためでもある。

全体を見回す意識は、社会全体に対する意識も高まりやすく、社会に対して興味を抱きやすい年令になりやすい。子育てにおいては、もう子供にあまり干渉せず、子供の意思を尊重する中で、子どもサポートしていくのが望ましいであろう。

小学6年生は、いぬ年のエネルギーが現れやすい年令でもあり、動物の犬は、忠犬と呼ばれる場合もあるだろう。そのため、人につくす思いも現れやすくなる。

社会に必要な人となりたい思いも現れやすく、貢献したい思いも現れやすくなる。ただし、自己愛も強まりやすく、人から必要だと思われたい思いは、嫉妬なども抱えやすく、意識されないことに不満や不安が現れやすくなる年令でもあるのだ。

この不安というのは、社会に生きる大人から、不必要な存在だと思われたくない思いとも呼べるであろう。自分自身をPRする思いも現れやすくなる可能性も高い。


中学一年生頃は、いのしし年の年である。他人と自分との心の境界線が薄く、他人の心を感じやすい年である。周りから自分がどの様に見られているのか、社会にとって自分の存在をよりよく確認したい年令でもある。

いのしし年は、精神の成長において、最終評価ができる年令でもあり、本来の精神的な成長の意味では、いのしし年の精神である年令が最終形態だ。本来であれば、中学生となれば大人としての自覚を持つ事ができるのだが・・・。

干支というのは昔の人がと考えた内容であり、当時の12歳13歳頃は、女の子であれば子供を産むこともできる年齢でもあるため、本来であれば、13歳ぐらいまでに大人の精神を養うこともできる。

ただし文明の発達によって、学習時間も必要となり、社会に適応できるための知識を得るためには、20歳くらいまで様々なことを学ばなければならなくなった。

実際の話、大正時代は、16歳で女性が結婚される場合もあり、20歳過ぎると遅いと言われていた時代もあったはずだ。昔の人ほど精神年齢も高く、大人へとの設定年齢が低かったため、大人としての自覚が早まっていた考えなども考えれるであろう。

現在は25歳ほどで、大人であるという人もいるぐらいであり、年々、精神年齢が低くなってるとも言われている。そのため、干支による子育ての参考書は、あくまでも目安として考えて頂きたい。

ただし、親御さんの中には、今の教育制度に不安を抱える中、干支の性格段階に従った教育を行っている学校で学んでいる子供もいる。公立などの同じ中学生を比べた場合、あくまでも傾向として大人の様な中学生と、小学生の様な中学生との歴然な差がある様にも感じる。


干支の性格というのは、成長として表すことのできるが、生まれて死ぬまで持ち合わせる基本的な精神エネルギーとしても現れる場合もあり、あくまでも参考程度にしていただきたい。

例えば、基本的な成長するための段階的な精神エネルギーは、干支の段階で歩んでいくが、とら年は、目立ちたがり屋に傾向が高まりやすく、同じ人でも、意識されたい思いが将来に渡って高まりやすい傾向にあるのだ。

イライラしてしまう思いは、自分自身が満たされない思いに不満があるためであろう。満たされる思いの中には目的がある物でもあり、子供は、自分自身の目的を達成させるための自分の道具でもなければ、自分自身でもない。このことを念頭においておかなければならないであろう。

ただし同じ家族として、一緒に共同生活するのであれば、同じ価値感を共有しあうのも望ましいものである。子供が抱く目的と、親が抱く目的をお互い共有し合えば、心が通いやすくなり、お互いの気持ちも分り合いやすくもなるはずだ。

そのため子供が行きたい場所や、親が行きたい場所を共に歩んでいけば、子供も親の気持ちが分かる様にもなり、イライラする頻度も収まっていくであろう。

干支の本能を把握していれば、ある程度自分自身に納得され、イライラを収めれる可能性も高まるかもしれない。


教科書としての参考資料は、漫画などもお勧めであり、大人向けの漫画を読ませると、精神年齢を高めれる場合もある。


現在、悩みを抱えている場合は、一度、霊視相談を受けてみてみるのもお勧めである。霊視相談とは、未来を見通す力や、守護霊対話などのコミュニケーションによって、知らない情報などを高級霊などの守護霊や先祖霊などからアドバイスを受け取る相談方法である。

恋愛の悩みはもちろんの事、仕事の悩みや、人生の悩みに対して、力を発揮させてくるであろう。

霊視占いと名乗っている場合もあるが、それは建前上であり、霊視によって相談されている場合がほとんどである。占いの占術の中でも、最も人気の高いのが霊視占い(相談)だ。

現在、旬で話題の口コミでも評判の高い霊視相談は、以下のサイトがお勧めである。鑑定中の表記も多く、力のある先生方が所属されているのも分かるであろう。

霊視が出来るほどのの力であれば、霊視可能な先生全てがお勧めであるが、私個人としては、守護霊対話能力のある先生を参考にさせていただいている。

ただし、得意分野にも違いがあるため、相談内容に合う先生を探されるのも大切である。霊視が出来るからと言って、必ず浄霊が出来るとは限らない。霊に対して、優しく悟らせる力を必要とするためだ。

現在においての、一押しの先生は、オードリーメーカー先生、咲輝先生、空庵先生だ。

出会いを求められる場合は、自身のオーラーに影響を与えてくれる波動修正などもお勧めである。リリス先生もご参考までに。

以下のサイトには、先生方のプロフィールが記載されている。プロフィールからは、先生の能力の傾向を把握できるであろう。

相談者の中には、霊感占い師、霊能力者=万能な能力者と思い込んでいる人もいる。万能であれば、相談に応じる事無く、東大生並の知識を手に入れているはずだ。

先生方は、人生経験の中で、相談に応じるための経験と知識を学ばされ、相談に応じる範囲しか対応が出来ない。

念を押すが、必ず、相談したい内容と、先生の能力+先生の言葉を照り合わせる事、心が引き寄せられた場合は、自身の守護霊が導かれている場合も隠されている。

これらの内容は、お互い、良い環境で相談が応じ会えやすい、ワンポイントアドバイスでもある。

上記の先生方が所属されている、話題で人気の絆へは、このリンク文字から


最新の霊視相談情報サイト、最新の詳しく紹介されている

スピリチュアル、霊視情報を知りたい方は、以下のランキングサイトへアクセスへ



霊視ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote