霊能力者へ(霊能力相談/霊視相談)

霊能力者への相談に役立つ豆知識

2017年08月

スピリチュアルカウンセリングと占い師、霊能力者の違い 違い 

 

 霊能力者の違い インターネットでは、スピリチュアルカウンセリングや霊感霊視占い、霊能力者などとしての看板を掲げ、人々の相談に応じている姿がある。サービスを提供する側は、様々なことを学ぶ中で、自分自身に合った名前を使って活動されているであろう。

ただし相談者から見れば、スピリチュアルカウンセリングや、霊感霊視占い、霊能力者に対する知識があまり多くない中で、その違いについて分からない人もいるはずだ。

スピリチャルと霊感の違いについては、違うページでも紹介させていただいているが、そのことについても再び紹介する中で、その違いについて説明させていただこう。

ただし同じような行為であっても、好きな看板を掲げて活動されてる人もいる。例えば霊感霊視占いにもかからわず、スピリチュアルカウンセリングとして活動されてる人もいれば、スピリチュアルカウンセリングの内容であるにもかからわず、霊感霊視占いとして活動されてる人もいる。

国家試験などもなく、好きな名前を掲げて活動できるため、その違いについては、必ずそのような行為で活動しているとは限らないことを前提に説明させていただこう。

スピリチュアルという言葉は、精神的なという意味があり、何も霊的な内容を表している言葉ではない。カウンセリングというのは、心の悩みを解き放つ意味が強く、心を治療する改善していくアドバイザーといえるであろう。

スピリチュアルという言葉には、霊的な意味という意味ではないが、スピリチャルが高いというのは、相手に対して手助けをする精神が高いという意味があり、その様な思いがある高級霊の力を借りて、心の悩みを解き放っていく姿が強くある。

霊感霊視占いは、悩みを改善するというよりは、良くも悪くも、ありのままの結果を伝える傾向が高い。例えば好きな異性が、自分自身の事をどう思われてるのか、いつ結婚できますか?いつ出会いがありますか?などの問いに対する答えだ。

霊能力者として活動されてる人は、霊感霊視占いに近い活動をされてる人もいれば、亡くなった人のメッセージを直接伝えたり、前世を見たりできる人もいるであろう。中には、人に対して働きを行うのではなく、物に対して働きを与え、超能力のようなパフォーマンスをされる人もいる。

スピリチュアルカウンセリング、霊感占い、霊能力者をあえて分けて考えるとするならば、大きな目で見れば、このような違いがある。

内容ではなく、相談に応じる霊感の高い人が、自分の思いの趣旨によって使い分けている姿についても紹介させていただいておこう。

そもそも霊感という霊は、幽霊をイメージしやすい人もいるであろう。特に日本の幽霊は、怖い姿として表現される場合もよくある。人は生きる本能を持ち合わせているため、霊感霊視占いと聞けば、死に関わる内容として恐怖を抱く人もいるであろう。

人の相談に応じる自分自身が、人々から怖いと思われれば本末転倒である。そのため、そのような言葉は極力避ける意味として、スピリチャルカウンセリングとして活動されてるともいる。

現在の霊的な力、霊能力者の中には、従来よりも大学等に進学されてるとも多いはずだ。大学などで学ばれた知識は、相談先に対してアドバイスができる範囲が広がる場合もあるであろう。従来とは違う姿として、ただの霊感霊視占いと区別してもらうために、スピリチュアルカウンセリングと名を使って活動されているとも言えるのだ。

ただし、大学を出ている人や、スピリチュアルカウンセリングと同等のような相談に応じてる人の中にも、霊感霊視占いとして活動されてる人ももちろんいる。

スピリチュアルという言葉は、スピリチャルに関心のある人しか、その知識について知らない人もいるであろう。初めて聞く人の中には、どのような内容なのか全く見えない人もたくさんいるのも事実である。その様に考える人の中には、霊感霊視占いを看板に掲げ、活動されてる人もいるのだ。

占いという名前がついてるように、占いの知識についてもしっかりと身につけられている。

ここで疑問に思われる人もいるかもしれない。霊視能力のほどの力があるのであれば、占いの知識は必要ではないのではないかと考えることだ。

スピリチュアルカウンセリングによって、人の抱えている悩みなどは、霊視や守護霊からのメッセージなどを聞くことによって解決へ導くことができるようになるであろう。

ただし、方向性などに迷われている場合や、相手との性格上の問題、運勢などについては、霊視よりも占いの方がより良い情報が得れる場合もあるのだ。

霊感霊視占いを行ってる人の中には、霊視や守護霊からなどのメッセージをメインとして扱い、補助的にタロットカードや四柱推命などを扱われる人もいる。

実際に霊感の高い人へ相談をされる場合は、あくまでもこの名前は、参考程度の違いとして考えておくのもよいであろう。

そして自分自身の悩みに対して、その違いに合う相談者を探されるのが望ましい。

霊能力者についてであるが、全員、霊能力者である。これは、スポーツ選手として考えれば分かりやすい。同じスポーツ選手でも、サッカー選手もいれば野球選手もいるだろう。

あくまでも傾向であるが、スピリチュアルカウンセリングは、過程に対する悩み事、嫁姑との関係が悪い、人からいじめを受けている、人間関係がうまく築けない、自分自身が社会に適応できない悩み事を抱えている時などに利用する。

霊感霊視占いは、結果を求めたいときに利用するのが望ましいであろう。例えば、現在社会に適応することはできるが、好きな人がどのように思われてるのか、いつ恋人ができるのか転職する場合、転職することができるのかどうかなどの相談内容だ。

何度も念を押すが、これはあくまでも傾向である。スピリチュアルカウンセリングといっても、しっかりと未来に対する結果を伝える人もいれば、霊感霊視占いといっても、カウンセリングに近いご相談を心がけているともいるからだ。




以下のリンク先サイトには、霊視能力が口コミでも評判の高い 杜松 (ネズ) 先生、眞文 (マアヤ) 先生、郁恵 (イクエ) 先生が所属されている。霊能力者探しに迷われる場合は、以下の先生に相談してみるのも良いであろう。



以下のランキングサイトも参考になる情報が眠っている、一度、確認して見るのもお勧めだ。


霊視ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

霊視の見え方や見える内容は人それぞれ違う 霊視 見え方 

 

霊視の見え方というのは、多くの人が実際に体感することができないため、霊視という言葉がひと歩きをし、同じように見ていると思われるかもしれない。霊視の見方というのは、霊能力者によってそれぞれ違うのである。

私自身は、霊視ができるほどの力はない。ただし、今までの間に何度か意味のある幻覚にあったこともあり、それらの内容も含め、霊視の見え方について紹介させていただこう。ただし、私が知っている知識における範囲内だ。違う霊視の見え方もあるかもしれないという前提で紹介させていただこう。

霊視の見え方でよく紹介されているのが、映画館の映像のように見える内容である。映画館のスクリーンをイメージすれば、映画を観てるように必要な映像が映ると言われている。

自分でコントロールができる人もいればできない人もいる。コントロールをすることができる人は、まるで映画を早送りや巻き戻しするように、映像コントロールできる人もいるのだ。同じ霊視能力と言っても、その内容には大きな違いがある。

人にはオーラがあり、オーラを見ることができる人の中には、オーラに霊視における必要な映像が見える場合もある。

霊能力者の木村藤子氏は、生まれつきの霊能力者ではなく、OL 時代のある時期を境に霊視能力が身についたと説明をされていた。家系としては、霊能力者のいる家系であるが、OL 時代までは、一般の人と変わらない姿だったそうだ。

OL 時代に働いてる中で、突然、同僚の頭の上に映像が浮かび出し、真面目そうな同僚が、家庭の中で夫婦げんかをしてる映像が映り出されたそうだ。様々な人の中でそのような状況が頻繁に現れるようになり、仕事ができないということで仕事を辞め、霊能力者としての道へ歩まれた。

霊能力者の中には、霊視をするときは、頭の後ろで見ているような感覚だと紹介されている場合もある。

霊視の見え方というのは、人それぞれであろう。

私が見た幻覚について紹介させていただこう。これが霊視と言えるかどうか分からないが、それと似たような姿だと思う。

私の場合は、まず初めに、耳元にノイズのような音が聞こえ始める。一般的なノイズよりも、鮮明に聞こえるような音だ。

すると、次は、耳元にまるでボリュームが付いてるように、徐々に周りの音が消えていく。を一瞬で音が消えるのではなく、ボリュームを増すように徐々に音が小さくなっていくのもわかるのだ。

次の瞬間、暗い空間に覆われる。いきなり覆われるというよりも、周りの景色が徐々に、真っ暗な世界へと溶け込んでいくようなイメージだ。

見える幻覚によっても様々であるが暗い空間の先には、周りの境界線がぼやけたような中において、楕円形の横の丸い画面のような場所に映像が映し出される。

その映像が映し出されたら、また耳元でノイズが聞こえだし、耳元に音量調整する丸型のボリュームがついてるような感覚で、徐々に、音が大きくなり周りの音が聞こえ出してくるのだ。それと同時に、暗い空間は徐々に現実への姿へと戻っていく。

私自身はこれを自分の意思で行えるのではなく、突然そのような状態になる場合もあるため、これは、霊能力者の方が自分の意思で行う霊視とは言うことはできないであろう。

もしかすれば、他の霊能力者の中には、このような内容について、自分自身でコントロールすることができる人もいるかもしれない。

一般的に霊能力者の多くは、自分自身で霊視の見え方について、積極的に公に伝えないことほとんどであろう。聞かれた場合において、伝えることがほとんどである。

霊視の見え方については、理解されない場合がほとんどであり、大切なことは霊視の見え方ではなく、見える映像の内容だからだ。

霊能力者といっても、人の精神や、人生における経験も多少の違いがあり。霊能力者である霊媒者へ映像を伝える高級霊にとっても、映像を伝える伝えやすさにも違いがあると考えることもできるであろう。また高級霊自身も、同じ高級霊自身たちも個性があり、メッセージを伝える伝えやすさに違いがあると考えることもできる。




以下のリンク先サイトには、霊視能力が口コミでも評判の高い 杜松 (ネズ) 先生、眞文 (マアヤ) 先生、郁恵 (イクエ) 先生が所属されている。霊能力者探しに迷われる場合は、以下の先生に相談してみるのも良いであろう。



以下のランキングサイトも参考になる情報が眠っている、一度、確認して見るのもお勧めだ。


霊視ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

大人が爪を噛む癖から見えてくる両親の姿 爪 

 

 大人が爪を噛む姿というのは、みっともない姿として見える場合もある。手は、様々なものを触る中で、汚くなり、爪を噛む姿と言うのは、汚いものを口に入れる行為としてみっともないと潜在的に判断している人々も多いであろう。

大人が爪を噛む姿と言うのは、その多くは1度や2度ではなく、癖として何度も現れている場合がほとんどである。大人が爪を噛む姿について考える場合は、まずは癖について考えなければならない。

癖と言うのは、癖をすることで、そこには快感がある。人が快感を求めるのは、主に2つの状況に置かれた場合だ。1つは、快感が快感を求める快感である。例えば楽しい気分にある場合は、さらに楽しいことをしようとする欲求だ。もう一つは、不愉快な思いを消すために快感を求める内容である。トイレに行きたくなると、我慢することに不愉快な思いが現れてくる場合もあるであろう。用を足す行為には、そこに快感が存在する。

大人が爪を噛む姿と言う癖は、あくまでも傾向として、不愉快な状況の中で、心のバランスが崩れ、心のバランスを取り戻すために行っている行為であろう。なぜならば、楽しい気分にある場合における、楽しむ姿と言うのは、楽しむための目標がすぐに目に付きやすくなるためだ。

不愉快な思いと言うのは、自分の意思で簡単に快感によって消すことができない。その状況を我慢しなければならない場合もあり、自分ができる手段として爪を噛む選択肢を選ぶのだ。

どうして爪を噛むと快感を得ることができるのか。これは、幼い時、母親の母乳などをしっかりと飲まず、幼い時から爪を噛むことで、その欲求をある程度満たしていたと考えることができる。

ただし、赤ちゃんが母親の母乳を飲む欲求と言うのは、飲むことで欲求が全て満たされるのではない。体にしっかりと栄養が届き、体が栄養が届いたと言うことで、本能的に心が満たされるのだ。

つまり、幼少の時から、母親の母乳などをしっかりと飲まず、爪を噛んで、ある程度、その思いを満たしていた思いには、潜在的に不満が残り、大人になっても快感を求め続けるのである。

このような話をすると、このように考える人もいるかもしれない。それならば、大人になってから母親の母乳などを飲めば、大人になってから爪を噛む癖は治るのかと言う考えだ。

残念ながら、そのようなことを行っても、100%とは言い切れないが改善することはできないであろう。

ある一定の成長になるまでに、様々な不安になる状況の中で、爪を噛むことによって、心のバランスを取り戻していた姿があるはずだ。その姿がもうすでに学習されてるためである。

心理的に言えば、もうすでに、母親の母乳などは問題ではなく、心が不安定になれば、爪を噛むことで快感が生じる心の法則が成り立ってしまっているのだ。

大人になっても爪を噛みたいと思ってる人の中には、潜在的に、甘えたいという欲求も隠されている場合が高い。女性が爪を噛む姿というのは、一般的には男性の方が強く、女性側が甘える傾向が高いため、大きな問題になる場合はほとんど無いであろう。

ただし、逆の場合は、男性自身が強くあろうとも、潜在的に、甘えたい欲求があるため不倫に走る可能性は高まる。

よくある話としては、両親が共働きで高学歴高収入、直接子供に愛情を注げげる期間が短く、子供の成長を早めようと早めに離乳食に切り替えて、子供には勉強させる時間のみを強要させるような家庭だ。

子供は、幼少期に満たされない欲求が高まる中で、大人になってもその潜在的な欲求が固着し、大人になっても爪を噛む症状が現れやすくなるであろう。

もしかすれば、このような姿というのは、次の世代に遺伝的に伝わる可能性も高い。愛情を受けたことない大人は、どのようにすれば愛情を与えれるかどうかもわからないであろう。

自分が育てられたように、子供を育てていけば、このような姿は、次の世代へと現れてしまう可能性も高まるはずだ。




以下のリンク先サイトには、霊視能力が口コミでも評判の高い 杜松 (ネズ) 先生、眞文 (マアヤ) 先生、郁恵 (イクエ) 先生が所属されている。霊能力者探しに迷われる場合は、以下の先生に相談してみるのも良いであろう。



以下のランキングサイトも参考になる情報が眠っている、一度、確認して見るのもお勧めだ。


霊視ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

スピリチュアルから見た蜘蛛の象徴の意味 蜘蛛 

 蜘蛛という生き物は、好まれる姿というよりは嫌われる生き物として見られてしまう場合もあるであろう。スピリチュアル的な目線から蜘蛛について考え紹介させていただこう。

蜘蛛が多くの人に嫌われてしまう理由には、蜘蛛が巣を張って、部屋を汚くさせてしまう姿などもあるであろう。せっかく部屋を綺麗にする努力もしたにもかからわず、蜘蛛が巣を張れば、部屋を綺麗にした努力が無駄になる。

蜘蛛に限らず、多くの人は、黒い生き物に対して潜在的に怖いと感じる人もいる。カラスなども、どちらかといえば人々から嫌われてしまう生き物の一つだ。

黒い姿というのは、夜、暗闇に溶け込みやすくなる。どのような動きをしているのかは、よくわからない場合もあるであろう。情報がつかみにくい内容は、自分にとって危険を引き起こす可能性も高まる。スピリチャル的な考えで言えば、ただ黒いから嫌いではなく、深夜に情報を把握することができない不安が、黒い生き物は不安を与える生き物だとして潜在的に感じているためだ。

逆に人は、どちらかといえば、白い生き物を好む傾向にあるであろう。白い生き物は、深夜にもある程度把握しやすく、その動きをしっかりと確認できることで安心感を持つことができる。つまり、潜在的に人は、白い生き物=安心と考えてる可能性も高い。

人は、自分自身にできるだけ近い生き物に対しても安心感を感じやすい。自分自身に似てる生き物は、自分自身と同じ考えを持って行動をしていると判断しやすく、相手の動きに対して把握しやすくなるためだ。

相手の動きを把握できれば、その生き物に対して把握しやすくなる。

蜘蛛の手足は、人間とは全くかけ離れた姿をしているものであり、蜘蛛の動きに対して把握しにくい姿があるであろう。どのような行動を起こすのかわからない状況が、蜘蛛に対して怖いと判断してしまう可能性も高まるのだ。

少し話しは、脱線してしまうかもしれないが、人とかけ離れた姿の中には、イルカなどの魚たちがいるであろう。イルカなどは、多くの人から嫌われるよりは、多くの人から好まれる存在である。

ここで、人とかけ離れた姿について、私が言うことが矛盾してるように思われるかもしれない。

人の進化というのは、魚から進化してきた姿がある。精子と卵子が受精をし、胎児が成長していく中には、まるで今までの進化を一瞬で成長させるように、魚のような形から赤ちゃんへと体が作り上げられていく。

魚の動きというのは、本能的に知っている内容だと言えるであろう。海の中の生き物である、イソギンチャクなどは、動きが予測もつかず、触りたくないと思う人も多いのではないであろうか。

ワニなどの生き物は、4本足で歩き、どちらかといえば、人とは近い姿をしている。ただし、肌のかたさや、キバのするどさは人とかけ離れた姿をしており、それは人の生命を脅かす存在として嫌われる生き物である。

ゴキブリが嫌われるのも、他の昆虫よりも動きが早く、人の予測がつかない行動を起こすため嫌われてるのかもしれない。

蜘蛛というのは、嫌われるような存在であるが、決して人に対して嫌がらせをしてるのではなく、どちらと言えば良い行いを行っている場合もある。蜘蛛の巣には、ハエなどの生き物がかかる場合もあるであろう。

実際に、蜘蛛を使った害虫駆除なども過去には行われていたのであるのだ。

ハエは、腐敗している物によりつき、菌を持って、人々に害を与える場合もある。スピリチャル的に言えば、蜘蛛は、盾のように守ってくれる姿もあるのだ。

アフリカなどでは蜘蛛を神の使いとして、崇める風習がある場合もある。ゴキブリにとって天敵の中には、蜘蛛もいるのだ。

もしかすれば、人が蜘蛛を嫌う中には、巣にハエなどがつき、その姿が、蜘蛛の中の一つの形として映る中でけがわらしいと思われてしまうのかもしれない。

スピリチャルに関わる内容に対しては、夢占いとして、蜘蛛が夢に現れる話などもあるであろう。

蜘蛛は、多くの人から嫌われている存在であり、予測がつかない状況の中でストレスを抱えてる可能性も高い。一度巣にかかれば動きをとることができないため、四面楚歌の状態に置かれている可能性もあるであろう。

蜘蛛の立場から見れば、スパイダーマンのように、どのようなことを行ってでも、どうしても手に入れたい物がある可能性もある。例えば、恋愛感情において、相手の異性を奪いたいような思いを抱えてるような姿である。

夢に現れた場合は、悪い姿として現れている可能性が高いであろう。


以下のリンク先サイトには、霊視能力が口コミでも評判の高い 杜松 (ネズ) 先生、眞文 (マアヤ) 先生、郁恵 (イクエ) 先生が所属されている。霊能力者探しに迷われる場合は、以下の先生に相談してみるのも良いであろう。



以下のランキングサイトも参考になる情報が眠っている、一度、確認して見るのもお勧めだ。


霊視ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

心霊スポットに対して霊能力者はどの様に考えるのか? 心霊 スポット 

 

心霊スポットと呼ばれる地域がある。霊能力者と言っても、個性があり、心霊スポットに対する考え方は人それぞれであろう。ここでは私なりの説明において、できるだけ納得、同意してもらえるような形として、霊能力者が考える心霊スポットについて紹介させていただこう。

心霊スポットというのは、主に2つの考え方がある。一つは、墓場などある特定の地域における、心霊スポットだ。もう一つは、何かしらの事故や自殺をされた方によって作り出される心霊スポットである。

共通して、心霊スポットだと言われる内容は、幽霊が出るという話であろう。

この幽霊は、悪霊と呼ばれる場合もあれば、現生に執着を行い現生をただよう幽霊だ。

よくよく考えてみてくれたまえ、現世で生きている人は、日々の生活の中で何かしらの欲求が満たされ、心のバランスがある一定保っている状況がある。

現世に漂う悪霊や浮遊霊などの思いは、生きている人よりも強い。

少し話は脱線するが、憑依されやすい人の特徴というのは、引き寄せる磁石のような力が強い霊感の高い人と、霊の考えや思いなどが似ているような波長が合う人である。

悪霊や浮遊霊などは、心の思いが強いため、霊感の高い人や波長が合う人は憑依を受けやすくなるのだ。

特定の地域が心霊スポット化する仕組みについて紹介させていただこう。そもそも、人類が人として進化する以前から、その地域は心霊スポットだったのかどうかについて考えなければならないであろう。

地球が誕生する以前から、その空間には、心霊スポットのような力を持ち合わせていたのかについても考える必要性がある。

よくよく考えれば、その地域が心霊スポットと判断しているのは人間であり、その地域において動物が死滅したり、自然の草木がすぐに枯れてしまうような地域ではないはずだ。

人間の思いが、心霊スポット化している可能性も高いであろう。

現世に限らず、過去において、亡くなられた方の誰かが現世に未練を残し、浮遊霊になってしまった人もいるかもしれない。多少霊感が高い人がその姿を見れば、人は亡くなればそこに行くと考え込んでしまった人もいるであろう。

その場所に多くの霊が集まることで、霊的な意味で、様々な霊の心がその地域に束縛され、心霊スポットとなっている可能性もある。

日本の文化で言えば、人が亡くなれば墓に入る考え方もある。実際の話として、亡くなった人の中には、自分自身に対してどのように対応すればいいのかわからず、墓に足を運ぶ人もいるそうだ。

迷信的な話の中には、人は亡くなれば、ある特定の地域に足を運ぶという考えもあるであろう。例えばある山を神として崇め、人は亡くなればその山に旅立つというような考え方だ。それを信じきっている人の中には、亡くなった後、実際にその山に足を運ぶ人もいるはずだ。

心霊スポットというのは、字が表すように、幽霊の心が集まっている地域である。

自殺された方の亡くなった場所が、心霊スポットとして呼ばれる場合もあるであろう。遊び半分で足を運んだり、車などでその地域の近くを走れば事故に遭うという話もある。

よくある話としては、亡くなった人の魂が、生きてる人の体に乗りうつり、自分自身の思いを理解してもらおうと、同じ状況へと導く話であろう。

自殺したところ、幽霊となっている自分の姿に理解ができず、自殺しきれない思いが、消え去りたい満たしたい思いを満たすために、人の体を使って再び同じ状況を繰り返す場合もある。

多くの霊能力者の方は、このように説明されるのがほとんどであろう。私自身も、このようなことはあるだろうと思うが、それが全てではないと感じて考えているのだ。

このように、亡くなった人の魂というのは強い心を持ち合わせているであろう。亡くなった人の魂が自らの意思を持ってそのような行動を起こさなくても、人々に強い影響を与える場合もあるのではと考える。

例えば、たくさんの濃い赤い絵の具を自殺された人の心だと考えてみよう。そのそばに、現世で生きている人の一般的な心を黄色があれば、黄色い色は、赤い絵の具の影響受け、赤に近い黄色となるはずだ。

魂が引き寄せられられるのではなく、珠に混じれば赤くなるという言葉があるように、一般の人の心に変化が現れていると言えるのではないであろうか。

このような考え方もあるかもしれない。亡くなった人の中には、亡くなった事を認めず、生きている人に気づいて欲しいという思いを持ち合わせてる人もいるであろう。

その地域が幽霊スポットとして知る中で、遊び半分で足を運んだ場合、少なくても遊び半分で足を運んだ人は、幽霊を意識しているため、意識されたい思いと意識してる思いが凹凸が一つになるように結びつき、憑依を受けることで体に負担を与える場合もある。

話は余談だが、霊感の高い人や憑依を受けている人は、心霊スポットに足を運べば気分が悪く、吐き気がして来る場合もある。

人の生理反応の中には、自分自身とは違う悪い物質が入ってくれば、それを吐き出そうとする反応がある。心にも同じことが言え、悪いと判断した場合は、吐き気がしてくる場合もあるのだ。霊能力者なみの意志を持たず霊感の高い人が心霊スポットに足を運べば、顔色がすぐに悪くなってしまう場合もよくある話である。

これらの内容はあくまでも、よく見られる姿としての心霊スポットだ。

沖縄にある有名な心霊スポットにおいては、少し変わった話がある。その心霊スポットに足を運ぼうと、まずはじめに、女性の幽霊が現れ、ここは危険だから帰りなさいと忠告をされる。

その言葉を無視して更に、心霊スポットに近づくと男性が待ち受け、男性から怒りを買うような状況に陥いる話だ。

この心霊スポットにおける話には、ある一部で加えて説明されている場合もある。ここは沖縄の霊能力者の修行場出あって、一般の人が足を運べば、良くないことが起きる事を知らせるための霊であると紹介されてる場合もある。

霊能力者の修行というのは、良くも悪くも様々な霊に憑依をされ、それに耐えれるだけの精神力を養わなければならない。この修行場かもしれない心霊スポットは、強い霊が修行者のために集まってくる場所である。遊び半分で一般の人がこのような場所に足を運べば、良くないことが起きるのも理解できるのではないであろうか。

現世で生きてる人でも、プロが行ってるところに遊び半分で素人が足を運べば、ここは素人が来る場所ではない、危険だから帰りなさいと言う話もあるであろう。




以下のリンク先サイトには、霊視能力が口コミでも評判の高い 杜松 (ネズ) 先生、眞文 (マアヤ) 先生、郁恵 (イクエ) 先生が所属されている。霊能力者探しに迷われる場合は、以下の先生に相談してみるのも良いであろう。



以下のランキングサイトも参考になる情報が眠っている、一度、確認して見るのもお勧めだ。


霊視ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ