夫婦円満に過ごすコツや秘訣を心理面からアドバイス
夫婦円満
 

夫婦円満に暮らすためのコツや秘訣を知るためには、基本となる、男性の心理と女性の心理の違いについて押さえておかなければならない。

このブログでは、何度も説明しているが、男性は見たい心理を抱えているものであり、女性は見られたい心理を抱えている傾向にある。本来ならば、この相反する心理が、磁石のように引き合うことで、お互いが結ばれやすくなるのだ。

ただし、男性のみたい心理と言うのは、女性としての異性のみではない。古代においては、獣や敵から身を守るために、様々なものに目を通す必要性があり、男性は本能的に、様々なものを見たい欲求を抱えている。生きるための本能だ。

夫婦仲が悪くなってしまう主な原因は、この、様々なものを見たい男性の心理から始まる場合がよくある話である。

男は、仕事に対しても、様々なものに目を通す機会がある。自宅に帰宅しても、ニュースなどを見る場合もあるであろう。また、見たいと思っている 自分の趣味やビデオゲームなど、仕事の中で抑えていた欲求が、自宅に戻ると、その欲求を満たすために、足を運んでしまう人もいる。

女性としては、男性から見てくれる機会が減ることになり、女性としての不満を抱えやすくなるのだ。

夫婦円満に暮らしためのコツや秘訣は、男性がしっかり女性に意識をし、女性として見てあげることだ。髪型を変えたり、新しい服などを着こなした際は、しっかり評価を行い、褒めてあげる思いも大切である。

女性の方の中には、私のファッションを見て見てと、まるで子供が親の評価を得るために話しかけるような場合もある。これは服装などを評価して欲しいのではなく、服装を着こなしている自分自身を見てほしいのだ。

この際に褒める言葉は、着こなしている○○○は、可愛く見えるや、美しく見えるという言葉が最適であろう。

夫婦円満に暮らすためのコツや秘訣は、円満という言葉に対しても意識を抜けなければならない。円満というのは、心が満たしている姿でもあり、そこに何かしらの快感が存在する。

逆に言えば、夫婦仲が悪いのは、そこには快感が無く、快感を得て満たしたくても満たされない不満がお互いの中で抱えている可能性も高い。

結ばれた間の中には、当初お互いの中で笑顔を振りまくような姿もあったであろう。嬉しい気持ちが、一緒に結ばれる決断に至った場合もあるはずだ。

夫婦仲が悪くなる原因の中には、お互いの中で笑顔が減る中、一緒にいても楽しくなくなるような思いが高まり、お互いの中の快感が失う中で、お互いの絆が弱まってしまう場合もある。

逆に言えば、夫婦円満に暮らすためのコツや秘訣は、相手に対して笑顔を振りまく姿であろう。

コツや秘訣を求める方は、心に嬉しさはなくとも、無理に笑顔を振りまく思いも大切である。相手の心に純粋な笑顔が現れたならば、無理に行うストレスのような思いも払拭され、自分の心にも純粋に嬉しさが湧いてくる場合もあるためだ。

興奮によって快感が生まれ、お互い一緒にいる間を楽しい環境に変えてくれる場合もある。

そのため興奮ができる要素に意識を向けるのも、秘訣やコツであるのだ。例えば今まで見た事も無く、味わった事も無い料理などは、新鮮さが現れる中で、興奮状態を引き起こしやすくなるであろう。

また、人は止まってる姿よりも動いてる要素に興奮を感じる生理反応がある。動いてる要素は、自分自身に危害を与える可能性もあるためだ。そのため、興奮状態を引き起こし、注意を向ける反応を引き起こす場合もある。

動いてる要素とは、世の中に様々あり、スポーツや遊園地、映画、動物園などもあるであろう。ただし、映画に対しては、女性の見て欲しい思いが損ねてしまう場合もあるため、男性はこの点に注意を向けておかなければならない。

映画を観た後は、対面によって味する事が出来る、甘いものを食べに行くのもお勧めだ。

女性は男性よりも甘いものが好きである傾向が高い。男性は、食べ物を理解しながら味わう傾向が強く、女性は、体全体で感じながら心で味を理解する傾向が高い。女性は、甘いものを食べると、その甘みが体全体に伝わりやすく、男性よりも快感が強くなる場合もあるのだ。

男性から見て、女性が甘いものを食べると、どこか、女性らしく柔らかい印象が漂うような雰囲気を感じた事はないであろうか?。体全体で感じる甘みは、体全体の緊張がほどけることによって体全体に柔らかさが現れる場合もある。

この柔らかい雰囲気は、女性らしさをより高め、本能的に男性をひきつけている潜在的な思いを満たしている可能性も高い。

最後に話は余談になるが、女性の中には、夫が家の中にいると不愉快になり、旦那は家にいない方が清々しい気持ちになると思われてる人もいる。

この話からすれば、女性の男性から見られたい欲求と矛盾するように思われる人もいるであろう。

女性として意識してくれない夫は、逆に、その不満が不愉快になる場合もある。不愉快になるのであれば、自宅にいないほうがまだ”マシ”と言う思いによる思いである場合もある。

この文章を男性が見ている場合、夫婦として家庭を築いている場合は、今からでも遅くはなく、奥さんに対する考えを改めた方が良いであろう。

よくある話としては、退職後、女性が一緒に夫といたくない中で、熟年離婚へと歩んでしまう姿もあるのだ。老後は一緒に幸せに暮らそうと思われていても、老後における男性の幸せに対する価値感と、老後における女性の幸せに対する価値感が変わってくる場合もある。

男性自身の老後というのは、何かしらの趣味を持ち、楽しく暮らそうとする傾向が高い。自宅に引きごもりがちになり、奥さんを意識することはなく、自分自身の趣味に没頭する人もいる。

まるで奥さんを召使のように考え、料理や掃除などは全くせず、自分自身の道具として考えてる人も少なからずいるであろう。

女性は、価値ある姿として自分自身を見てほしい傾向が強く、大切にされ、守って欲しい思いも高い。

女性自身は強くなったと言われているが、長い歴史を見れば、女性は弱く、男性が女性を守っていた長い年月があり、それは本能に刻み込まれている。

夫婦円満に暮らすためのコツや秘訣は、この男性と女性の心理の違いについて、お互い知ってるのが望ましいはずだ。

女性が不満を抱く中で、夫婦仲が悪くなってしまう傾向が高い。ただし少なからず、女性側に問題があり、男性が女性に嫌気をさす中で、夫婦仲が悪くなってしまう場合もある。

両方に言える事として、不満を与えている片方は、他者の心が見えず自分自身の欲求を満たすだけの思いが強い傾向にもある。この場合は、もしも異性がいなければ、自分自身はどのように生きなければならないかについて考えさすのが良いであろう。相手の存在の大切さに気づかれる場合もあるためだ。




以下のリンク先サイトには、霊視能力が口コミでも評判の高い 月村天音先生、香桜先生、貞心先生 櫻井撫子先生が所属されている。霊能力者探しに迷われる場合は、以下の先生に相談してみるのも良いであろう。



以下のランキングサイトも参考になる情報が眠っている、一度、確認して見るのもお勧めだ。



霊視ランキング