スピリチュアルから見た水子の祟は存在するのか 水子の祟り 

 

 まだ生まれてきてもいないのに水子の魂などあるわけがないと思われてる方もいるかもしれない。スピリチャルの世界ではもちろん水子の魂はあり、あの世の世界において意識は持ち合わせているのである。水子の祟りというものは存在する。

水子の祟りというのは、悪意を持って計算高く祟ろうと知っているのではなく、幼い幼児が、自分の存在を気づいてほしく、多少でもこのような実体験したい思いによって結果的に人の目から見て、祟りとして見てしまうのである。

赤ちゃんとは、まるで真っ白な紙の状態であり、そこから様々な知識が真っ白な状態から記憶されていくとと思われる場合もある。水子の魂というのは、無垢な状態であるため、祟りは起こさないと解釈される場合もあるのだ。そしてこれを言ってるのは、なんとお坊さんである。

仏教というのは、輪廻転生の考え方があるにもかかわらず、生まれてくる欲求や意味について考えていない。何かしら生まれる目的や意味があるからこそ、少しでも前へ進もうとする思いが湧いてくるものだ。

そもそも、真っ白な白い状態であれば、赤ちゃんに母乳を吸う方法なども1から覚えさせなければならないだろう。真っ白な白い状態であれば、赤ちゃんが泣くことすらありえない。周りにある恐怖や不安を認識しているからこそ、赤ちゃんは泣くのである。

スピリチュアルの世界では、水子の魂は大体、2、3児の子供とあまり変わらない姿だと言われている。あの世において、2、3児ぐらいの魂が宿り始めると言われている。そのため、言葉を発することができるぐらいの年齢になれば、胎内にいた記憶を待ち合わせ、両親が喧嘩をしていたという話もスピリチュアルの世界ではあることだ。

つまり、水子は、強い欲求を持ちあわせ、祟る内容というのは、これぐらいの年齢の子供が起こしそうな内容である。壁の音を叩く音が聞こえたり、サラが突然割れてしまったりする場合もあるであろう。

どれぐらいの期間に堕すことになれば、水子になるのかというのが意見が分かれている。精子と卵子が結ばれる瞬間から宿り始めると言われる場合もあれば、ある程度の器官が出来てから宿り始めるといわれる場合もある。

体の成長が著しく激しいため、あの世からの魂は、何度も出入りを行い、現世とあの世を何度も行き来するとも言われている。水子の祟りというのも、この世に対する執着であるため、あと少しで生まれて来れると思うほどの期間ほど、水子になる可能性も高まるであろう。

水子の祟りは、怖がってはならない。なぜならば、怖がる事で意識をしてくれるのであれば、より恐怖を与える思いも湧いてくる場合もあるためだ。

水子がいる世界は、無人島だと思えばわかりやすいだろう。船が近づき、恐怖を与えることで反応してくれるのであれば、気づいてくれる手段は、恐怖を与えることしかないと判断してしまう。

これは生きてる人にも、水子にとっても悪い影響を与える。水子の魂が、そのことを覚えれば、水子が再び生まれる場合において、人を恐怖に陥れることで喜びを感じる場合もあるかもしれない。

このように考えれば、現在犯罪起こして、それを喜んでいる人というのは、もしかすれば水子であった可能性も捨てきれない。誰に罪があるとするならば、悪意をもって子供をおろした人達であろう。

水子の魂は怖がらず、しっかりと意識をしてあげ、早く生まれ変わることを願ってあげることだ。早く生まれ変わりたいと水子が思えば、祟りはなくなり、身近な存在として生まれ変わってくる可能性も高まる。




以下のリンク先サイトには、霊視能力が口コミでも評判の高い 杜松 (ネズ) 先生、眞文 (マアヤ) 先生、郁恵 (イクエ) 先生が所属されている。霊能力者探しに迷われる場合は、以下の先生に相談してみるのも良いであろう。



以下のランキングサイトも参考になる情報が眠っている、一度、確認して見るのもお勧めだ。


霊視ランキング