平気で嘘をつく人の心理はパーソナリティ障害なのか 平気で嘘 パーソナリティ障害 

 人に対して平気で嘘をつく人は、パーソナリティ障害なのかと思われてしまう場合もある。パーソナリティー障害とは、主に脳の障害による内容と精神的な障害に分けて考えることができるが、共通して言える事は、人とうまく人間関係が築けず、社会に適応できない、もしくは適応できにくい性格がアラバてしまう障害である。

このページでは、平気で嘘をつく、精神的な面におけるパーソナリティ障害について触れさせていただこう。

平気で嘘をつくということは、必ずと言って嘘をつかれる人がいる人がいるであろう。当たり前の話として人に向けて平気で嘘をつく姿がそこにある。その話に対して、関心を持ってもらおうとおもう思いなどもあるはずだ。

平気で嘘をつく人の特徴というのは、パーソナリティー障害と呼べるかどうかわからないが、潜在的に人に注目されたい思いを持ち合わせていると言えるであろう。

パーソナリティー障害を患っていなくても、人に意識をしてもらいたい思いを持ち合わせている場合もある。嘘をつく内容の中には、相手を楽しませたり、人を良い方向へ導こうとするために敢えて嘘の話などをする人もいるであろう。このような嘘は、パーソナリティー障害とは言えないはずだ。

パーソナリティー障害を抱えるなか、平気で嘘をつく人というのは、相手に快感を与える思いもなく、不愉快さを与えてでも嘘をつく場合もある。これが人と、うまく人間関係が築けなくなる原因でもあり、社会に適応できないということで、パーソナリティ障害として判断されてしまうのであろう。

このような状況における、パーソナリティ障害にも2つの考え方がある。一つは、自分自身で嘘だと認識してる場合と、認識していない場合だ。

例えば、私の父親は王様である、私は皇族の血を引いてるなどの話を、本当に信じきっている人もいれば、ただ注目を浴びたいだけにわざと嘘を言っている場合などもあるであろう。

両方に言えることは、小さい時に強い劣等感を衝撃的に受けた可能性もあれば、両親から全く相手にされず、心が孤立する中で、自分自身に嘘をついてでも、価値のある姿を周りに示したい思いが隠されてる場合もあるのだ。

本当に皇族の血を引いているなど信じきっている嘘の話は、1度や2度に現れるのではなく、頻繁に話の中で現れる特徴がある。意識しての平気の嘘は、周りの環境を意識している場合もあるため、それに関連するような嘘が現れやすい。

例えば、時計の話などをしている中で、家には、何千万円の時計がある。というような嘘の話だ。

この2つの平気で嘘つく話には、少し違ったパーソナリティ障害として見えてくる姿もある。

本当に皇族の血を引いているなどの信じきってる話は、ただ周りから注目をされたいのではなく、大切に自分は扱って欲しいというような潜在的な思いが隠されている場合もある。実際の話、後続の人達は社会から大切に扱われている一面もあるであろう。

後者のパーソナリティー障害には、ただ注目されたいだけではなく、他人と違った姿を求める場合などもある。

嘘の話などは、自分の価値を高めたい場合などがほとんどであろうが、中には純粋に、自分自身の成長求める中で、少数派の内容だと思うが、反常識的な行動求めたり他人とは違う姿を求めてしまうパーソナリティ障害もあるのだ。

わかりやすい例えかどうかわからないが、白い帽子が多くかぶっている子供の中に、赤い帽子の子供が1人いれば、その子は特別な存在として目立つことができるであろう。人が成長する姿というのは、成長していない人との差が生じることで、自分が成長したという満足感を得ることができる場合もある。

真逆の差を求めることで、自分自身の存在感を強く感じてしまう人もいるのだ。

少し難しい説明だったかもしれないが、良くも悪くも、今まで出来なかった事が出来る内容というのは、できるという成長があるであろう。そこには従来とは違う、必ず差がある。

このような人の中には、ただ平気で嘘をつくのみならず、行ってはならないことを行いたくなる衝動が現れる場合もあるのだ。

例えば、ガラスのコップを握った場合、そのまま握り潰したくなるような衝動や、ここからが禁止だと書いている看板の先に行きたくなるような内容である。

このようなパーソナリティー障害を抱いてる人の特徴として、あくまでも傾向であるが、平気で嘘をつかなければ自分の存在感を確立することができない人であろう。

自分自身に対して、何かしらの特技や趣味等における興味を持つことができるようになれば、このパーソナリティ障害は改善されていく可能性も高い。

また、平気で嘘をつかれる周りの人たちは、何も反応しない姿を持つのもよいであろう。反応することによって、平気で嘘つく人に快感が生じ、さらに快感を求めるために嘘の頻度が高まっていく可能性も高まるためだ。

何も反応しなければ、平気で嘘をつくことで、不愉快になる可能性もある。誰も不愉快な感情は抱きたくないものであり、抑制力が働くことで、平気で嘘をつく頻度が減っていく可能性もあるであろう。

ただし、全く無視をし続けるのもよくない。平気で嘘をつく人に不満が高まれば、不満を与えている相手に対して破壊活動的な衝動を抱かせてしまう可能性もある。

人の心の成長というのは、ある目的において欲求が満たされ、さらに次の成長における目的が現れる姿が繰り返されることで成長していく。

平気で嘘をつくパーソナリティー障害を抱いているとは、目的においての欲求が満たされず、それを永遠に求める姿ともいえるであろう。つまり、たとえ大人の姿をしていても、心は幼児期の止まったような状態である。

周りのいる人達は、このような考えを持つなかで、幼児と接する思いで人間関係を築き上げていくのが望ましいであろう。



以下のリンク先サイトには、霊視能力が口コミでも評判の高い 杜松 (ネズ) 先生、眞文 (マアヤ) 先生、郁恵 (イクエ) 先生が所属されている。霊能力者探しに迷われる場合は、以下の先生に相談してみるのも良いであろう。



以下のランキングサイトも参考になる情報が眠っている、一度、確認して見るのもお勧めだ。


霊視ランキング