大人が爪を噛む癖から見えてくる両親の姿 爪 

 

 大人が爪を噛む姿というのは、みっともない姿として見える場合もある。手は、様々なものを触る中で、汚くなり、爪を噛む姿と言うのは、汚いものを口に入れる行為としてみっともないと潜在的に判断している人々も多いであろう。

大人が爪を噛む姿と言うのは、その多くは1度や2度ではなく、癖として何度も現れている場合がほとんどである。大人が爪を噛む姿について考える場合は、まずは癖について考えなければならない。

癖と言うのは、癖をすることで、そこには快感がある。人が快感を求めるのは、主に2つの状況に置かれた場合だ。1つは、快感が快感を求める快感である。例えば楽しい気分にある場合は、さらに楽しいことをしようとする欲求だ。もう一つは、不愉快な思いを消すために快感を求める内容である。トイレに行きたくなると、我慢することに不愉快な思いが現れてくる場合もあるであろう。用を足す行為には、そこに快感が存在する。

大人が爪を噛む姿と言う癖は、あくまでも傾向として、不愉快な状況の中で、心のバランスが崩れ、心のバランスを取り戻すために行っている行為であろう。なぜならば、楽しい気分にある場合における、楽しむ姿と言うのは、楽しむための目標がすぐに目に付きやすくなるためだ。

不愉快な思いと言うのは、自分の意思で簡単に快感によって消すことができない。その状況を我慢しなければならない場合もあり、自分ができる手段として爪を噛む選択肢を選ぶのだ。

どうして爪を噛むと快感を得ることができるのか。これは、幼い時、母親の母乳などをしっかりと飲まず、幼い時から爪を噛むことで、その欲求をある程度満たしていたと考えることができる。

ただし、赤ちゃんが母親の母乳を飲む欲求と言うのは、飲むことで欲求が全て満たされるのではない。体にしっかりと栄養が届き、体が栄養が届いたと言うことで、本能的に心が満たされるのだ。

つまり、幼少の時から、母親の母乳などをしっかりと飲まず、爪を噛んで、ある程度、その思いを満たしていた思いには、潜在的に不満が残り、大人になっても快感を求め続けるのである。

このような話をすると、このように考える人もいるかもしれない。それならば、大人になってから母親の母乳などを飲めば、大人になってから爪を噛む癖は治るのかと言う考えだ。

残念ながら、そのようなことを行っても、100%とは言い切れないが改善することはできないであろう。

ある一定の成長になるまでに、様々な不安になる状況の中で、爪を噛むことによって、心のバランスを取り戻していた姿があるはずだ。その姿がもうすでに学習されてるためである。

心理的に言えば、もうすでに、母親の母乳などは問題ではなく、心が不安定になれば、爪を噛むことで快感が生じる心の法則が成り立ってしまっているのだ。

大人になっても爪を噛みたいと思ってる人の中には、潜在的に、甘えたいという欲求も隠されている場合が高い。女性が爪を噛む姿というのは、一般的には男性の方が強く、女性側が甘える傾向が高いため、大きな問題になる場合はほとんど無いであろう。

ただし、逆の場合は、男性自身が強くあろうとも、潜在的に、甘えたい欲求があるため不倫に走る可能性は高まる。

よくある話としては、両親が共働きで高学歴高収入、直接子供に愛情を注げげる期間が短く、子供の成長を早めようと早めに離乳食に切り替えて、子供には勉強させる時間のみを強要させるような家庭だ。

子供は、幼少期に満たされない欲求が高まる中で、大人になってもその潜在的な欲求が固着し、大人になっても爪を噛む症状が現れやすくなるであろう。

もしかすれば、このような姿というのは、次の世代に遺伝的に伝わる可能性も高い。愛情を受けたことない大人は、どのようにすれば愛情を与えれるかどうかもわからないであろう。

自分が育てられたように、子供を育てていけば、このような姿は、次の世代へと現れてしまう可能性も高まるはずだ。




以下のリンク先サイトには、霊視能力が口コミでも評判の高い 杜松 (ネズ) 先生、眞文 (マアヤ) 先生、郁恵 (イクエ) 先生が所属されている。霊能力者探しに迷われる場合は、以下の先生に相談してみるのも良いであろう。



以下のランキングサイトも参考になる情報が眠っている、一度、確認して見るのもお勧めだ。


霊視ランキング