スピリチュアルカウンセリングと占い師、霊能力者の違い 違い 

 

 霊能力者の違い インターネットでは、スピリチュアルカウンセリングや霊感霊視占い、霊能力者などとしての看板を掲げ、人々の相談に応じている姿がある。サービスを提供する側は、様々なことを学ぶ中で、自分自身に合った名前を使って活動されているであろう。

ただし相談者から見れば、スピリチュアルカウンセリングや、霊感霊視占い、霊能力者に対する知識があまり多くない中で、その違いについて分からない人もいるはずだ。

スピリチャルと霊感の違いについては、違うページでも紹介させていただいているが、そのことについても再び紹介する中で、その違いについて説明させていただこう。

ただし同じような行為であっても、好きな看板を掲げて活動されてる人もいる。例えば霊感霊視占いにもかからわず、スピリチュアルカウンセリングとして活動されてる人もいれば、スピリチュアルカウンセリングの内容であるにもかからわず、霊感霊視占いとして活動されてる人もいる。

国家試験などもなく、好きな名前を掲げて活動できるため、その違いについては、必ずそのような行為で活動しているとは限らないことを前提に説明させていただこう。

スピリチュアルという言葉は、精神的なという意味があり、何も霊的な内容を表している言葉ではない。カウンセリングというのは、心の悩みを解き放つ意味が強く、心を治療する改善していくアドバイザーといえるであろう。

スピリチュアルという言葉には、霊的な意味という意味ではないが、スピリチャルが高いというのは、相手に対して手助けをする精神が高いという意味があり、その様な思いがある高級霊の力を借りて、心の悩みを解き放っていく姿が強くある。

霊感霊視占いは、悩みを改善するというよりは、良くも悪くも、ありのままの結果を伝える傾向が高い。例えば好きな異性が、自分自身の事をどう思われてるのか、いつ結婚できますか?いつ出会いがありますか?などの問いに対する答えだ。

霊能力者として活動されてる人は、霊感霊視占いに近い活動をされてる人もいれば、亡くなった人のメッセージを直接伝えたり、前世を見たりできる人もいるであろう。中には、人に対して働きを行うのではなく、物に対して働きを与え、超能力のようなパフォーマンスをされる人もいる。

スピリチュアルカウンセリング、霊感占い、霊能力者をあえて分けて考えるとするならば、大きな目で見れば、このような違いがある。

内容ではなく、相談に応じる霊感の高い人が、自分の思いの趣旨によって使い分けている姿についても紹介させていただいておこう。

そもそも霊感という霊は、幽霊をイメージしやすい人もいるであろう。特に日本の幽霊は、怖い姿として表現される場合もよくある。人は生きる本能を持ち合わせているため、霊感霊視占いと聞けば、死に関わる内容として恐怖を抱く人もいるであろう。

人の相談に応じる自分自身が、人々から怖いと思われれば本末転倒である。そのため、そのような言葉は極力避ける意味として、スピリチャルカウンセリングとして活動されてるともいる。

現在の霊的な力、霊能力者の中には、従来よりも大学等に進学されてるとも多いはずだ。大学などで学ばれた知識は、相談先に対してアドバイスができる範囲が広がる場合もあるであろう。従来とは違う姿として、ただの霊感霊視占いと区別してもらうために、スピリチュアルカウンセリングと名を使って活動されているとも言えるのだ。

ただし、大学を出ている人や、スピリチュアルカウンセリングと同等のような相談に応じてる人の中にも、霊感霊視占いとして活動されてる人ももちろんいる。

スピリチュアルという言葉は、スピリチャルに関心のある人しか、その知識について知らない人もいるであろう。初めて聞く人の中には、どのような内容なのか全く見えない人もたくさんいるのも事実である。その様に考える人の中には、霊感霊視占いを看板に掲げ、活動されてる人もいるのだ。

占いという名前がついてるように、占いの知識についてもしっかりと身につけられている。

ここで疑問に思われる人もいるかもしれない。霊視能力のほどの力があるのであれば、占いの知識は必要ではないのではないかと考えることだ。

スピリチュアルカウンセリングによって、人の抱えている悩みなどは、霊視や守護霊からのメッセージなどを聞くことによって解決へ導くことができるようになるであろう。

ただし、方向性などに迷われている場合や、相手との性格上の問題、運勢などについては、霊視よりも占いの方がより良い情報が得れる場合もあるのだ。

霊感霊視占いを行ってる人の中には、霊視や守護霊からなどのメッセージをメインとして扱い、補助的にタロットカードや四柱推命などを扱われる人もいる。

実際に霊感の高い人へ相談をされる場合は、あくまでもこの名前は、参考程度の違いとして考えておくのもよいであろう。

そして自分自身の悩みに対して、その違いに合う相談者を探されるのが望ましい。

霊能力者についてであるが、全員、霊能力者である。これは、スポーツ選手として考えれば分かりやすい。同じスポーツ選手でも、サッカー選手もいれば野球選手もいるだろう。

あくまでも傾向であるが、スピリチュアルカウンセリングは、過程に対する悩み事、嫁姑との関係が悪い、人からいじめを受けている、人間関係がうまく築けない、自分自身が社会に適応できない悩み事を抱えている時などに利用する。

霊感霊視占いは、結果を求めたいときに利用するのが望ましいであろう。例えば、現在社会に適応することはできるが、好きな人がどのように思われてるのか、いつ恋人ができるのか転職する場合、転職することができるのかどうかなどの相談内容だ。

何度も念を押すが、これはあくまでも傾向である。スピリチュアルカウンセリングといっても、しっかりと未来に対する結果を伝える人もいれば、霊感霊視占いといっても、カウンセリングに近いご相談を心がけているともいるからだ。




以下のリンク先サイトには、霊視能力が口コミでも評判の高い 杜松 (ネズ) 先生、眞文 (マアヤ) 先生、郁恵 (イクエ) 先生が所属されている。霊能力者探しに迷われる場合は、以下の先生に相談してみるのも良いであろう。



以下のランキングサイトも参考になる情報が眠っている、一度、確認して見るのもお勧めだ。


霊視ランキング