男女差別を身近な仕事から考える
男女差別

私のこの文章は、男女差別と言われるかもしれない。ただし、ある程度納得してもらえる部分もあると思えるため、身近な仕事に対しても役立てれる内容かもしれないため紹介させていただく。

ここで語る文章は、人としての差別ではなく、男性と女性の違いから現れる心理的な男女差別だ。もちろん人としての権利における差別はあってはならない。同じ仕事量であれば、仕事における権威や権力は同等に与え、賃金における平等性は保たなければならないであろう。

あるテレビ番組で、女子サッカー選手の監督の話がなされていた。その監督は、元プロのサッカー選手であり、女子サッカー選手と男子サッカー選手の違いについて紹介されていたのだ。この話に、男女差別的な心理作用が隠されている。

そのサッカー選手の監督は、女子サッカー選手は、とても気を遣うとおっしゃっていた。1人の女子サッカー選手に対して話しかけると、特別扱いしていると周りの女子サッカー選手が思い始め、チームワークにヒビが入りやすいと言っていたのだ。

そのため必ず、女子サッカー選手にアドバイスする場合は、1人ではなく、複数集めて話しかけなければならないと話をされていた。男子サッカー選手には、そのようなことはないとも話されていたのだ。

女子サッカー選手は、自分にとって気に入らない他の選手に対しては、パスは絶対におくらないと、女子サッカー選手自身が話されていた。この女性は、日本を代表するサッカーチームの一員でもある。

男性から見れば、試合に勝つことが、もっとも大切なことであり、そのためには自分よりも他者のために働くようなチームワーク、思いが大切であると考えるであろう。

これはサッカーであるが、身近な仕事においても、男性心理と女性心理の違いからこのような事態が起きやすい可能性も高い。

男女差別とも言われそうな、男性心理と女性誌にな違いについて紹介する。男性は見られるよりも見たい思いが強まる傾向にある。女性は化粧でも現れているように、自らの価値を高め、見るよりも見られたい思いが強まりやすい傾向にある。

この相反する凹凸の思いが、異性を引きつけやすくさせ、男性と女性が結ばれやすくなるのだ。つまり男性は、意識したい傾向が強く、女性は意識されたい傾向が強まりやすくなる。

ただし男性の意識したい思いは、女性のみならず、仕事や趣味など始め違った形で満たされる場合もある。ただし、女性は、意識してもらうための人を必要とする。

あくまでも傾向として男性は無人島で1人で生きていくことはできるが、女性は生きていくことができないといわいてる場合もあるのだ。無人島には様々な見る対象があるが、無人島には、自分自身を見てくれる人がいないためである。

また、男性は、古代から一般的に、社会の中の組織に属して働く傾向も高く、組織の中の一員としての思いが高まりやすい。つまり、組織や自分が働く地位について意識が高まりやすくなる。

女性は、人から意識してほしい傾向が高く、組織以上に人に対して、意識が高まりやすくなる場合もあるのだ。

よくある話として、男性がすぐに会社を辞めてしまうという理由は、自分自身が望む仕事内容ではない場合がある。女性がすぐに会社を辞めてしまう理由は、人間関係が悪く、自分自身の存在感を感じられない姿である。

一般的な会社における、男女差別の心理の中には、上司など含めある特定の男性が、特定の女性に対して意識を向ける姿もある。男性は見たい思いが強いため、その女性にしか目線が集まらず、周りから見られていないと思われている場合もあるであろう。

女性は、人に対する意識が高いため、男性が誰を見てるのかについて、他の女性は見ている知っている姿もよくある話しでもある。

女性の中には、恋愛をするよりも仕事のほうが楽しいと思われる人もいる。この様な女性の多くは、しっかりと地位があり、部下を始め、多くの人から信頼され、女性としての意識されたい思いを、1人の異性から意識されるよりも、より快感が強く、満たされてる思いが強くある。そのため、恋愛をしてるよりも、仕事のほうが楽しいと思われる場合もあるのだ。

現在、衆議院選挙もあり、女性が党首である政党もある。人のための政党と言うよりは、女性として意識をされたい思いの中、そのような思いの中で活動してるように思われる。女性アナには、よく見られる心情の一つだ。

過去に防衛大臣として、女性の大臣がいた。自分のファッションなどに気が奪われ、多くの人達が批判した姿もある。この人の特有な性格では無く、女性としての本能による思いからであろう。

男女平等という考えがあるが、男性と女性というのは、同じ生き物ではない。そのため、男女差別というのは当然現れる。

これらの内容は、人としての平等性ではなく、男性と女性の違いによる差を表した内容だ。

細木数子と呼ばれる占い師がいる。私自身はあまり、好ましいと思われている人物ではないが、細木数子氏は、男性は男性らしく、女性は女性らしくあるのか望ましいと発言されている。女性として料理を磨き、女性らしい振る舞いを心がけるのも大切であるとおっしゃっている。

異性が結ばれる中には、自分自身に足りない要素を求める中で、異性に興味を持ち、相手と結ばれたい思いが芽生えやすくなるという考え方だ。

男女平等というのは、女性が男性化するのではない。男性と女性には、差別的な差があり、手を取り合い、お互い足りない要素を補う組織こそ、健全な組織と呼べるであろう。

そのため、身近な仕事においても、そのような心構えが大切である。

女性が求める、自分自身の価値を高めたい思いは、組織のサービスの品質を向上させる力がある。組織の中には積極的に、女性を企画部などの開発などで採用している場合もある。

女性特有の持ちあせてる才能に目を向け、多くの企業は、その才能を活用していかなければならないはずだ。


(心に悩み事を抱えている方へ)心に悩みを抱えている場合は、一度、霊視相談を受けてみてはいかがであろうか?霊視相談とは、未来を見通す力や、守護霊対話などのコミュニケーションによって、知らない情報などを高級霊などの守護霊や先祖霊などからアドバイスを受け取る相談方法である。

恋愛の悩みはもちろんの事、仕事の悩みや、人生の悩みに対して、力を発揮させてくるであろう。

霊視占いと名乗っている場合もあるが、それは建前上であり、霊視によって相談されている場合がほとんどである。占いの占術の中でも、最も人気の高いのが霊視占い(相談)だ。

そのため、霊視相談は、人気が高いため、ほとんどの占いサイトでは、当たる確率も高く、信頼されている霊視占いを全面的に扱っている。

以下のサイトは、口コミでも評判の高い、上位三サイトである。

以下の先生方は、先生としても口コミで評判が高い先生として紹介させていただいている。ただし、先生方の能力にも多少の差や違いがある。

各サイトの公式サイト内には、個人の先生方の能力や最新情報なども含め、より詳しい情報が紹介されている。そのため、より情報を詳しく知りたい場合、又は、興味のある方は、以下のサイト内で確認していただきたい。

実際に、相談をされる場合は、先生方の霊能力、霊視能力に驚かせられるであろう。悩みを抱えている場合、今の現状に変化を起こしたいなどの思い、相談内容の答えが、自分自身に価値のある内容として心の悩みを解き放ち、幸せの道へとの糧としていただければ幸いである。


◯ヴェルニー


ヴェルニーは、様々な占術のトップクラスの先生に所属してもらっている様なイメージだ。
霊視においても、トップクラスの先生が所属されている。

お勧めの先生は、杜松 (ネズ) 先生 眞文 (マアヤ) 先生  郁恵 (イクエ) 先生が所属だ。

こちらの三人の先生方は、基本的に生年月日を必要としないため、生年月日を尋ねる相談に不信感を抱いている人は、この三人の先生の内の一人に相談をされるのもお勧めである。


>>上記の先生方が所属する
霊視相談への公式サイトへは、こちらから



◯ウィル


ウィルは、霊視における専門性が高く、初めての方でも利用しやすいサイトである。

ウィルは、霊視による専門性が強いため、ヴェルニーの様に多く先生が所属されている訳では無い。そのため、力のある先生も探しやすく、霊視専門のエキスパートが集まる様なサイトになっている。

お勧めの先生は、月村天音先生(ツキムラアマネ)、櫻井撫子先生(サクライナデシコ)、貞心先生(テイシン)である。 霊感の高い人であれば、その霊的な力が伝わって来るであろう。

>>上記の先生方が所属する
霊視相談への公式サイトへは、こちらから


◯ピュアリ

霊視相談サイト ピュアリは、テレビにでも出演される場合もある、美愛(びあん)先生が所属されている。ピュアリにとっては、ピュアリの顔であり、エース級の先生だ。

美愛(びあん)先生は、人気が高く、サイト内で常に鑑定を受けている印象がある。予約などで一杯かもしれないが、予約に不満は無く、一度、テレビでも紹介されている様な先生に相談をしたい場合はお勧めだ。

>>上記の先生方が所属する
霊視相談への公式サイトへは、こちらから



*上記の先生方は、人気の先生であるため、鑑定中もよくある。特に土、日などの休日は、霊視相談を受けたい相談者の方が多く集まり、その日に相談ができない場合もあるかもしれない。スケジュールの確認を行い、平日の時間に相談をされる方が相談をしやすい場合もある。

これらの三つのサイトを拝見すれば、多少は、本物の霊能力者の存在に対しての雰囲気を感じられるのではないであろうか。



以下のランキングサイトも参考になる情報が眠っている、一度、確認して見るのもお勧めだ。


霊視ランキング